【TaskbarToDock】タスクバーをMacOS風にするソフト

2021年11月1日ソフト,タスクバー

TaskbarToDockのアイコン

この記事では、タスクバーのデザインをMac OSに似せる有料ソフト「TaskbarToDock」について書きます。

Mac OSを全然知らないんですが、めちゃくちゃいい感じです。

TaskbarToDockのスクリーンショット

Windows10のタスクバーを、Mac OS風に変更する有料ソフトです。

インストールして起動するだけで、タスクバーアイコンが中央揃えになり、背景が丸みを帯びたすりガラス状に変化します。Windows10の角ばったデザインから、Mac風のおしゃれな角丸スタイリッシュデザインにできます。

Mac風と書きましたが、タスクバーアイコンが中央揃えになって、すりガラス状の背景になるので、Windows11風でもあります。タスクバーアイコンだけでなく、スタートボタンと通知領域も中央にきゅっと寄せられます。

最大化ウィンドウを利用している時だけ、タスクバーを非表示にするといったオプションもあります。

2021年11月1日現在、Microsoftストアで260円(税込み)です。

1回きりですが、24時間無料お試しができます。めんどくさい作業も必要ないので、まずは無料お試しして、良いと思ったら購入を検討するといいかなと思います。

公式サイトが、紹介動画をあげていたので貼っておきます。作者様のデスクトップが美しいですね。さらっとVivaldiがあるのが嬉しいです。

注意点

当サイトで紹介している「StartIsBack++」や「CenterTaskbar」とは併用して利用できません。競合してしまうので、どちらかを利用するようにしましょう。

提供元:Valaut
リリース日:2020年11月18日

ダウンロード方法

Microsoftストアからダウンロードできます。

無料お試しを利用する場合は、「無料試用版」をクリックします。

TaskbarToDockを購入 Microsoft Store ja-JP

無料でインストールが開始します。

24時間以内に何回もダウンロードできるというわけではなく、1回きりで24時間だけ使えるってことなので注意してください。時間が残っている場合でも、一度アンインストールしたら再インストールできません。

24時間経過したら、以下のように通知が表示されてアプリが利用できなくなります。

ストア 無料試用期間が終了しました。お楽しみいただけましたか

使い方

インストールできたら、スタートメニューからTaskbarToDockを起動します。

スタート画面からTaskbarToDockを起動する

起動するだけで、タスクバーがMacOS風になります。

これが、Mac…!美しいです。本物のMacOSのタスクバー?ドック?を見たことないので、似ているのかどうかは定かではありませんが。Mac使いの方からしたらどうなんですかね~。

起動するだけでTaskbarToDockが有効になる

沢山アプリを開いた場合でも、その分横幅が広がって調整されます。レスポンシブです。

沢山アプリを開いた場合のタスクバー

使い方は以上です。

インストールだけで使えるのは、初心者にとってありがたいです。

設定

タスクトレイアイコンのTaskbarToDockをクリックします。

タスクトレイアイコンのTaskbarToDockをクリック

設定画面が表示されます。

設定

言語、スタートアップ登録、タスクバーの自動表示切り替えが設定できます。

TaskbarToDockパラメータ 設定

オートロードをクリックすると、タスクマネージャーのスタートアップ設定が表示されます。そこから、TaskbarToDockを有効にすることで次回Windows起動時に自動起動します。

タスクバーの自動非表示は、以下の3つが選択できます。

Noタスクバーを非表示にしない
Top window is open to maximum最大化ウィンドウの時は非表示にする
Any window is open to maximum常に非表示にする。マウスを乗せると表示する

スッキリしたいという方はNo以外がいいかなぁと思います。

僕もスッキリ大好きなんですが、さすがにタスクバーがいちいち非表示になるのはめんどくさかったです。

外観

タスクバーの背景デザインを選択できます。

「Catalina」と「Big Sur」の2種類用意されています。

TaskbarToDockパラメータ 外観

デフォルトでは、「Big Sur」になっています。下記画像が「Catalina」にしたタスクバーです。

Catalina風のタスクバー

出口

クリックでTaskbarToDockを終了します。

TaskbarToDockのデメリット

僕が使ってみて、「人によってはデメリットになるかな?」という3つの項目について書きます。

ちょくちょくぼやける

デメリット1 ぼやける

僕の環境か無料お試しだからか分かりませんが、ちょくちょくタスクバー全体がぼやけてアイコンが見えなくなりました。

タスクバーのどこでもいいのでクリックしたら治るんですが、たまにおこるとイラっとします。

あまりにも頻繁に起こる場合は、設定→タスクバーの自動非表示を別のものに変更して再度元に戻しましょう。No→Top window is open to maximum→Noって感じです。僕の場合はこれで治りました。

サブモニターには適用されない

モニターを複数接続している場合は、メインモニターにしか反映されません。サブモニターは、元のタスクバーです。

デメリット2 サブモニターには反映されない

スタートボタンは中央でも画面は左端表示

スタートボタンや通知ボタンは、タスクバーアイコンと一緒に中央揃えになりますが、クリックした後の画面は画面端表示のままです。

ボタンは中央にあるのに、画面は左端のままという状況に違和感を覚えるかもしれません。慣れればどうってことはないんでしょうが。

デメリット3 スタート画面は左端表示

タスクバーをカスタマイズするアプリに、スタート画面の表示位置まで望むのは、お門違いかもしれませんね。

感想

以上、タスクバーをMacOS風にするソフトTaskbarToDockについてでした。

ちょくちょくぼやけるのが残念ですが、簡単にタスクバーのデザインを変更できる点は素晴らしいと思いました。それにしてもMacのデザインすごくいいですねぇ…。Windows使いですが憧れますね。

Windows11の壁紙をWindows10に適用する方法も書いているので、気になったら見てみてください。

完全にWindows11風にしたいなら、以下の記事を参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司