【Twitter】表示回数を非表示にしたり、入れ替えたりする方法

2022年12月23日Twitter関連

「Twitter UI Customizer」のアイコン

この記事では、Twitter上(PC)のツイート下にある各種ボタンを並び替えたり、非表示にする方法を紹介します。

【Twitter】表示回数を非表示にしたり、入れ替えたりする方法

Firefoxアドオン・Chrome拡張機能「Twitter UI Customizer(ツイッター・ユーアイ・カスタマイザー)」を利用することで、見た目上、ツイート下の各種ボタンを非表示にしたり、並び替えたりできます。

2022年12月頃から、Twitterのツイート下に、表示回数という項目が表示されるようになりました。自身だけでなく、他人の表示回数も見れます。以前の他人のツイートでは、リプライ(返信数)が一番左にありました。今度は、表示回数が一番左なので、少し紛らわしいかもしれません。

2022年12月頃から実装されたツイート下にある表示回数の画像

そこで、「Twitter UI Customizer」を利用します。以前のように、一番左にリプライボタンを配置できます。表示回数を一番右にしたり、そもそも非表示にすることも可能です。

新しく、「ブックマークに追加」や、「ツイートのリンクをコピー」ボタンの追加もできます。

「Twitter UI Customizer」導入後のツイート下画像

同じく12月に廃止された「Twitter for iPhone」や「Twitter for Android」といった「クライアント情報」も復活できます。(今後廃止する可能性あり)

本拡張機能は、あくまで自身の見た目上、変えるだけです。自身の表示回数を、他人に見えなくするものではないので注意です。

Firefoxアドオンだけで、Chrome拡張機能はありません。ただし、GitHubにあるファイルを手動でダウンロードすることで、Chromeにも導入できます。

元々、Twitterの色々な部分の色をカスタマイズできるのが売りの拡張機能です。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

提供元:kaonasi_biwa(Twitterはこちら

インストール方法

Firefoxの場合

Firefoxの場合は、以下のリンクから入手できます。

Firefoxへ追加をクリックします。

「Twitter UI Customizer」のインストール手順画像1

追加→OKをクリックします。

「Twitter UI Customizer」のインストール手順画像2

ボタンはそんなに利用しないので、右クリック→オーバーフローメニューにピン留めで非表示にしておくと、スッキリしていいかもしれません。

Chromeの場合

Chromeをご利用の方は、ちょっとだけ手間が発生します。

下記サイトにアクセスします。

GitHubページにアクセスできたら、最新バージョンの「Assets」を展開して、「Twitter_UI_Customizer〇〇_Chrome.zip」をクリックします。

「Twitter UI Customizer」をChrome(Chromium)ブラウザに導入する手順画像1

上記画像は、2.5.2になっていますが、記事執筆時の最新バージョンだったためです。ご自身が見た時の最新バージョンを選んでください。「Firefox.xpi」ではないので注意です。

ダウンロードできたら、圧縮ファイルを解凍します。

「Twitter UI Customizer」をChrome(Chromium)ブラウザに導入する手順画像2

圧縮ファイルのままでも追加できるのですが、僕の環境だと、ブラウザを再起動するたびに消えてしまいました。解凍して追加すると、うまく維持してくれました。

ダウンロードできたら、Chromeのアドレスバーに以下のパスを貼りつけます。

chrome://extensions/

Chrome拡張機能の管理ページが開くので、右上の「デベロッパーモード」をオンにします。

「Twitter UI Customizer」をChrome(Chromium)ブラウザに導入する手順画像3

オンにした状態で、先ほどダウンロードして解凍した「Twitter UI Customizer」フォルダーを、拡張機能の管理ページに、ドラッグ&ドロップします。

これで追加されます。

「Twitter UI Customizer」をChrome(Chromium)ブラウザに導入する手順画像4
手動アップデートする必要がある

Chromeウェブストアにない拡張機能なので、Firefox版と違い、手動アップデートが必要です。

アップデートがある場合に、通知が表示されると思うので、そのたびにGitHubにアクセスして、ダウンロードしましょう。

「Twitter UI Customizer」の設定画面

デフォルトだと、アップデートがある場合に通知してくれます。不要な場合は、「Twitter UI Customizer」拡張機能アイコンを右クリック→「オプション」から設定できます。

ツイート下にあるボタンの順番を変える手順

インストールした「Twitter UI Customizer」アイコンをクリック→「Twitter UI Customizerの設定」をクリックします。新しいページで設定画面が表示されます。

「Twitter UI Customizer」のポップアップメニュー画像

あるいは、自分でアクセスすることも可能です。「Twitter」にアクセスします。左側サイドバーの「もっと見る」→「設定とプライバシー」をクリックします。

「Twitter UI Customizer」の設定ページを開く手順画像1

「アクセシビリティ、表示、言語」をクリック→「表示」をクリックします。

「Twitter UI Customizer」の設定ページを開く手順画像2
ポイント

サイドバーの「もっと見る」→設定とサポート→「表示」からでもアクセスできます。以前はできませんでしたが、バージョン2.5.7(2022年12月24日公開)以降、できるようになりました。

Twitterの「もっと見る」→表示ページ画像

本アドオンをインストールした状態だと、背景画像の下に、新しく「Twitter UI Customizer」の設定項目が表示されます。日本語なので、理解しやすいと思います。

「ツイート下ボタンの並び替え」で、各種ボタンの表示・非表示を切り替えられます。不要なボタンは、マウスでクリック→「非表示にする」をクリックします。右側の非表示欄に追加されます。左側の表示にある項目が表示されます。

「Twitter UI Customizer」のツイート下ボタンの並び替え画像

「ツイートアナリティクスを表示」が、2022年12月から実装された表示回数です。右側の「非表示」に移動することで、削除できます。「消したくはない!だけど、一番左はリプライがいい!」という場合は、「下へ」ボタンを押して、好きな場所に移動します。

「Twitter UI Customizer」で各種メニューを並び替えているGIF画像

タイムラインに戻ると、設定が反映されます。無事に、2022年12月以前の左からリプライ、リツイート、いいねの順番にできました。

ツイート下にある「表示回数」を非表示にした画像

順番を変えた画像も貼っておきます。一番左にリプライが来るので、見間違える心配がありません。

ツイート下にある「表示回数」を右側に配置した画像

元に戻したい場合は、同じように設定します。「Twitter UI Customizer」を無効化しちゃうと、反映されなくなるので注意です。

「ツイート下ボタンにスクロールバーを表示」にチェックすると、特定のウィンドウサイズ以下になった時、自動的にスクロールバーが出現します。通常サイズの時は表示されません。

サイドバー(ウェブパネル)などで役立ちます。本拡張機能は、ウェブパネル内でも動作します。

「ツイート下ボタンにスクロールバーを表示」にチェックした状態の画像

感想

以上、Twitterのツイート下にある各種ボタンを非表示・並び替える方法でした。

本アドオン・拡張機能の開発者「kaonasi_biwa」様は、僕の無知な質問にも、丁寧に答えてくださり、感謝しかありません。

2022年12月23日Twitter関連