【QTTabBar】設定ファイルのバックアップ方法。手動でも自動でもできる!

QTTabBar

QTTabBarのイメージ画像

この記事では、QTTabBarの設定ファイルのバックアップ方法について書きます。

手動と自動の2種類あります。

QTTabBarの設定のバックアップボタン

QTTabBarには、標準で設定のエクスポート(バックアップ)、インポート機能が搭載されています。

手動でバックアップする方法、指定した日数おきに自動バックアップさせる方法の2種類あります。

バックアップしたファイルは、「xml」拡張子で保存されます。

設定をバックアップしておくことで、いきなりデータが消えた時でもすぐに復元できます。

他のPCに移行する時にも活用できます。USBなどに入れて持ち運びできます。

初期では、自動バックアップはオフになっているので、設定から有効にする必要があります。バックアップの間隔、どこのフォルダーに保存するかのオプションを設定できます。

前提

本記事では、既にQTTabBarをインストールして、簡単な使い方を知っている前提です。

Windowsのエクスプローラーにタブ機能を実装するフリーソフトです。ブラウザのタブ感覚でエクスプローラーを利用できます。

QTTabBarのスクリーンショット

超作業効率化ソフトです。

Windows10、Windows11どちらでも対応しています。

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

方法

手動・自動のバックアップ方法、インポートする方法の3つを紹介します。

手動でバックアップ

手動でバックアップする方法です。

「今すぐバックアップしたい!」時に便利です。

エクスプローラーを起動して、タブバーを右クリック→QTTabBarのオプションをクリックします。

タブバーの右クリック QTTabBarのオプション

設定画面が開きます。

左側メニューから「全般」をクリックします。

設定の管理の「ファイルにエクスポートする…」をクリックします。

全般 設定の管理

名前を付けて保存ウィンドウが開きます。好きな場所を指定して「保存」をクリックします。

ファイルのエクスポート 名前を付けて保存

ドキュメントフォルダーに「QTTabBar」の専用フォルダーを作成して、その中に入れておくのがおすすめです。

保存したフォルダーを開いてみます。無事に設定ファイルがバックアップされています。

デフォルトでは、「QTTabBarConfig-日付.xml」という名前になっています。日付になっているので、見やすいですね。

「QTTabBarConfig-〇〇.xml」という名前で保存される

1つのファイルに全ての設定項目が保存されています。見た目、イベント、ショートカットキーと個別にバックアップすることはできません。

エクスポートした設定ファイルをインポート(読み込み)する方法を知りたい場合は、こちらへ飛んでください。

自動でバックアップ

自動でバックアップする方法です。

何もしなくてもQTTabBarを起動していれば、勝手にバックアップしてくれます。

デフォルトではオフになっているので、設定からオンにする必要があります。一度オンにすれば、後は放置でOKです。

オプションとして、バックアップ間隔、どこに保存するかを設定できます。

QTTabBarのオプションを開きます。

タブバーの右クリック QTTabBarのオプション

左側メニューの「その他」をクリックします。

「定期的に設定をエクスポートする…」にチェックを入れます。

その他 定期的に設定をエクスポートする

どのくらいの間隔で自動バックアップするか決めます。

数字(日数)を入力して、出力先フォルダーを選択します。デフォルトでは「7(日)」になっています。

バックアップ間隔と出力先を設定する

設定できたら、適用→OKをクリックします。

あんまり設定を弄らない人は、もっと長い日数でいい気がします。頻繁に設定を弄る方は、3日とかがいいかなと思います。

僕は、デフォルトの7日にしています。

指定した日数が経過すると、設定したフォルダーの中に、日付の名前でxmlファイルが自動的に保存されます。

指定した日数が経過すると、自動的にファイルがバックアップされる

インポート(設定の読み込み)

QTTabBarのオプションを開きます。

タブバーの右クリック QTTabBarのオプション

左側メニューの「全般」をクリックします。

「ファイルからインポートする」をクリックします。

全般 ファイルからインポートする

バックアップしたxmlファイルを選択します。

バックアップしたxmlファイルを選択する

読み込むと、QTTabBarのオプションが閉じます。

「読み込みが完了しました」などのメッセージは表示されません。自動的に設定が読み込まれます。

感想

以上、QTTabBarの設定ファイルをバックアップする方法についてでした。

何があってもいいように、自動バックアップをオンにするのがおすすめです。

Posted by ナポリタン寿司