【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【sendkeys】Windows10 のスタートボタンを中央揃えにする方法。Windows11 に近づけてみよう!

2021年9月27日Windows11,タスクバー

Windows11 風のスタートボタン のアイコン

この記事では、ショートカットキーをアイコンにできる「sendkeys」というフリーソフトを活用して、Windows10 の左端にあるスタートボタンを中央揃えにする方法について書きます。

ただし、こちらの方法ではスタートボタンの位置を変えるだけで、スタートメニューの表示位置は変えれません。

Windows11風 のデスクトップ

僕の記事では、いくつかWindows10 をWindows11 に近づける方法について書きましたが、1つだけ不完全だったことがありました。それは、スタートボタンの位置です。(参考:Windows11関連の記事

Windows11 のプレビュー動画を見てみると、スタートボタンが中央に寄せられていることが分かります。

そこで、Windows10 でも何とかスタートボタンを中央に寄せれないか考えた結果、ショートカットキーをショートカットアイコンに変更するフリーソフトsendkeys でそれっぽいことができました。

こちらのソフトは、任意のキーをショートカットアイコン化することができます。Windows10 のスタートメニューを表示するショートカットキー(Windows)をアイコンにして、タスクバーにピン留めすることでスタートボタンの位置を変更できます。

スタートボタンの位置を任意の場所に変更するだけで、スタートメニューの表示位置は変わらないので注意してください。

今回紹介するフリーソフトsendkeys については以下の記事により詳しく書いているので、これ以外の用途を知りたい場合は参考にしてみてください。

参考:【sendkeys】ショートカットキーをショートカットアイコンにする方法・使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

メモ

ちょっと趣旨と違うかもですが、Windows のタスクバーをMacOS 風にするソフトもあります。

こちらは、インストールするだけでタスクバーアイコンが自動で中央揃え、スタートボタンも中央揃えになりました。手っ取り早く中央に寄せたい方はこちらの方が圧倒的におすすめです。タスクバーの背景もすりガラス状になって美しいです。

TaskbarToDock のスクリーンショット

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

使い方

ダウンロードできたら解凍します。右クリック → 開く で解凍できます。

解凍

解凍できたら、でてきたフォルダを好きな場所に保存します。僕は、ドキュメントの中にフリーソフトというフォルダを作ってそこで管理しています。

スタートメニューを表示するショートカットアイコンを作成

sendkeys 内フォルダを開き、sendkeys の右クリック → ショートカットの作成 をクリックします。

sendkeys の右クリック - ショートカットの作成

作成したショートカットを自分が分かりやすい名前に変更します。僕は、「Windowsキー」にしました。

名前を変更

名前変更できたら、右クリック → プロパティ をクリックします。

ショートカットアイコンの右クリックメニュー

Windowsキー(作成したショートカットアイコン)のプロパティ画面が開くので、リンク先の末尾に以下のキーコードを入力します。

 [#91]
リンク先に [#91]を追記
ポイント

リンク先に元から書いてある文章は消さないようにしてください。元から書いてある文章とキーコードの間には半角空白を入れることを忘れないようにしましょう。

半角空白を入れなかった場合は、以下のようにショートカット エラーが表示されて機能しなくなります。

ショートカット エラー

ちなみに、雑談ですが [#91] はキーコードと呼ばれる数字です。

キーボードには、目には見えませんが固有の数字が割り当てられていて、そちらを指定することでもキー入力したことになります。そして、Windowsのキーコードが [#91] ってわけです。

Windows 以外のキーを指定したい場合は、こちらのサイトで調べることができます。

調べたいキーを入力したら「Code」の欄にキーコードが表示されます。単一ではなく、複数キーを指定したい場合は、色々”型”があるので、Sendkey の記事を参考にしてみてください。

参考:【sendkeys】ショートカットキーをショートカットアイコンにする方法・使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

リンク先に書き込めたら、適用 → OK をクリックして、試しにショートカットアイコンを実行(ダブルクリック)してみてください。スタートメニューが表示されると思います。

