【GRC】日本語が文字化けする原因と対処法

ブログ

検索順位チェックツールGRCのアイコン

この記事では、検索順位チェックツールGRCで、日本語が文字化けする原因と対策について書きます。

Windowsの言語設定から変更できます。

文字化けした検索順位チェックツールGRC

検索順位チェックツールGRCで、日本語が文字化けする理由は、Windowsの設定(コントロールパネル)が原因です。

Unicode 対応でないプログラムの言語を日本語にしていない、または「ベータ:ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用」にチェックが入っている可能性があります。この設定を変更することで、文字化けが直ります。

方法

スタートメニュ-を開いて、検索窓に「コントロールパネル」と入力します。表示されたら、「開く」をクリックします。

スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルが開くので、「地域」をクリックします。

アイコンの表示方法によっては、「地域」ではなく、「時計と地域」になっている場合があります。

すべてのコントロールパネル項目

地域ウィンドウが開きます。

「管理」タブをクリックして、Unicode 対応ではないプログラムの言語の「システムロケールの変更」をクリックします。

地域 システムロケールの変更

現在のシステムロケールを「日本語(日本)」にします。

その下にある「ベータ:ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用」のチェックは外します。

地域の設定 現在のシステムロケール

Windows 全体の設定変更なので、PCの再起動が必要になります。作業中のファイルがある場合は、保存して終了しときます。

準備ができたら、「今すぐ再起動」をクリックします。

システムロケール変更

PCを再起動したら、文字化けが直ります。

文字化けが直る

一部Google タイトルの文字化けが残っている場合があります。選択して右クリック→選択項目の順位再チェックで、再度チェックにかけると治ります。

Googleタイトルが文字化けしている場合は、順位再チェックにかける

正常なGoogleタイトルが取得されます。

Googleタイトルの文字化けが修正される

感想

以上、GRCで日本語が文字化けする対処法についてでした。

Posted by ナポリタン寿司