一定時間操作しなかったら、Twitter画面を非表示にする拡張機能

Twitter関連

No Image

この記事では、Twitter上で一定時間マウスホイールしなかったら、画面を非表示にするTwitter専用スクリーンセーバーChrome拡張機能「TwitterScreensaver」について書きます。

TwitterScreensaverのスクリーンショット

Twitter専用のスクリーンセーバー拡張機能です。

本拡張機能を導入して、任意の時間を設定します。設定した時間、マウスホイールを操作しなかったら、Twitter画面が徐々に真っ白になります。テーマに応じた色に変化するので、黒を使っている場合は、黒になります。

これにより、タイムラインが見られる心配がありません。ホームだけでなく、通知、話題を検索、プロフィールなど、「https://twitter.com/」で始まるページなら、全て対象です。

「席を外す時に、Twitterのタイムラインが他の人に見られるのが嫌だ!」という方におすすめです。真っ白にする時間は、自分で調整できます。デフォルトでは、300秒(5分)に設定されています。

マウスホイールを回転すると、元通り表示されます。なので、本当に見せたくない時は、WindowsLでロック画面にしておくのが一番です。

動画も貼っておきます。

提供元:yuki0311.com
記事執筆時のバージョン:1.0.1(2022年7月16日)

インストール方法

本拡張機能は、Chromeウェブストアにはありません。GitHubからダウンロードして、手動でブラウザに読み込ませる必要があります。

以下のサイトにアクセスします。

最新バージョンの「TwitterScreensaver.zip」をクリックします。

TwitterScreensaverのダウンロードサイト

ダウンロードした圧縮ファイルを、好きな場所に配置します。一度ブラウザに読み込ませても、場所を移動・あるいは削除してしまうと正常に動作しなくなるので、しっかり保管できる場所にしましょう。

TwitterScreensaverを好きな場所に配置した画像

追加したいブラウザ(ChromeやEdgeなど)を開いて、アドレスバーに以下のURLを貼り付けます。

chrome://extensions/

インストールしている拡張機能が一覧表示されるので、右上の「デベロッパーモード」をオンにします。

「chrome://extensions/」にアクセスして、デベロッパーモードをオンにした画像

この状態で、先ほどダウンロードした圧縮ファイル(TwitterScreensaver)を拡張機能ページ内にドラッグ&ドロップします。場所はどこでもOKです。

拡張機能をドラッグ&ドロップして追加した画像

拡張機能が追加されます。

TwitterScreensaverを追加したVivaldiブラウザの画像

使い方

インストールした拡張機能アイコンをクリックします。画像は用意されていないので、デフォルトのパズルアイコンになっているはずです。

スクリーンセーバーが始まるまでの秒数を指定します。デフォルトでは300秒(5分)になっています。秒数で指定します。

TwitterScreensaverの設定画面

Twitterページにアクセスします。ホーム、話題を検索、通知、プロフィールなどどのページでも動作します。指定した時間、操作しなかったら、画面からコンテンツが徐々に消えます。最終的にサイドバー以外、全て消えます。

Twitterのページが、徐々に非表示になっているGIF画像

マウスを動かすだけでは、反応しません。マウスクリック、あるいはマウスホイール回転することで、元通り表示されます。

ナポリタン寿司のTwitterプロフィールページ

一時的に無効にする方法

拡張機能を右クリック→「拡張機能を管理」をクリックします。

TwitterScreensaverをオフにします。ページをリロード(F5)すると、一時的に機能が無効になります。

TwitterScreensaverを無効化した画像

使わなくなったら無効ではなく、削除しましょう。

感想

以上、Twitter上で一定時間操作しなかったら、コンテンツを非表示にするChrome拡張機能「TwitterScreensaver」についてでした。

全然関係ないこというと、最近きゅうりの浅漬けにはまっています。野菜を洗って、浅漬けの素に浸すだけなので料理ぺーぺーの僕でも簡単です。ぽりぽり冷たくて美味しいです。輪切り唐辛子とかあると、もっと美味しいかも…。

Posted by ナポリタン寿司