【QTTabBar】グループ化の使い方。よく使うフォルダーをまとめてみよう!

2021年11月4日QTTabBar

QTTabBarのイメージ画像

この記事では、エクスプローラーにタブを実装するフリーソフト「QTTabBar」のグループ化について書きます。

複数フォルダーを、まとめて開ける便利な機能です。

QTTabBarのオプション グループ

QTTabBarのグループ化機能は、よく使うフォルダーたちを登録する機能です。

一度登録すれば、ワンクリックで登録した複数フォルダーを開けます。

例えば、A、B、Cの3つのフォルダーを「グループ1」に登録したとします。次回以降、グループ1を開けば、A~Cの3つのフォルダー(タブ)が開いてくれます。

いちいち1つずつ開かなくても、ワンクリックで複数のフォルダー(タブ)を開けます。

「デスクトップ、ドキュメントは毎回セットで開きたいな~」といった時に便利です。仕事用にグループ1、プライベート用にグループ2といったように用途別に使い分ける時にも活用できます。

一度登録したグループは、後からいつでも追加、編集、削除できます。

スタートアップに登録しておけば、エクスプローラーを開く時に、自動的に開いてくれます。

僕は、ブログ執筆の時に、よくアクセスするフォルダー(デスクトップ、キャプチャーした画像の保存フォルダーなど)を1つのグループにまとめて、スタートアップに登録しています。

ブラウザのセッション機能(前回開いていたタブを次回起動時も開く機能)と似ています。エクスプローラー版のセッション機能というイメージでOKです。

前提

この記事では、QTTabBar をインストールしていることが前提です。

Windowsのエクスプローラーにタブ機能を実装するフリーソフトです。ブラウザのタブ感覚で利用できます。

Windowsの方、全員におすすめのソフトです。Windows11でも利用できます。

グループを作成する

まずは、グループを作成します。

作成方法はいくつかありますが、代表的な2つの方法を紹介します。

作成方法こんな時におすすめ
タブ名から作成するサクッと作成したい時
設定から作成するしっかり作成・編集したい時

おすすめは、設定から作成する方法です。

タブ名から作成する

タブバーにあるタブ名をどれでもいいので、右クリックします。

「新規グループ」をクリックします。

タブ名の右クリック 新規グループ

名前を決めて、「OK」をクリックします。

新規グループ名を入力

続いて、タブを登録していきます。

登録したいタブ名を右クリック→グループに追加をクリックします。

先ほど作成したグループを選択します。

グループに登録したいタブ名を右クリック グループに追加
先ほど作成した「テスト」グループに登録する

これで「テスト」グループに「新しいフォルダー」が追加されたことになります。

この調子で、どんどんタブ(フォルダー)を登録していきましょう。

実は、わざわざ新しいグループを作成しなくても、初期でユーザーフォルダー、システムフォルダー、ドライブの3つのグループが用意されています。

不要な場合は、設定から削除できます。

僕は0から構築したかったので、新規に作成しました。

設定から作成する

設定からだと、グループが一覧表示されるので整理しやすいです。

タブバーのあいているところを右クリック→QTTabBarのオプションをクリックします。

タブバーの右クリック QTTabBarのオプション

左側メニューの「グループ」をクリックします。

QTTabBarのオプション グループ 編集

以下のことができます。

  • 新規グループの作成
  • グループの削除
  • グループ内フォルダーの確認、登録、削除
  • スタートアップ登録

ツリー表示なので、視覚的に見やすいです。

スタートアップ登録については、こちらを参考にしてみてください。

グループを呼び出す

タブバーを右クリック→グループ→開きたいグループをクリックします。

タブバーを右クリック グループ

登録していたフォルダーが一気に開きます。10個登録していたら、10個そのまま開きます。

グループに登録したフォルダーが開く

エクスプローラー起動時に自動で開く

作成したグループをスタートアップに登録することで、エクスプローラー起動時に自動で起動します。

毎回開くフォルダーたちは、1つにまとめておいて、スタートアップに登録しとくと便利です。エクスプローラーを開いた時に、勝手に表示されるので、呼び出す手間が省けます。

スタートアップに登録したいグループを選択→スタートアップ切替をクリックします。

グループのスタートアップ切替

グループ名に下線が表示されれば、スタートアップ登録完了です。

スタートアップに登録すると下線が表示される

エクスプローラーを開きます。

勝手に登録していた3つのフォルダーが起動します。

エクスプローラー起動時に自動でグループが開く

解除したい時は、再度スタートアップ切替をクリックしましょう。

デフォルトでは、スタートアップに登録したタブは、斜体(イタリック)表示になっています。

このデザインは、グループのオプションタブ→ スタートアップ グループの表示から変更できます。

スタートアップグループのデザイン

おすすめは、「なし」です。普通のタブと変わらないデザインで表示されます。

ショートカットキーで開く

頻繁にグループを開く場合は、ショートカットキーを登録しておくと便利です。

ショートカットキーを設定したいグループをクリック→選択グループのショートカットキーにチェックを入れて、任意のキーを入力します。

選択グループのショートカットキー

エクスプローラーのどこでもいいので登録したキーを入力すると、登録しているフォルダーが開きます。

僕は、忘れそうだから登録していません。便利なのは間違いないんですけどね。

バックアップ方法

グループ単体のバックアップ(エクスポート)方法はありません。

設定全体をエクスポートすることで、一緒にグループも保存できます。別のパソコンにうつしたい時に活用してみましょう。

QTTabBarのオプション→全般→ファイルにエクスポートするをクリックします。

全般 設定の管理

名前を付けて保存します。

名前を付けてファイルを保存

指定した場所にバックアップファイルが作成されていたらOKです。

別のパソコンに設定データを移行したい場合は、こちらのファイルをUSBなどに入れて移動しましょう。

QTTabBarConfigファイル

「ファイルからインポートする」から読み込みできます。

設定の管理 ファイルからインポートする

感想

以上、QTTabBarのグループ化機能についてでした。

慣れるまでが大変ですが、慣れたらほんと便利です。

Posted by ナポリタン寿司