【Windows11】ダークモードになったメモ帳を元に戻す方法

2022年1月21日Windows11

メモ帳のアイコン

この記事では、Windows11でダークモードになったメモ帳を、元のライトモードに戻す方法について書きます。

メモ帳をダークモードからライトモードに戻す

メモ帳アプリの設定から、ダークモード、ライトモード、システム設定に合わせるの3タイプのテーマに変更できます。

Windows11から、メモ帳がダークモード対応になりました。背景が黒、文字が白になるモードです。全体的に暗くなるので、目に優しいと言われています。

Windows11のシステム設定で、テーマをダークモードにしている場合、メモ帳アプリも自動的にダークになる可能性があります。

Windowsではダークモードを利用したいけど、メモ帳はライトモードが良いって方は、メモ帳の設定で個別に変更してみましょう。

方法

メモ帳を起動します。

スタートメニュー メモ帳

右上の歯車アイコン歯車アイコンをクリックします。

右上の歯車アイコンをクリックする

アプリのテーマをクリックして、「ライト」をクリックします。

設定 アプリのテーマをライトに変更する
フォントも設定から変更できる

白背景、黒文字のライトモードになります。

メモ帳がライトモードになる

「システム設定を使用する」にしている場合、Windows11の設定→個人用設定→テーマで選択しているモードに基づいて変更されます。

個人用設定 テーマ

【追記】設定ボタンが表示されない場合

コメント欄にて教えてもらったのですが、メモ帳のバージョンによっては、歯車アイコンアイコンが表示されない場合があるようです。情報提供感謝です。

その場合は、メモ帳をMicrosoftストアからアップデートするか、Windows側でテーマを変更してみましょう。

僕の環境だと、バージョン11.2112.32.0にて、正常に表示されることを確認できました。

ふと思ったんですが、僕の場合インサイダープログラムと呼ばれる先行体験バージョンのWindows11だから、表示されている可能性がありますね…。通常のWindows11だと表示されていないのかもしれません。

コメント欄に書き込んでくださった方は、バージョン10.2103.6.0だそうです。恐らく、ここらへんのバージョンだと、まだ歯車アイコンが表示されないのだと思います。

メモ帳のバージョンは、以下の手順で確認できます。スタートメニュー→「メモ帳」で検索→アプリの設定をクリックします。

メモ帳 アプリの設定

メモ帳のアプリ情報が表示されます。その中に「バージョン」という項目があります。

アプリ アプリと機能 メモ帳

Microsoftストアからアップデート

Microsoftストアを起動します。

スタートメニューからMicrosoftストアの起動

左下の「ライブラリ」をクリックします。新しいバージョンのメモ帳がある場合は、こちらに表示されるので更新します。

Microsoft Store ライブラリ

Windows 側でテーマの変更

メモ帳をアップデートしても表示されない場合は、Windows 側のアプリテーマを変更してみましょう。

Windows11の設定を開きます。(WindowsI)個人用設定→色をクリックします。

個人用設定 色

「モードを選ぶ」をカスタムにします。

モードを選ぶ カスタム

「既定のアプリモードを選択します」をライトにします。

既定のアプリモードを選択します ライト

メモ帳がライトモードになります。こちらの設定は、メモ帳だけではなく、ストアからインストールしたアプリ全般に反映されます。

感想

以上、Windows11のメモ帳で勝手にダークモードになった場合の戻し方についてでした。

個人的にはダークモード大好きなので、継続してダークモードにしています。

ExcelやWordが勝手にダークモードになった場合は、下記記事を参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司