【Chrome】F1の「Google Chrome ヘルプ」を無効化する方法

AutoHotkey,Chrome

Chromeのアイコン

この記事では、Chromeで、F1を押したら新しいタブで開かれる「Google Chrome ヘルプ」ページを無効化する方法について書きます。

キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey」を使います。

Chrome上でF1を押すと表示される「Google Chrome ヘルプ」ページを無効化してみたイメージ画像

キーやマウスに別の機能を割り当てるWindowsのフリーソフト「AutoHotkey」を使うことで、Chrome上のF1キーを無効化・または別のショートカットキーに割り当てることができます。

2022年4月17日に、以下の記事を書きました。この時ChromeでF1を押したら、何が表示されるんだろう?と思い、試してみると、Edgeと同じようにヘルプページが開かれることに気づきました。

僕は、Chromeをメインに使っていないので、このままでも気にならないのですが、どーせなら…ということで無効化してみます。

AutoHotkeyと呼ばれるWindowsのフリーソフトを使うことで可能です。Chromeが起動している時だけ、F1キーを無効化、あるいは別のキーに割り当てることが可能です。Ctrl+Vといった複数キー割り当てもできます。

こちらの記事もおすすめ

Windowsのエクスプローラー上で、F1を押したら、ヘルプページが開く機能を無効化する記事も書いています。気になった方は、参考にしてみてください。

記事執筆時のMicrosoft Edgeバージョン:100.0.1185.44 (公式ビルド) (64 ビット)

Chromeのヘルプページ(F1)を無効化する手順

AutoHotkeyの導入

キーに別の機能を割り当てるソフト「AutoHotkey」を導入します。既に導入している方は、スキップしてOKです。

下記サイトからインストールできます。

「Download」をクリックします。

AutoHotkeyのダウンロード Download

「Download Current Version」をクリックします。

AutoHotkeyのダウンロード Download Current Version

ダウンロードが完了したら、起動します。

セットアップファイルの右クリックメニュー

「Express Installation」をクリックします。

AutoHotkey Setup Express Installation

すぐインストールが終わるので、「Exit」をクリックします。

Installation complete.

インストールは完了です。

コードの記述

AutoHotkeyは、コードを専用のファイル(ahk)に書き込んでいくことで動作します。プログラミングと一緒です。

専用のファイルを作成します。エクスプローラーの空いているところを右クリック→新規作成→AutoHotkey Scriptをクリックします。既に、EdgeのF1を無効化する記事を読んでくださっていて、ファイルを作成している場合は、その中に新しく追記する形でOKです。

エクスプローラーの空いているところを右クリック AutoHotkey Script

今後ずっと保存することになるので、適当な場所ではなく、ドキュメント→「AutoHotkey」フォルダーといった専用の場所を用意するといいかなと思います。

作成できたら、好きな名前にします。ここでは例として「Chrome上のF1(ヘルプページ)を無効化」にしてみます。今後、本記事で紹介するコード以外を自分で追記していく場合は、まとめて「AutoHotkeyコード.ahk」とかでいいと思います。

エクスプローラー 「Chrome上のF1(ヘルプページ)を無効化」ファイル

右クリック→プログラムから開くをクリックします。この時、メモ帳が候補に表示されていたら、「メモ帳」をクリックします。

AHKファイルの右クリック→プログラムから開く→メモ帳

エディターソフトを選択してOKをクリックします。Visual Studio Codeやメモ帳がおすすめです。ここでは、メモ帳にします。

このファイルを開く方法を選んでください。 メモ帳

開けたら、既に数行コードが書かれていると思います。注意書きみたいな感じなので、削除しても構いません。そのまま改行して書いても問題ありません。

書き込むコードは、以下のようになっています。丸々コピペします。最初の数行のコードは、おまじないコードです。既に記述している方は、書かなくてOKです。

;おまじない。とりあえず書いておくと便利コード
#SingleInstance, Force
SendMode Input
SetWorkingDir, %A_ScriptDir%

;Chrome上でF1キーを無効化するコード
#IfWinActive,ahk_exe chrome.exe ;Chromeが起動しているだけ動作させる
  F1::Return ;F1を無効化
#IfWinActive
「Chrome上でF1キーを無効化するコード」をAutoHotkeyファイルに書き込んだ画面

