【StartIsBack++】Windows10のタスクバーをWindows11風にするソフト

2021年8月21日Windows10,タスクバー

StartIsBack++のアイコン

この記事では、Windows10のタスクバー周りを、Windows11風にできる有料ソフト「StartIsBack++」について書きます。

スタートボタンの変更、タスクバーの透明化、中央揃えなどができます。

Windows10のタスクバーをStartIsBack++を使ってWindows11風にしてみた画像

Windows10のタスクバー周りを、Windows11っぽくできる有料ソフトです。具体的には、タスクバーの背景透明化、アイコンの中央揃え、好きなスタートボタンに変更などができます。

本ソフトのメイン機能は、Windows10のスタートメニューを、昔のWindows7風に戻すことです。スタートメニューやタスクバーのスタイルを、Windows7の透明感あふれる光沢デザインに戻せます。

スタートボタンの変更、タスクバーアイコンの中央揃え、背景の透明化などのオプションも用意されています。こちらのオプションを適用することで、本来のWindows7風にするという趣旨から離れて、Windows11風にできます。

本ソフトは、無料版と有料版があり、無料版だと30日間までしか利用できないという制限があります。継続利用する場合は、有料版の購入が必須です。2022年2月27日現時点で、買い切り版4.99ドルです。(日本円で約600円です。)詳しい料金表などは、こちらを参考にしてみてください。

「Windows10のスタートメニューやタスクバーをWindows7風にしたい!」、「2022年10月5日に登場したWindows11の外観を、Windows10でも真似したい!」という方、ぜひ試してみてください。

本ソフトはWindows10専用です。Windows11や、Windows10以前のOSでは利用できません。

提供元:startisback.com(Twitterアカウントはこちら
記事執筆時のバージョン:2.9.17(2021年11月29日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

今回は、30日間だけ使える無料版を利用してみます。

無料版の場合、Free Trialをクリックします。

StartIsBack++の公式サイト Alternate reality where Windows 7 shell survived

無料版を試してみて、気に入ったら有料版を購入するのがいいかなぁと思います。

「StartIsBack++ 2.9.17」をクリックします。(バージョンによって、末尾の数字は異なります)

StartIsBack++のダウンロード

ブラウザによっては、警告画面が表示されるので、「保存」をクリックします。Vivaldiだと、裸の状態の「EXE」ファイルをダウンロードすると、大体警告が表示されます。

ダウンロードの確認 -この種類のファイルはコンピュータに損害を与える可能性があります。

ダウンロードは以上です。

インストール方法

ダウンロードが完了したら、セットアップファイルを起動します。

ダウンロードしたStartIsBackPlusPlus_setup.exeの起動

インストール方法を選びます。今回は、「全てのユーザーにインストールする」にします。

StartIsBackインストールにようこそ -すべてのユーザーにインストールする

下のほうを見ると、「このバージョンは完全な機能がある試用版で、認証するまで30日間動作します」と書いてあります。「君が使おうとしている無料版は、30日間しか動作しないよ~」ということです。

30日間経過したら、「ライセンス切れましたよ」というメッセージが、起動時に毎回表示されるようになります。

有料版を購入したい場合は、公式サイトから購入します。クレジットカード等で支払いできます。購入するとメールアドレスにライセンスキーが届くので入力して、製品版にアップグレードします。

インストール場所を確認して、「インストール」をクリックします。

StartIsBackインストールにようこそ プログラムがインストールされる場所を指定し「インストール」をクリックしてください。

引き続き、設定を行いたい場合は、「今すぐStartIsBackを設定する」をクリックします。

StartIsBackにようこそ 今すぐStartIsBackを設定する

Windows11風にする方法

インストールが完了すると、自動でタスクバー及び、スタートボタン、スタート画面が変更されます。

本ソフトのメインであるWindows7風にする機能が、正常に動作しているということです。

StartIsBackでWindows10のスタートメニュー、タスクバーをWindows7風にした画像

僕は、Windows10からPCに興味を持ち始めたので、Windows7のスタート画面ってこんな感じだったんだと新鮮な気分です。これはこれでありです。

本記事の目的は、Windows10のタスクバーをWindows11風にすることなので、元に戻します。

設定の場所・開き方

StartIsBack++の設定にアクセスするには、以下の場所にある「StartIsBackCfg.exe」を起動します。インストール場所を変更していない場合に限ります

C:\Program Files (x86)\StartIsBack\StartIsBackCfg.exe

本ソフトは、デスクトップにショートカットが作成されるわけではありません。スタートメニューの「最近追加したアプリ一覧」にも表示されないので、忘れないように上記の場所を覚えておきましょう。

