【QTTabBar】Windows11にしてからタブバーが壊れた時の対処法

QTTabBar,Windows11

QTTabBarのイメージ画像

この記事では、Windows11にしてから、標準実装されたエクスプローラーのタブ機能のせいで、外部ソフト「QTTabBar」のタブバーが壊れて、正常に表示されない時の対処法について書きます。

Windows11のQTTabBarの表示がおかしい画像

僕は、Windows11の先行版を利用しています。現在のバージョンは、「22H2」です。ちょっと前、エクスプローラーに、標準のタブ機能が実装されました。

それからというもの、「QTTabBar」との相性が悪いのか、結構な確率でタブバーが壊れるようになりました。

具体的には、「QTTabBar」のタブバーがあった場所に、ファイル、編集、表示、ツールの項目が表示されて、タブが表示されなくなりました。右端にかろうじて、タブのアイコンが見えます。実質、使い物になりません。

QTTabBarのタブバーが端っこにあって押せなくなっている画像

タブ機能が実装された当初は、隠し機能だったため、「ViVeTool」を使って無効化できました。ここ最近は、無効化するコマンドを実行しても無効化できなくなりました。

現状、QTTabBarのほうが機能が豊富なので、Windows11のタブ機能に移行する予定はありません。

頻繁に壊れるQTTabBarに頭を悩ませていました。現象が発生した時は、エクスプローラーを再起動すると治ります。しかし、PCを再起動して、エクスプローラーを起動すると、再び壊れています。

何か方法がないかなぁと探していたところ、いい感じの対処法を発見できたので共有します。同じように、「QTTabBarのタブバーが、Windows11の標準タブのせいで、壊れてしまった!」という方、参考にしてみてください。

動画版も作成しました。

QTTabBarについては、下記記事を参考にしてみてください。

QTTabBarのタブバーが壊れるのを防ぐ方法

QTTabBarのタブバーがあった場所を右クリック→「ツールバーを固定する」のチェックを外します。ここにチェックが入っていると、タブバーが壊れます。

QTTabBarのタブバーを元通り表示させる手順画像1

チェックを外すと、タブバーを移動できるようになります。端っこの境界線をマウスで掴んで、左に持っていきます。

QTTabBarのタブバーを元通り表示させる手順画像2

一番左に持っていくことで、正常にタブバーが表示されます。

QTTabBarのタブバーを元通り表示させる手順画像3

ヘッダー項目には、これまで通りアクセスできます。無効化はできませんでした。たまに消えることもありますが、気づけば蘇っています。よく分かりません。僕は使っていないので、確実に削除したいところです…。

QTTabBarのタブバーを元通り表示させる手順画像4

ヘッダー項目とタブバーを入れ替えることも可能です。マウスで掴んで、左右ではなく、上下に動かします。

QTTabBarのタブバーを元通り表示させる手順画像5

配置が終わったら、「ファイル」、「編集」などがあるバーを右クリック→「ツールバーを固定する」にチェックしていいかもしれません。

僕は、チェックしていません。いつこの不具合が発生しても、すぐに移動できるようにするためです。チェックを外していたら、常に境界線が表示されるのが鬱陶しいですけどね。

感想

以上、Windows11の標準タブバーのせいで、サードパーティー製の「QTTabBar」の表示がおかしい時の対処法でした。

Windows11標準のタブを無効化したいです。かなりスペース取っているこいつ…。邪魔です。

余談ですが、考えたら、別ソフト「Explorer Patcher for Windows 11」あたりも悪さをしている気がしてきました。

そこまで検証していないので不明ですが、このソフトも、エクスプローラーのアドレスバー周りに手を加えるソフトなので、何かしら影響していてもおかしくないかなと思います。

Posted by ナポリタン寿司