当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【Twitter UI Customizer】設定画面のアクセス方法

2023年1月31日Twitter関連

「Twitter UI Customizer」のアイコン

この記事では、PCウェブサイト版「Twitter」をカスタマイズできるFirefoxアドオン・Chrome拡張機能「Twitter UI Customizer(ツイッター・ユーアイ・カスタマイザー)」の設定画面を開く方法を書きます。

様々なアクセス方法が用意されています。

【Twitter UI Customizer】設定画面のアクセス方法

2023年1月時点では、以下の方法が用意されています。沢山の方法が用意されているので、忘れないように記事にしたいと思います。

  • 拡張機能のポップアップからアクセス
  • 「X(旧Twitter)」のURLを直接入力
  • 「X(旧Twitter)」のもっと見る→「表示」からアクセス
  • 「X(旧Twitter)」のもっと見る→「設定とプライバシー」からアクセス

「Twitter UI Customizer」については、下記記事を参考にしてみてください。

「X(旧Twitter)」の様々な場所の色を変更したり、左側・右側サイドバー項目を好きなように並び替え・非表示にしたり、ツイート下の表示回数(アナリティクス)やいいねボタンを並び替え・非表示にできるChrome拡張機能・Firefoxアドオンです。

リリース元:kaonasi_biwa拡張機能の公式TwitterTwitter公式サイト

TUC設定画面の開き方

拡張機能のポップアップからアクセス

インストールした「Twitter UI Customizer」アイコンをクリック→「Twitter UI Customizerの設定」をクリックします。新しいページで、設定画面が表示されます。

「Twitter UI Customizer」のポップアップ画像

「X(旧Twitter)」のURLを直接入力

下記URLを、直接アドレスバーに貼り付けます。ログインしている場合、「X(旧Twitter)」の「/settings/display」ページが開きます。

https://twitter.com/settings/display

「X(旧Twitter)」の既存設定の下に、新しく「Twitter UI Customizer」専用の設定項目が表示されます。それぞれの設定項目は収納状態になっているので、設定したい場合は、項目名をクリックします。詳細メニューが展開されます。

「Twitter UI Customizer」の設定画像

「X(旧Twitter)」のもっと見る→表示からアクセス

Twitter」にログインして、左側サイドバーの「もっと見る」→「設定とサポート」→「表示」をクリックします。

「もっと見る」→「表示」からTwitter UI Customizerの設定にアクセスする手順画像1

ポップアップ内の下部に、「Twitter UI Customizer」専用の設定項目があります。

「もっと見る」→「表示」からTwitter UI Customizerの設定にアクセスする手順画像2

僕は、頻繁に「Twitter UI Customizer」の設定画面にアクセスするので、こちらで紹介する方法で「表示」を左側サイドバーに配置しています。

「X(旧Twitter)」のもっと見る→設定とプライバシーからアクセス

こちらの方法が、恐らく最も手間です。「Twitter」にログインして、左側サイドバーの「もっと見る」→「設定とサポート」→「設定とプライバシー」をクリックします。

「もっと見る」→「設定とプライバシー」からTwitter UI Customizerの設定にアクセスする手順画像1

「アクセシビリティ、表示、言語」をクリック→「表示」をクリックします。「/settings/display」ページが開き、設定項目が表示されます。

「もっと見る」→「設定とプライバシー」からTwitter UI Customizerの設定にアクセスする手順画像2

左側サイドバーに「表示」項目を配置する方法

頻繁に「Twitter UI Customizer」の設定画面にアクセスする場合、左側サイドバーにショートカットを登録すると便利かもしれません。

https://twitter.com/settings/display」を、ブラウザのブックマークに登録するといった方法もあるので、必ずしもおすすめってわけではありません。人の好みです。

「Twitter UI Customizer」の設定画面(https://twitter.com/settings/display)を開いて、「左サイドバーの設定」をクリックします。

「Twitter UI Customizer」拡張機能で左側サイドバーに「表示」ボタンを設置する手順画像1

左側サイドバーに表示する項目を調整できます。この中にある「表示」を、表示欄(左側)に移動します。

「Twitter UI Customizer」拡張機能で左側サイドバーに「表示」ボタンを設置する手順画像2

「表示」にアクセスできるボタンが、左側サイドバーに設置されます。

「Twitter UI Customizer」拡張機能で左側サイドバーに「表示」ボタンを設置する手順画像3

次回以降、「もっと見る」を押さなくても、「表示」を押すだけで、ポップアップの設定画面を開けます。

「Twitter UI Customizer」拡張機能で左側サイドバーに「表示」ボタンを設置する手順画像4

感想

以上、「X(旧Twitter)」の表示回数を消したり、ボタン色を変更できるカスタマイズ性に優れたChrome拡張機能・Firefoxアドオン「Twitter UI Customizer(ツイッター・ユーアイ・カスタマイザー)」の設定ページ(/settings/display)にアクセスする方法でした。

好きな方法を使ってみましょう。個人的には、もっと見る→「表示」からのアクセスを頻繁に利用しています。

2023年1月31日Twitter関連