起動したら、設定画面が表示されます。

スタートボタンをWindows11風にする

スタートボタンをWindows11風にしてみます。

大きく2つの作業です。

  1. Windows11のスタートボタン画像を用意する
  2. StartIsBack++で変更する

Windows11のスタートボタン画像を用意する

Windows11のスタートボタン画像を用意しておく必要があります。インターネットからダウンロードできます。

以下の記事を見た方で、「Windows 11 for 10 by niivu」フォルダーをダウンロードしているなら、既に画像ファイルが内臓されているので、追加でダウンロードする必要はありません。

ダウンロードしていない・記事を見ていないという方は、以下のサイトから入手できます。

上記サイトでファイルをダウンロードするには、無料会員登録が必要になります。

運営元の「DeviantArt」は、写真などを投稿してシェアするサイトです。日本でいうpixivにあたります。怪しいサイトではありません。詳しい会員登録方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

会員登録できたら、上記リンクにアクセスして、画像の右下に表示されているダウンロードをクリックします。

Windows 11 for Windows 10 by niivu on DeviantArt

圧縮ファイルがダウンロードされます。ダウンロードできたら、解凍します。

ダウンロードした「windows_11_for_windows_10_by_niivu_dellvsn.zip」ファイルを解凍する

解凍したフォルダーをクリックして、「Start Orbs」フォルダーをクリックします。

Windows 11 for 10 by niivuのフォルダー内

この中にある「Small Orb Windows 11.png」や「Large Orb Windows 11.png」を使います。うっかり消さないように、どこかに保存しておきましょう。

「Windows 11 for 10 by niivu\Start Orbs」にWindows11風のスタートボタンがある

StartIsBack++で変更する

Windows11のスタートボタン画像を入手できたら、StartIsBack++で変更していきます。

設定を開いたら、左側メニューの「表示」→表示のカスタマイズ→ 「+」をクリックします。

StartIsBack設定 表示

用意した画像ファイルを選択して、「開く」をクリックします。

変更したいスタートボタンのアイコンを選択

Windows 11 for 10 by niivu 」のフォルダーの場合は、以下の場所にあります。

Windows11 theme\Windows 11 for 10 by niivu August 07 2021\Start Orbs
Large Orb Windows 11.png大きいアイコン
Small Orb Windows 11.png小さいアイコン

適用→OKをクリックします。

スタートボタンのアイコンがWindows11風になります。

Windows10のスタートボタンがWindows11のデザインになる

スタート画面をWindows10に戻す

Windows7風になったスタートメニューを元のWindows10に戻します。Windows7の外観が嫌だという方は、こちらの方法で元に戻してみましょう。

StartIsBackのWindows7風スタートメニュー

設定を開いて、左側の「表示」をクリックします。

「Choose Start menu, taskbar and Start button style」の中から、一番左側のWindows10スタイルを選択します。

適用→OKをクリックします。

表示 Choose Start menu, taskbar and Start button style

元のWindows10のスタートメニューに戻ります。

Windows10のスタートメニュースタイルに戻る

僕は、Windows10からパソコン始めたので、こっちのほうがしっくりきます。Windows7の透明感あふれるウィンドウもいいっちゃいいんですけどね…。

タスクバーを透明にして、中央揃えにする

Windows11みたいに、タスクバーアイコンを中央揃えにできます。背景の透明化もできます。

以下の記事で、タスクバーをWindows11風にする方法を書きましたが、使うソフトによっては、フリーソフトを複数使わないといけなかったりします。StartIsBack++だと1つでWindows11っぽくできます。

タスクバーの背景を透明にする

設定を開いて、表示→表示のカスタマイズの「Use custom taskbar coloring」にチェックを入れて、バーを一番左まで持っていきます。

表示のカスタマイズ Use custom taskbar coloring

タスクバーのプレビュー画面が、白と灰色の四角模様になっていたら、透明ということです。

タスクバーのアイコンを中央揃えにする

表示→表示のカスタマイズの「Customize Taskbar Perks」をクリックします。

「Centered task icons(中央揃えのタスクアイコン)」にチェックを入れます。

Customize Taskbar Perks Centered task icons

以上、2つの設定をすることで、タスクバーが透明・中央揃えになって、Windows11風になります。

Windows10のタスクバーを中央揃え、透明にしてWindows11風にする

Windows11風じゃなくても面白い

本ソフトは、Windows11風にする以外にも、色々面白い機能が備わっています。

タスクバーの背景を自由に変更する

タスクバーの背景色・透明度を自由に変更できます。色だけでなく、透明度もセットで変更できるので、淡い色も表現できます。パステルカラー好きな方にはありがたいと思います。

