【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Typaste】コピペが使えない場所でも強制コピペができるソフトの導入方法・使い方

2021年6月18日フリーソフト

Typaste のアイコン

この記事では、コピーペーストができない入力フォームに強制でコピーペーストができるようにするフリーソフト「Typaste」について書きます。

インストール不要で使えるので気軽に利用できます。

Typaste - メイン画面

よく、メールアドレスを確認用で2回打つサイトがありますが、2回目の入力フォームにコピペができないようになっているサイトがあります。もう一度打たせて間違いがないかの確認だと思うのですが、めんどくさい時もあります。

そんな時にこのフリーソフトを使うことで、あたかも手動で入力してるかのようにコピペができます。使い方も非常に簡単なので、ぜひ試してみてください。

提供元:片山博文MZ
最終アップデート:0.5.2(2019年8月14日)

ダウンロード方法

フリーソフト100さんのサイトか、公式サイトからダウンロードできます。ここでは、フリーソフト100さんのサイトからダウンロードします。

緑色のボタンのダウンロードをクリックします。

フリーソフト100さんのダウンロード画面

Typasteをダウンロードをクリックします。

Typaste のダウンロード

ダウンロードが終わったら、圧縮フォルダを右クリック→開くをクリックします。

解凍が終わったら、「Typaste-〇.〇.〇-bin」(〇の部分には、バージョンが入ります)のフォルダを好きな場所に保存します。僕はドキュメントにフリーソフトという名前のフォルダを作成してその中に入れてます。

使い方

「Typaste.exe」をダブルクリックして起動します。

起動したらtypasteウィンドウが表示されます。このウィンドウが起動している間は、入力をtypasteが代行してくれます。

Typaste - メイン画面

コピーしたい文章を通常の方法でコピーします。(メールアドレスやパスワードとか?)

コピー

入力したい場所をクリックし、貼り付け(Ctrl+V)のショートカットキーを押します。

入力できないフォームが用意できなかったので、ただの検索ボックスで使用してみた動画を貼っておきます。

通常コピペは一瞬で文字が貼り付けされますが、Typasteを起動している間は、まるでキー入力したかのような貼り付けがされます。これにより、通常貼り付けできない入力フォームでも貼り付けれるってことです。

ちなみに、Windows+Vでも同様に、Typasteが代わりに入力してくれました。

ショートカットキーの変更

もし、Ctrl+V以外のキーに割り当てたい場合、設定変更をクリックして好きなキーを割り当てることができます。

設定

といっても僕の環境だと、CtrlVに設定していてもWindowsVでtypasteが反応したので、とりあえず貼り付けの動作をしたら反応するのかなと思います。

なので、使わない時はソフトを終了させとくのがいいです。

まとめ

貼り付けできないサイトと頻繁に出会うことはあまりないですが、インストール不要で使えるのでパソコンの片隅にでも置いておくと便利かもしれません。

Posted by ナポリタン寿司