当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

ChatGPTのEnter送信を無効化して、Ctrl+Enterにする拡張機能

2023年4月12日Chrome拡張機能

「ChatGPT」のアイコン

この記事では、AIと会話できるサービス「ChatGPTチャットジーピーティー」や「Copilotコパイロット(Bing AI)」上のEnterキーで送信機能を無効化して、代わりに+Enter、あるいはCtrl+Enterで送信するようにするChrome拡張機能「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」について書きます。

ChatGPTのEnter送信を無効化して、Ctrl+Enterにする拡張機能

通常「ChatGPT」や「Microsoft Copilot」ページではEnter、あるいはCtrl+Enterで送信、Shift+Enterで改行です。

PCブラウザ版「ChatGPT」の入力フォーム画像

日本語の場合、「文字を変換するためにEnterを押したら、うっかり文章の途中で送信しちゃった!」というミスが起きます。

以前「JavaScript」を使って、Enter送信機能を無効化する方法の記事を書きました(現在では非公開)。しかし、該当スクリプトは2023年4月時点で過去のトークでは動作しませんでした。

上記の問題点を見た方が、新しく過去・新規トークの両方でばっちり動作するChrome拡張機能を作成して、僕に教えていただきました。実際に使ってみたところ、スクリプトを使った方法よりも安定していました。インストールするだけで利用できます。いつでもオンオフできます。

以下のサイトで動作します。バージョン1.4.0からは「Bing」の「Microsoft Copilotマイクロソフト コパイロット」にも対応しました。もはや「ChatGPT」だけでなく、AIチャット全般で動作する拡張機能と言えます。

Chrome拡張機能がインストールできるWindows、Macの両方のブラウザで動作します。Chrome拡張機能だけで、Firefoxアドオンのリリースはありません。

リリース元:masachika-kamada(GitHubはこちら
記事執筆時のバージョン:1.5.1(2024年5月4日)

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

「Chromeに追加」をクリックします。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能のインストール手順画像1

「拡張機能を追加」をクリックします。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能のインストール手順画像2

拡張機能のオーバーフローメニュー内に、拡張機能ボタンが追加されればOKです。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能のインストール手順画像3

使い方

ChatGPT

拡張機能をインストールした状態で「ChatGPT」のチャット部屋にアクセスします。新規・過去のチャット部屋両方で動作します。適当に文章を入力して、Enterキーで変換・確定します。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を使ってみた画像1

拡張機能を導入していない状態で確定後に再度Enterを押すと、送信されてしまいます。

一方で拡張機能導入後は、Enterを押しても送信されません。代わりに入力フォーム内で改行します。うっかり誤送信する心配がありません。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を使ってみた画像2

文章を送信したい場合は、Ctrl+Enterを押します。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を使ってみた画像3

拡張機能導入前と導入後の比較表を貼っておきます。Shift+Enterの改行機能は、そのままです。

「ChatGPT」の送信・改行キー拡張機能導入前拡張機能導入後
Enter送信改行
Ctrl+Enter送信
Shift+Enter改行改行

Microsoft Copilot(Bing AI)

バージョン1.4.0から「Copilotコパイロット」にも対応しました。

個人的に「Copilot」上は、僕が色々試して範囲選択が難しい(詳しくはこちらの記事)という結論に至った経緯があることから、技術的に無理なのかと思っていました。開発者ってすごいですね。

特に追加作業は必要なく、最新版の拡張機能を入れて、チャットページ上でEnterを押すと効果を実感できます。送信されずに検索ボックス内改行になります。Ctrl+Enter(Macだと+Enter)を押すことで送信されます。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を「Copilot(Bing Chat)」上で使った画像

一時的に無効化する方法

インストールした「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」アイコンをクリックします。ピン留めしていない場合は、オーバーフローメニュー内にあります。ポップアップが表示されるので、「Enable on this site」のトグルをオフにします。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を一時的に無効化する手順画像1

アイコンに赤い斜線が表示されます。この状態になっている時は、通常どおりEnterで送信されます。やっぱり使いたくなった場合は、「Enable on this site」をオンにします。

「ChatGPT Ctrl+Enter Sender」拡張機能を一時的に無効化する手順画像2

完全に使わなくなったら、拡張機能をアンインストールします。

同じ作者様が開発した「ChatGPT WideScreen Adjuster」も便利!

本拡張機能の作者様が、「ChatGPT」の表示領域(横幅)を好きなサイズに調整できるChrome拡張機能「ChatGPT WideScreen Adjuster」を公開されました。左右の余白が気になる方にいいかもしれません。

「ChatGPT WideScreen Adjuster」拡張機能の比較画像

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

【余談】YouTubeやTwitterのショートカットキーを無効化する拡張機能紹介

本記事の拡張機能とは直接の関係はありません。単に僕がショートカットキー繋がりで関連あるかなと思ったので紹介します。皆さんにとって「え!?こんな拡張機能もあったの!?便利!」となるといいなと思います。

Remove Youtube Hotkeys

Remove Youtube Hotkeys」は、「YouTube」のキーボードショートカットを無効化する拡張機能です。10秒巻き戻し(J)、10秒早送り(l)、ミュート切り替え(M)などのキーが反応しなくなります。検索の文字入力は問題なくできます。

Twitterのキーボードショートカットを無効化するやつ

Twitterのキーボードショートカットを無効化するやつ」は、「Twitter」のキーボードショートカットを全て無効化する(Ctrl+Enterだけ除く)拡張機能です。インストールするだけで有効になります。

No Submit On Enter for Twitter DM

No Submit On Enter for Twitter DM」は、「X(旧Twitter)」のDMを、Enterで送信しないようにする拡張機能です。

導入すると、Enterの送信イベントが無効化されて、代わりに改行が割り当てられます。DMの送信ボタンを押すことで、初めて送信されます。うっかり誤操作で、入力中の途中でDMを送ってしまう方に便利だと思います。

Disable keyboard shortcuts

Disable keyboard shortcuts」は、ブラウザ上で動作するCtrl+Wや、Ctrl+Sなどのショートカットキーを無効化する拡張機能です。うっかりCtrl+Wでタブを閉じちゃう!無効化したい!」みたいな方に役立つと思います。

Windowsの拡大鏡のショートカットキーを無効化する方法

Windows11上でWindows+プラスの拡大鏡のショートカットキーを無効化する方法です。何か特別なソフトを使うとかではないですが、少々高度です。

感想

以上、「ChatGPTチャット・ジーピーティー」のEnterで送信する機能を改行に変換して、Ctrl+Enterに送信機能を割り当てるChrome拡張機能「ChatGPT Ctrl+Enter Senderチャット・ジーピーティー・コントロール+エンター・センダー」についてでした。

もし、冒頭で紹介した「Tampermonkey(タンパーモンキー)」拡張機能を使ったスクリプトを導入している場合は、入れていても機能が重複するだけなので削除するといいかなと思います。

「ChatGPTのEnter無効化」JavaScriptを削除する手順画像

2023年4月12日Chrome拡張機能