当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

【YouTube Music】低評価と高評価ボタンを非表示にするCSS

YouTube

「YouTube Music」のアイコン

この記事では、PCウェブサイト版「YouTube Music」で、メディアコントロールバーに表示される低評価と高評価ボタンを非表示にするCSSを書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」や「Stylus(スタイラス)」を利用します。PC版限定です。スマホではできません。

「YouTube Music」で音楽を再生すると、下部に再生・一時停止、曲名などを確認できるメディアコントロールバーが表示されます。このバー内には、高評価(「YouTube Music」の高評価ボタン画像)と低評価(「YouTube Music」の低評価ボタン画像)ボタンが表示されています。

PCブラウザ「YouTube Music」のメディアコントロールバー内にある低評価と高評価ボタン画像

好きか嫌いか選択することで、「YouTube Music」側に自分の好みを学習させることができます。自然と自分好みの曲がおすすめなどに表示されたり、ランダム再生時に、低評価した曲が流れにくくなります。

個人的には、便利なんですが、人によっては、YouTubeと同じように消したいと思うかもしれないと思ったので、記事にします。

自身の環境上だけで、誰にも迷惑をかけません。いつでもオンオフできます。本記事は、Chrome拡張機能を導入できるPCブラウザ向けです。スマホのアプリ版ではできません。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。Chrome拡張機能だけでなく、「Microsoft Edge」と「Firefox」版もあります。

「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

「YouTube Music」の高評価・低評価を消すCSS

YouTube Music」にアクセスします。右上にある「Stylebot」拡張機能アイコンを左クリック→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット

右側に白紙のサイドバーが表示されます。もし初めて「Stylebot」を起動した場合は、「ベーシック」という画面が表示されます。下部にある「コード」をクリックすると、白紙のスタイルシート画面を開けます。

こちらに以下のコードを書き込みます。どちらか一方だけ消したい場合は、片方だけを書き込みます。

/*低評価(バッド)非表示*/
yt-button-shape#button-shape-dislike {
    display: none !important;
}

/*高評価(グッド)非表示*/
yt-button-shape#button-shape-like {
    display: none !important;
}
注意事項

本記事のCSSは、僕が適当に作成したコードです。皆さんの環境によっては使えなかったり、サイト側の仕様変更でいつの間にか使えなくなる可能性もあります。

もし書き込んでも反映されない場合、問い合わせより教えていただければ幸いです。初心者の僕ができる範囲で、修正したいと思います。

書き込めたら、右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebotのスクリーンショット2

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:music.youtube.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

適当に曲を再生して、メディアコントロールバーを表示します。曲情報の隣にあった高評価(「YouTube Music」の高評価ボタン画像)と低評価(「YouTube Music」の低評価ボタン画像)ボタンが消えます。

PCブラウザ「YouTube Music」のメディアコントロールバー内にある低評価と高評価をCSSで非表示にした画像

一時的に無効化したい場合は、「Stylebot」拡張機能アイコンを左クリック→「music.youtube.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

曲の三点メニュー内に表示される「高く評価した曲に追加」項目は削除しません。

「YouTube Music」の曲の三点メニューを押した画像

ショートカットキーも無効化されていないので、完全に高評価・低評価機能が使えなくなったわけではありません。高評価が「+」で、低評価が「_」キーです。

【余談】再生・前へ次へなどのボタンを中央に配置する

僕は、「Amazonプライムミュージック」からの移行勢です。「Amazonプライムミュージック」だと、メディアコントロールバー内の再生・一時停止、前へ・次へボタンが、中央下部に配置されていました。

一方「YouTube Music」では、左下にあって、マウスをもっていくのが少々めんどくさいです。僕は、CSSを使ってバー内のボタン配置を変えています。中央下部に配置するの良きです。

【余談】プログレスバーを太くするCSS

メディアコントロールバー内のプログレスバー(進行状況バー)を太くするCSS記事も書いています。見やすくなります。

「YouTube Music」のプログレスバーを、CSSで太くした比較画像

感想

以上、PCウェブサイト版「YouTube Music」で、メディアコントロールバーに表示される低評価と高評価ボタンを非表示にするCSSでした。

サブスクすげぇ…。

YouTube