当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

動画編集、録画、ダウンロードできるソフトHD Video Converter Factory Pro

2021年7月17日ソフトレビュー

「HD Video Converter Factory Pro」のアイコン

この記事では、動画編集、拡張子変換、ネット上の動画ダウンロード、画面録画、GIF作成などができる多機能シェアウェアソフト「HD Video Converter Factory Pro(エイチディー・ビデオ・コンバーター・ファクトリー・プロ)」について書きます。

 「HD Video Converter Factory Pro」のスクリーンショット

色々なツールが搭載されたシェアウェアソフトです。大きくまとめると、以下の5つのことができます。

  • 動画の拡張子変換
  • 動画編集
  • YouTubeやニコニコなどの動画ダウンロード
  • 画面録画
  • GIF製作

動画や音声ファイルの拡張子を別の拡張子に変換できます。対応拡張子・デバイスは、500種類以上です。ほぼ全ての動画ファイルを網羅しています。

例えば、「AVI」から「MP4」にできます。拡張子の変換だけでなく、解像度の変換、それぞれのデバイス(Android、iPhone)に合ったサイズへの変換も可能です。

動画編集では、トリミング、フィルター、字幕、切り取り、マージ(結合)、回転、ウォータマーク、スクリーン分割の機能を利用できます。簡単な動画編集ができるといった印象です。

動画ダウンロードは、URLを入力することで、インターネット上の動画をダウンロードできます。YouTube、ニコニコ動画、TVer、Twitter、Dailymotionなど、300以上の動画共有サイトに対応しています。

画面録画では、ウィンドウ単位、全画面での録画ができます。マイク、システム音のオンオフも可能です。

本ソフトは無料版、有料版があります。有料版の料金については、こちらのサイトを参考にしてみてください。Windows7~11に対応していて、日本語です。「HD Video Converter Factory Pro」の読み方は、「エイチディー・ビデオ・コンバーター・ファクトリー・プロ」です。

本記事は、依頼されたものです。報酬、あるいはソフトのライセンスをいただいています。当サイトの「ソフトレビュー」カテゴリーにある記事は、全て依頼された案件記事です。

他社製品の宣伝

動画の拡張子を変えるソフトだと、VideoSolo社の「VideoSolo 究極動画変換」というソフトもあります。

動画の拡張子を、劣化無しでMP4、AVI、MOV、MP3などの拡張子に変換できます。対応拡張子は100以上です。(こちらを参考)複数動画を一括で処理できます。4つの動画ファイルを登録して、1つはMOV、残り3つはAVIといったように個別調整も可能です。

動画の編集機能も搭載されています。回転、反転、トリミング(分割)、クロップ、ファイル結合、コントラスト・輝度などのフィルター調整、ウォーターマーク(透かし)の追加…といったことができます。

リリース元:WonderFoxTwitterYouTube
記事執筆時のバージョン:26.8(2024年01月15日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

無料版と有料版に分かれています。まずは、無料版から利用するといいかなと思います。僕はレビュー依頼で、製品版を提供していただきました。

 「HD Video Converter Factory Pro」の公式サイト画像

ダウンロードしたセットアップファイルを、ダブルクリックで起動します。

「次へ」をクリックします。

「HD Video Converter Factory Pro」をインストールする手順画像1

ライセンス契約書の内容を確認して、「同意する」をクリックします。

「HD Video Converter Factory Pro」をインストールする手順画像2

インストール場所を指定して、「インストール」をクリックします。こだわりがない場合は、特に変更しなくてOKです。デフォルトでは、「C:\Program Files (x86)\WonderFox Soft\HD Video Converter Factory Pro」になっています。

「HD Video Converter Factory Pro」をインストールする手順画像3

インストールが終わったら、「完了」をクリックします。

「HD Video Converter Factory Pro」をインストールする手順画像4

使い方

ソフトを起動すると、メイン画面が表示されます。各種ボタンから「動画変換」、「動画編集」、「ダウンロード」、「画面録画」などの機能にアクセスできます。

 「HD Video Converter Factory Pro」のメイン画面

変換

ドラッグ&ドロップで動画を追加します。複数一気に追加可能です。

 「HD Video Converter Factory Pro」にメディアファイルをドラッグ&ドロップしているGIF画像

画面右側の「MP4」をクリックします。拡張子変更だけでなく、簡単な動画編集もできます。項目が多いので、詳しくは、こちらを参考にしてみてください。

動画の拡張子を変換する手順画像1

拡張子選択画面が表示されます。変換後の拡張子を選択します。

動画の拡張子を変換する手順画像2

「音楽」をクリックすると、音楽専用の拡張子ページに切り替えます。動画から音声だけを抽出したい時に便利です。「iPhone」や「Galaxy」など、端末ごとの最適な解像度も用意されています。

動画の拡張子を変換する手順画像3
より詳細な設定変更

「パラメータ設定」を押すと、より詳細な出力設定ができます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でより詳細に動画パラメータを変更する手順画像1