StartIsBackの設定→表示→Use custom taskbar coloringにチェックを入れて、右横の色パレットをクリックします。

Use custom taskbar coloringでタスクバーの色を変更

色の設定がでるので、好きな色を選びます。右のパネルから好きな色を選択→色の追加で登録できます。

色の設定

ナポリタン寿司のPC日記のイメージカラー「#1e73be」を真似たいという変わり者の方は、以下の数字を赤、緑、青それぞれに入力してください。

以下の数字を入力
赤(R)30
緑(G)115
青(U)190

タスクバーの背景色が当サイト風になります。

ナポリタン寿司のPC日記風のタスクバー

ダイナミックを利用する

dynamic transparencyをオンにすると、通常時はタスクバーが透明になり、ブラウザなどのアプリを開いている時は、色付きタスクバーに変化するようになります。

表示→Customize Taskbar PerksのDynamic transparencyにチェックします。

Mix and match taskbar superpowers Dynamic transparency

最大化ウィンドウの時だけ色付きタスクバーになり、最大化ウィンドウがない場合は透明になります。

最大化ウィンドウによってタスクバーの背景が変わる

タスクバーアイコンのサイズ、間隔を調整する

表示の右下にある「Taskbar icon size」と「Margins」で、タスクバーアイコンのサイズと余白(マージン)を調整できます。

Taskbar icon size(タスクバーアイコンのサイズ)とMargins(余白)の設定

おすすめは、Marginsの「XS」です。アイコンとアイコンの間隔がきゅっと狭くなって、よりスタイリッシュになります。

タスクバーの余白(マージン)のMサイズとXSサイズの比較画像
マージン:上がMで、下がXS

StartIsBack++の無効化

「ちょっとだけ他のタスクバーソフトを利用したい」といった時は、競合を防ぐために、一時的にStartIsBack++を無効化してみましょう。

設定を開きます。

C:\Program Files (x86)\StartIsBack\StartIsBackCfg.exe

詳細→StartIsBackを無効にするの「現在のユーザーでこのプログラムを無効にする」にチェックを入れます。

StartIsBackを無効にする 現在のユーザーでこのプログラムを無効にする

パソコンの再起動orサインアウトすると無効になります。

再度、有効にしたい場合は同じように設定ファイルを開き、チェックを外すか、コントロールパネル→スタートメニューをクリックすると有効になります。

Clibor呼び出しでスタート画面が表示される対処法

僕の環境だけかもですが、クリップボード履歴フリーソフト「Clibor」で、ホットキーをWindowsVに設定していた場合、Windowsボタンを押した時に、スタートメニューが一緒に表示されてしまいました。邪魔です。

Cliborをインストールしている場合、呼び出しキーとStartIsBackが競合して、勝手にスタートメニューが表示されてしまう

設定→切り替え→Windowsの設定の項目を「何もしない」にします。ここが「スタート画面を表示する」とCliborの呼び出しキーと競合してしまいます。

切り替え Windowsキーの設定 何もしない

これで、WindowsVを押しても、スタートメニューが表示されなくなります。Windows単体キーを押した時は、ちゃんと表示されます。

有料版と無料版について

本ソフトは、無料版と有料版があります。

無料版だと、30日間しか利用できません。継続して利用したい場合は、有料版を購入しましょう。有料版は、PayPalかクレジットカードで購入できます。

以下のサイトから購入できます。

月額支払い方式のサブスクリプションではなく、買い切り版です。1度購入すれば、追加料金なしで利用できます。

料金は、以下のようになっています。

プラン料金
1台$4.99(576円)
2台$8.99(1,038円)

括弧内の日本円表記は、僕が勝手に調べただけですので、正確ではありません。実際に購入ページにいって請求額を確認してみてから購入するようにしましょう。

1か月利用した感想

本記事を書いて1か月が経過しました。

30日間の無料試用期間が終了したら、Windows10起動時に毎回「試用期間終了のお知らせ」が表示されるようになりました。お知らせが表示されるだけで、ソフト自体は継続して利用できました。毎回、お知らせが表示されるのが鬱陶しい程度ですね。

このまま利用するのは開発者に悪いので、継続利用したい場合は、右上の公式サイトのリンクからライセンスコードを購入しましょう。

このプログラムについて -あなたの試用期限が切れました。StartIsBackをアンインストールするか、ライセンスキーを入力してください

有料版を購入した場合、入力したメールアドレス宛にライセンスコードが届くので、「認証」をクリックして、ライセンスコードを入力します。

ライセンス認証 ライセンスキーを入力してください

「ライセンス認証されています。」と表示されればOKです。これで、次回起動時から通知が表示されません。

ライセンス認証されています

感想

以上、 Windows10のタスクバー、スタートボタンをWindows11風に変更するソフト「StartIsBack++」についてでした。

ナポリタン寿司は、2022年11月5日にWindows11にアップグレードしたので、現在は使っていません。

本記事で紹介したソフトの開発者は、Windows11の外観をWindows10に戻すツール「StartAllBack」というのも提供しています。僕がWindows11にアップグレードした時、実際に試してみたので、気になった方は下記記事を参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司