当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【X・Twitter】「ブックマークに再アクセス」を非表示にするCSS

X(旧Twitter)

「X(旧Twitter)」のアイコン画像

この記事では、PCウェブサイト版「X(旧Twitter)」のタイムライン上に表示される「ブックマークに再アクセス」項目を非表示にするCSSを書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebotスタイルボット」や「Stylusスタイラス」を利用します。

【X・Twitter】「ブックマークに再アクセス」を非表示にするCSS

PCウェブサイト版「X(旧Twitter)」のおすすめタイムラインを見ていると、「ブックマークに再アクセス」という項目がツイートの間に挿入される時があります。必ず表示されるわけではなく、どこのツイートの間に表示されるかもいまいち分かりません。

自身が最近ブックマークしたツイート(ポスト)がタイル状で並んでいます。「そういえばこれブクマしてたんだ」と思い出しやすくなる機能ですが、人によっては、いきなりタイムラインにプライベートなブックマークを表示してほしくないかもしれません。

「X(旧Twitter)」のタイムラインに表示される「ブックマークに再アクセス」画像

そもそもブックマークしていないものは表示されないので、ブックマークから外せばいいんですが、そういうわけにもいかないと思います。

CSSを利用することで、自身の環境上だけで非表示にできます。他人のデバイスには一切影響しません。非表示にした状態だといくらスクショしても映りません。

「ブックマークに再アクセスなんてものが表示されていなかった時代に戻りたい!」という方に便利かもしれません。まぁCSSで無理やり消しているだけなので、X側の仕様変更で使えなくなる可能性があります。

本記事は、Chrome拡張機能・Firefoxアドオンを利用できるPCブラウザ限定です。スマホのアプリ版ではできません。

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。Chrome拡張機能だけでなく、「Microsoft Edge」と「Firefox」版もあります。本記事では「Stylebot」を紹介しますが、「Stylus」などでもOKです。僕は、メインでは「Stylus」を使っています。

「Chromeに追加」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像1

「拡張機能を追加」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像2

拡張機能のオーバーフローメニューに追加されたらOKです。

「Stylebot」拡張機能をインストールする手順画像3

頻繁に開く場合は、拡張機能のオーバーフローメニューを開いて、「Stylebot」の隣にあるピン留めアイコンをクリックします。ツールバーに直接配置されます。

「Stylebot」拡張機能を直接ツールバーに配置する手順画像

詳しい使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Xの「ブックマークに再アクセス」を非表示にするCSS

X(旧Twitter)」にアクセスします。インストールした「Stylebot」拡張機能アイコンを左クリック→「Stylebotを開く」をクリックします。

「Stylebot」拡張機能のスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。もし初めて「Stylebot」を起動した場合は、「ベーシック」という画面が表示されます。下部にある「コード」をクリックすると、白紙のスタイルシート画面を開けます。以下のコードを書き込みます。

/*タイムラインの「ブックマークに再アクセス」見出しテキスト非表示*/
[aria-label="タイムライン: ホームタイムライン"] [data-testid="cellInnerDiv"]:has(a[href="/i/bookmarks/all"]) {
    display: none !important
}

/*タイムラインの「ブックマークに再アクセス」本体非表示*/
[aria-label="タイムライン: ホームタイムライン"] [data-testid="cellInnerDiv"]:has(a[href="/i/bookmarks/all"])+[data-testid="cellInnerDiv"]:has([aria-label="タイムライン: Carousel"]) {
    display: none !important
}

上記2つのCSSを書き込むことで、本体と見出しテキスト(h2)の両方を消してくれると思います。

注意事項

本記事のCSSは、僕が適当に作成したコードです。皆さんの環境によっては使えなかったり、サイト側の仕様変更でいつの間にか使えなくなる可能性もあります。

もし書き込んでも反映されない場合、問い合わせより教えていただければ幸いです。初心者の僕ができる範囲で、修正したいと思います。

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

「Stylebot」拡張機能のスクリーンショット2

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:x.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

タイムライン上から「ブックマークに再アクセス」タイルが非表示になります。下記画像をスクショした時、たまたまその上に「フォロー中のユーザーが固定」タイルがありましたが、こっちは消しません。消したい場合はこちら

「X(旧Twitter)」の「ブックマークに再アクセス」をCSSで非表示にした画像

ブックマークページ(https://x.com/i/bookmarks)にアクセスした時は、問題なくブックマークしたポストを確認できます。タイムライン上に表示される「ブックマークに再アクセス」だけ消します。

一時的に無効化したい場合は、拡張機能メニュー内にある「Stylebot」アイコンを左クリック→「x.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

同じくタイムライン上に表示される「フォロー中のユーザーが固定」を消す方法

同じようなデザインでタイムライン上の間に挿入される「フォロー中のユーザーが固定」タイルを消す記事も書いています。同じよーにCSSを使います。書き込むCSSは異なります。

感想

以上、PCウェブサイト版「X(旧Twitter)」のタイムライン上に表示される「ブックマークに再アクセス」項目を非表示にするCSSでした。

なーんか「X」になってから色々余計…っていうと口が悪いですが、機能をモリモリ実装していますよね。長く利用している方になればなるほど、慣れるのに苦労したり、違和感を覚えているかもしれませんねぇ。今後どうなることやら…。

あ、X関連のCSS記事は他にも書いているので、気になった方はカテゴリーを見てみてください。

X(旧Twitter)

Posted by ナポリタン寿司