詳細すぎて、初心者にはちょっと難しかったです。基本的には、全部自動設定で「mp4、1980×1080」でいいと思います。

 「HD Video Converter Factory Pro」でより詳細に動画パラメータを変更する手順画像2

選択できたら、ページ下部の「出力フォルダ」で保存先を指定します。右下の変換をクリックすると、変換が開始されます。

動画の拡張子を変換する手順画像4

動画の長さによりますが、僕の場合、数秒で終わりました。指定した出力フォルダーに、変換後のメディアファイルがあります。「MP4」の動画を「MP3」に変換してみました。

 「HD Video Converter Factory Pro」を使って、MP4動画から音声(MP3)を抽出した画像
変換完了後のサウンドが不要な場合

デフォルトでは、動画変換後にサウンドが鳴ります。不要な場合は、設定にある「変換が完了したらヒント音を再生します」のチェックを外します。

動画変換後のサウンドを無効化する手順画像

ダウンロード

インターネット上にある動画を、パソコンにダウンロードできます。著作権には注意してください。

YouTube、Facebook、Twitter、niconico、FC2、Vimeo、Dailymotionなど、300以上のサイトに対応しています。「Amazonプライムビデオ」、「U-NEXT」などのサービスには非対応です。

「+新しいダウンロード」をクリックします。

「HD Video Converter Factory Pro」で動画をダウンロードする手順画像1

URLを入力する画面が表示されます。ダウンロードしたい動画のURLを貼り付けて、分析をクリックします。クリップボードにURLがある場合は、貼り付けと分析をクリックすると、自動で貼り付けてくれます。

 「HD Video Converter Factory Pro」で動画をダウンロードする手順画像2

分析が開始されます。10分の動画だと、5秒程度で完了しました。

ポップアップが表示されるので、保存したい動画形式を選択します。「YouTube」の場合、MP4、WEBM、M4Aなどの拡張子でダウンロードできます。動画サイトによって、変換できる拡張子は異なります。OKをクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」で動画をダウンロードする手順画像3

キュー(動画ダウンロードの画面)に追加されるので、「ダウンロードを開始」クリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」で動画をダウンロードする手順画像4

ダウンロードが完了したらポップアップが表示されるので、右上の「×」をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」で動画をダウンロードする手順画像5

指定したフォルダー内に動画が保存されます。

YouTube動画をダウンロードした画像

録画

PCの画面を録画できます。

 「HD Video Converter Factory Pro」で画面を録画する手順画像1

録画領域を選びます。ブラウザだけ、Excelだけ…といったように開いているアプリだけを録画したい場合、ウィンドウモードにします。

ウィンドウ単位・範囲選択
全画面
ゲーム録画(FPS60)
音声だけ録音
録画開始

ウィンドウモードをクリックすると、オレンジ色の枠が表示されるので、録画したいウィンドウをクリックするか、マウスのドラッグ&ドロップで範囲選択します。選択したら、OKをクリックします。

「出力フォルダ」で、保存場所を選択します。「REC」で録画を開始します。5秒のカウントダウンがあって、そのあとから録画されます。

 「HD Video Converter Factory Pro」で画面を録画する手順画像2

停止したい場合は、Ctrl+F1をおすか、画面上部にマウスをもっていって、ポップアップバー内の停止ボタンを押します。タスクトレイアイコンをクリックすることでも停止できます。

 「HD Video Converter Factory Pro」で画面を録画する手順画像3

指定した保存先に、動画が保存されます。実際に撮影した動画を貼っておきます。

GIF作成

動画や画像から「GIF」を作成できます。「GIF(ギフ)」は、動く画像アニメーションのことです。

画像か動画から作成する2つの方法があります。今回は動画から作成してみました。「+動画を追加」から動画を選ぶか、動画をそのままドラッグ&ドロップで取り込めます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でGIF画像を作成する手順画像1

解像度、フレームレートを選択して、GIFを作成をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」でGIF画像を作成する手順画像2

動画からGIFを作成する時、重要なのはフレームレートです。僕も詳しくは理解できていないんですが、ここでいうフレームレートは「1秒の中から、何コマ写真を取り出すか」という設定です。

試しに、1秒ごとに1枚の写真をキャプチャするように設定しました。6秒の動画だと、6コマだけ取り出すということです。かなり早く、カクカクのGIFになります。

60にしたら、滑らかなGIFになりますが、その分時間も長くなります。GIFは、なんとなく状況が理解できる程度で十分だと思うので、カクカクはするけど10くらいがおすすめかなと思いました。

ツールボックス

 「HD Video Converter Factory Pro」のツールボックス画像

4つのおまけ機能を利用できます。

ツール説明
写真を動画に複数の写真を動画にできる。スライドショー
スクリーン分割ツール複数動画を1つの画面の動画に結合
ベルツールスマホの着信音を作成
字幕エクスポート動画の字幕をエクスポートできる