「#IfWinActive,ahk_exe chrome.exe」は、「Chromeが起動している時だけ発動する」という意味です。これにより、他アプリにフォーカスされている時は、動作しません。

「Return」が「無効化」という意味です。正確には他の意味もあるんですが、ここでは無効化の役割を担ってくれています。

Edge、Chrome両方で、F1を無効化する場合は、以下のコードになります。そのまま別々で書き込んでもいいのですが、まとめた方がスッキリします。もっと綺麗にできそうなんですが、僕の現時点の実力ではここまでのようです。

;Edge、Chrome上でF1キーを無効化
#IfWinActive ahk_exe msedge.exe
  F1::
#IfWinActive ahk_exe chrome.exe
  F1::
  Return
#If

コードの保存・実行

コードを書き込めたら、ファイル→保存をクリックします。

ファイル→保存(Ctrl+S)をクリック

ahkファイルをダブルクリックして実行します。

作成したAutoHotkeyファイルをダブルクリックで起動する

タスクトレイにアイコンが表示されればOKです。マウスを乗せると、作成した名前が表示されます。この時にエラーが表示されて、実行できない場合は、コードに間違いがあるので、もう一度見直してみましょう。

タスクトレイの「Chrome上のF1(ヘルプページ)を無効化」ファイル

コードが実行されている間は、Chrome上でF1キーが無効になります。あくまでChrome上だけで、他アプリでは通常通りF1が使えます。実際に使ってみた動画を貼っておきます。

キー自体を無効化しているので、仮想キーボード上でもF1を押していないことになっています。

無効化ではなく、別の機能を割り当てたい場合

上記コードの「F1::Return ;F1を無効化」の「Return」の部分を、好きなキーに置き換えることで、別のキーに割り当てられます。書き方にはルールがあるので、詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。ようこそ、AutoHotkeyの沼へ!

F1に新しいタブを開く「Ctrl+T」を割り当て

例えば、新しいタブを開くCtrl+Tを割り当てたい場合は、以下のようになります。AutoHotkey上では、「^t」が「Ctrl+T」という意味です。

;おまじない。とりあえず書いておくと便利コード
#SingleInstance, Force
SendMode Input
SetWorkingDir, %A_ScriptDir%

;Chrome上でF1キーをCtrl+Tに割り当てるコード
#IfWinActive, ahk_exe chrome.exe ;Chromeが起動しているだけ動作させる
  F1::^t ;Ctrl+Tに割り当て変更
#IfWinActive
F1に新しいタブを開く「Ctrl+T」を割り当てた画像

F1にタブを閉じる「Ctrl+W」を割り当て

タブを閉じるCtrlWを割り当てる場合のコードも書いておきます。

;おまじない。とりあえず書いておくと便利コード
#SingleInstance, Force
SendMode Input
SetWorkingDir, %A_ScriptDir%

;Chrome上でF1キーをCtrl+Wに割り当てるコード
#IfWinActive, ahk_exe chrome.exe ;Chromeが起動しているだけ動作させる
  F1::^w ;Ctrl+Wに割り当て変更
#IfWinActive

スタートアップに登録

このままだと、PC起動時に毎回ファイルを実行しないといけません。スタートアップに登録しておくと、次回以降も自動起動してくれるので便利です。

作成したファイルを右クリック→ショートカットの作成をクリックします。

AutoHotkeyファイルの右クリック→ショートカットの作成

エクスプローラーのアドレスバーに以下のパスを貼り付けて移動します。

shell:startup

スタートアップフォルダーが開くので、この中に作成したショートカットアイコンを移動します。

Windows11のスタートアップフォルダー

これで、Windows起動時に自動起動してくれます。

終了

タスクトレイのアイコンを右クリック→Exitをクリックします。以前と同じように、ChromeでF1が使えるようになります。

タスクトレイのAutoHotkeyアイコンの右クリックメニュー

感想

以上、Chrome上で、F1を押したら開く「Google Chrome ヘルプセンター」を、AutoHotkeyを使って無効化する方法についてでした。

AutoHotkeyは、かなり便利なソフトなので、ぜひ色々試してみてください。当サイトでもいくつか記事を書いているので、気になったらカテゴリー→AutoHotkeyを調べてみてください。

Posted by ナポリタン寿司