【Monitorian】複数モニターの明るさ調整ソフト

2022年4月28日ソフト

Monitorianのアイコン

この記事では、複数モニターの明るさを同時、または個別に調整できるソフト「Monitorian」について書きます。

本来ディスプレイのボタンから操作しないといけない明るさをアプリ内で調整できます。

Monitorianのスクリーンショット

モニターの明るさをバーで調整できるソフトです。複数モニターに対応しており、タスクトレイから瞬時に明るさを変更できます。スライダーになっているので、マウスのドラッグ&ドロップで変更できます。現在の明るさの数値が表示されるので見やすいです。

直感的な操作で、初心者でも利用できます。

オプションで明るさ一斉変更、調整可能な幅の指定、コントラストの変更などができます。

本アプリは、モニター側の設定で、「DDC/CI」機能がオンになっている必要があります。モニターの明るさを内部から変更できるようにするオプションです。大体のディスプレイには、オンオフ設定できる項目が用意されていると思います。

Windows10、Windows11、どちらでも利用できます。Windows11の角丸フローティングにマッチするデザインになっています。日本語に対応しています。

「複数のモニターを接続しているけれど、いちいち1台ごとにボタンをポチポチして明るさ調整するのがめんどくさい!アプリ内からサクッと変更できればいいのになぁ…」という方、ぜひ試してみてください。

提供元:emoacht
記事執筆時のバージョン:3.10.1(2022年4月13日)

インストール方法

Microsoftストアからインストールできます。GitHubからもインストールできますが、個人的には自動更新、インストールが楽なストア版の方がおすすめです。

上記リンクから、ストアを開けます。

Monitorianのインストール Microsoftストア画面

使い方

【事前準備】DDC/CI機能のオン

本アプリを使うには、ディスプレイ側の設定で、「DDC/CI」機能をオンにする必要があります。既にオンになっている方は、スルーでOKです。実際にアプリ側から明るさを調整してみて、変更できなかったらオフになっているということです。

ディスプレイによって設定画面は異なります。僕は、「ASUS フレームレス モニター VZ239HR 23インチ」と「IODATA モバイルモニター 15.6インチ」の2つのモニターを所持しています。この2台の場合、以下のような設定画面になっています。

僕が所持している2台のモニターの「DDC/CI」設定画面

ディスプレイのどこかに押せる物理的なボタンがあるはずです。そちらから設定画面にアクセスして、「メニュー(本体動作)」といった名称の中にある「DDC/CI」をオンにします。

明るさの変更

本アプリを起動します。起動するとタスクトレイにアイコンが表示されます。

タスクトレイにあるMonitorianアイコン画像
タスクトレイに表示されない場合

起動しても矢印の中に収納されていて、タスクトレイの一覧には表示されない場合があります。頻繁に明るさを変更する方は、タスクトレイの外に配置するのがおすすめです。

タスクバーの何もないところを右クリック→タスクバーの設定をクリックします。

タスクバーの何もないところを右クリック→タスクバーの設定

設定画面が起動します。「その他のシステムトレイアイコン」を展開して、その中にある「Monitorian」をオンにします。

個人用設定>タスクバー その他のシステムトレイアイコン

これで、タスクバーのタスクトレイに表示されます。

アイコンをクリックすると、ポップアップで明るさ調整できる画面が表示されます。スライダーをマウスで左右に動かすことで、明るさを変更できます。接続しているモニターごとに個別調整できます。

Monitorianの明るさ調整ポップアップ

実際に変更してみた動画を貼っておきます。シンプルで簡単です。

設定

タスクトレイアイコンの右クリックで設定画面が表示されます。

Monitorianの右クリックメニュー

Windows起動時に起動してほしい場合、「サインイン時に起動する」にチェックします。

大きいスライダー、小さいスライダー

「大きいスライダーを使う」のチェックを外すと、小さいスライダーデザインになります。デフォルトではチェックが入っています。

大きいスライダー、小さいスライダーの比較画像

Windows11のデザインに合うのは、「小さいスライダー」かなと思います。ゲージが丸くて角丸フローティングデザインに合います。

現在の数字を表示する

チェックがおすすめです。チェックを外すと、スライダーの横の数字が表示されなくなります。現在の明るさが数値で確認できなくなるので、不便だと思います。極限までスタイリッシュなデザインにしたい方は、チェックオフでもいいのかなと思います。

「現在の数字を表示する」のオンオフ比較画像

3つのボタン追加

以下の3つにチェックすると、それぞれのボタンが新しくポップアップ内に追加されます。

  • 明るさを一斉に変更可能にする
  • 調整可能な幅を変更可能にする
  • コントラストを変更可能にする

「明るさを一斉に変更可能にする」ボタンをクリックすると、そのモニターのスライダーに枠が表示されます。

同じように一斉変更したいモニターのボタンをクリックします。その状態で、どれかのスライダーを動かすと、同時に他のモニターのスライダーも動いて明るさが変わります。

それぞれの機能を実際に試してみた動画を貼っておきます。動画内では、画面のキャプチャのみ行っているため、コントラストの調整をしても変化がありません。実際の画面上では変化しています。

感想

以上、モニターの明るさをアプリ経由で個別・一括で調整できるソフト「Monitorian」についてでした。

複数モニターを1台のPCに接続している方向けのアプリかなと思います。音量ミキサーのように手軽に明るさを調整できる点が良いですね。

こちらのソフトもおすすめ!

Windows11から、アプリごとの音量ミキサーが操作しづらくなっていませんか?「EarTrumpet」というアプリを使えば、ワンクリックでアプリごとに音量を調整できます。

Windows11のデザインにもあっているので、違和感なく利用できると思います。

EarTrumpet のスクリーンショット

Posted by ナポリタン寿司