「写真を動画に」と「スクリーン分割ツール」を試してみたので書いておきます。

写真を動画に

画像をスライドショー動画にできます。

音楽の挿入や、フィードイン・アウトなどのアニメーションは指定できませんでした。スライドショーのように、画像が横に切り替わるだけです。

「写真を動画に」ツールのスクリーンショット

スクリーン分割ツール

2つ以上の動画を1つの動画に結合できる機能です。

同時に並べて表示できます。テンプレートを選択して「動画追加」から動画を選びます。動画を追加すると、右側にプレビューが表示されます。

「スクリーン分割」ツールのスクリーンショット

動画編集

切り取り、回転、トリミングなど、簡単な動画編集ができます。拡張子変換ページを開いて動画を追加します。動画下に各ボタンがあるので使いたい機能をクリックします。

切り取り

動画をトリミング(切り取り)できます。

開始地点と終了地点を指定することで、それ以外の部分を削除できます。Windowsビデオエディターでは、「分割して、いらない部分を削除する」ですが、本ソフトは「いる部分を選択する」という感じです。

マウスで開始地点と終了地点を決めて、その間の範囲が切り取られます。

 「HD Video Converter Factory Pro」の切り取り画像

エフェクト

動画全体にフィルターをかけます。モノクロ、油絵風、鉛筆、シャープなどがあります。

 「HD Video Converter Factory Pro」のエフェクト画像

クロップ

動画をクロップ(比率の変更)できます。例えば、ブラウザを画面録画して、タブの部分を削除するといったことができます

 「HD Video Converter Factory Pro」のクロップ画像

マージ

複数の動画を1つに結合できます。結合したい複数動画を、ドラッグ&ドロップで追加します。画面上部の「マージ」をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」のマージ(結合)画像1

動画を複数選択します。(CtrlShiftを活用)

選択できたら、「マージ」をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」のマージ(結合)画像2

新たな動画の名前が表示されるので、「マージ」をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」のマージ(結合)画像3

2つの動画が1つに結合されます。

 「HD Video Converter Factory Pro」のマージ(結合)画像4

ウォーターマーク

動画内に、企業名やロゴなどの著作権表記を挿入できます。

テキストと画像(初期でプリセットあり)から選択できます。テキストなら左側の入力欄に入力して、「+」をクリックします。上部のプレビュー内に反映されます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でウォーターマークを挿入する手順画像1

入力欄横の歯車アイコン(⚙)から、フォントを設定できます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でウォーターマークを挿入する手順画像2

テキストではなく、画像を挿入することもできます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でウォーターマークを挿入する手順画像3

「プリセットを選択します」をクリックしたら、用意されている素材が表示されます。パッと計算したら、140以上はありました。

 「HD Video Converter Factory Pro」でウォーターマークを挿入する手順画像4

フォルダーマークをクリックすると、自分で用意した画像を挿入できます。

 「HD Video Converter Factory Pro」でウォーターマークを挿入する手順画像5

僕のロゴを挿入してみました。マウスで位置の調整、拡大縮小できます。縦横比は固定じゃないので、崩れに注意です。

挿入したウォーターマーク(当サイトのロゴ)を拡大縮小しているGIF画像

「透明度」で、画像の透かし具合を調整できます。

挿入したウォーターマーク(当サイトのロゴ)の透明度を調整しているGIF画像

字幕

「ASS」や「SRT」と呼ばれる字幕拡張子を取り込むことで、動画に字幕をつけられます。

字幕ファイルを作成します。メモ帳から作成できます。以下のような形式で字幕を書いていきます。

字幕ファイル(srt)をメモ帳で作成する手順画像1
1
00:00:00,000 --> 00:00:03,000
こんな感じで字幕を付けられます。

2
00:00:03,000 --> 00:00:05,000
次はこんな感じです。

最初に数字の連番、次に「開始時間 –> 終了時間」、最後に挿入したいテキストを書き込みます。半角空白が潜んでいるので、注意してください。

1つしか字幕はいらないという場合でも、1つ目の字幕を書いた後に改行を入れます。そしたらいけるはずです。

作成できたら、「名前を付けて保存」で、末尾の拡張子を「.srt」か「.ass」にします。文字コードが「UTF-8」になっているのを確認して、「保存」をクリックします。

字幕ファイル(srt)をメモ帳で作成する手順画像2

字幕ファイルが完成したら、読み込ませます。動画を追加して、動画下の「+」をクリックします。

 「HD Video Converter Factory Pro」で字幕を挿入する手順画像1

字幕ファイルを選択して、「開く」をクリックします。登録されます。

 「HD Video Converter Factory Pro」で字幕を挿入する手順画像2

動画を保存します。完成した動画を確認してみると、指定した字幕がついています。

 「HD Video Converter Factory Pro」で字幕を挿入する手順画像3

設定

メイン画面の右上にある歯車アイコンをクリックすると、設定画面が開きます。デフォルトの保存先フォルダーなどを設定できます。

 「HD Video Converter Factory Pro」の設定画面

感想

以上、動画ダウンロードや画面録画、簡単な編集ができる多機能シェアウェアソフト「HD Video Converter Factory Pro(エイチディー・ビデオ・コンバーター・ファクトリー・プロ)」についてでした。

多機能ですが、画面自体は見やすいUIです。

2021年7月17日ソフトレビュー