もし表示されない場合は、記述が間違っているのでもう一度確認してみてください。

スタートメニュー

ショートカットアイコンの変更

デフォルトのsendkeys アイコンのままだと少し不格好です。

そこでアイコンを変更していきます。先ほどと同じように、作成したショートカットアイコンを右クリック → プロパティ をクリックします。

アイコンの変更 をクリックします。

ショートカット - アイコンの変更

アイコンの変更 ウィンドウが表示されるので、「参照」をクリックします。

変更したいアイコンを選んで、開く をクリックします。

Windows11 のスタートボタンアイコンを持っていないという方は、こちらを参考にしてみてください。

アイコンを選択

OK をクリックします。

アイコンの変更

アイコンの変更は以上です。

タスクバーにピン留めする

アイコンを変更できたら、あとはタスクバーにピン留めするだけです。

ショートカットを右クリック →タスクバーにピン留めする をクリックします。

タスクバーにピン留めする

アイコンがタスクバーに表示されるので、任意の場所(一番左端)にドラッグ&ドロップします。

ドラッグ & ドロップで移動

これにて終了です。

Windows11風 のデスクトップ

元々あるスタートボタンを非表示にしたい場合は、こちらに飛んでください。

Windows11 のスタートボタンアイコンを用意する

以下の記事を見たことがある方で「Windows 11 for 10 by niivu」のフォルダをダウンロードしている場合は、その中のStart Orbs フォルダにアイコンが入っているのでそちらを利用します。

参考:【Windows10】見せかけだけWindows11の外観にする方法。ほぼWindows11

上記記事を見たことがない or フォルダを削除したという方は以下のサイトからダウンロードできます。

サイトにアクセスしたら、ページをスクロールして青いボタンの「Нажмите, чтобы скачать(クリックしてダウンロード)」をクリックします。

Нажмите, чтобы скачать(クリックしてダウンロード)

ポップアップが表示されますが、気にしなくてOKです。ダウンロードできない方はこちらをクリックしてください的な文言がロシア語で書かれているだけです。

ダウンロードできたら解凍します。解凍したフォルダ内にStart Orbs フォルダがあるので、そちらの中にアイコンが入っています。

ダウンロードしたフォルダ

元々のスタートボタンを非表示にする方法

StartIsBack++」か「TaskbarDock」を利用することで、スタートボタンを非表示にできます。

どちらも似たようなことができるソフトですが、若干の違いがあるのでそれぞれの特徴を書いておきます。

個人的には、宣伝でも何でもないですけど、有料版のStartIsBack++ が超おすすめです。スタートボタンを非表示にする以外にも色々なことができます。

項目StartIsBack++TaskbarDock
料金有料(約500円、30日間の無料お試しあり)無料
スタートボタンの非表示
完全に非表示にできる

マウスオーバーしたら表示される
スタートボタンアイコンの変更×
タスクバーの透明化×
タスクバーの背景色変更×
タスクバーアイコンの中央揃え×
通知領域の非表示×
スタートメニューのカスタマイズ×

TaskbarDock

起動して、タスクトレイアイコンを右クリック → Show Start button をクリックで非表示にできます。

Show Start button

TaskbarDock の場合だとマウスオーバーすると表示されます。さらに、アイコンを非表示にするだけであってスタートボタン分のスペースは消えません。

TaskbarDock のデメリット

TaskbarDock については以下の記事に詳しく書いています。

StartIsBack++

StartIsBack 設定 を開き、切り替え → スタートボタンの表示位置 の「メインタスクバーに表示する」のチェックを外すことで非表示にできます。

切り替え - スタートボタンの表示位置

TaskbarDock に対して、StartIsBack++ では完全に非表示化でき、デッドスペースもできません。30日間は無料利用できるので試してみてよかったら有料版を検討してみてください。

StartIsBack++ のメリット

30日間の無料お試しした後は、「アップグレードして~」って通知がWindows 起動毎に表示されます。無視して無料利用することも可能です。料金もワンコイン程度なので買って損はないと思います。

些細なことなんですが、StartIsBack++ はWindows起動時と同時に起動されますが、TaskbarDock は若干のラグがありました。

Windows 起動してデスクトップが表示 → 少ししてTaskbarDock が起動してタスクバーが変化する って感じでした。本当に些細なとこなんですが、どうにも気になってしまいました。

StartIsBack++ については以下の記事に詳しく書いています。

まとめ

以上、Windows10 の左端にあるスタートボタンを任意の場所(中央)に寄せる方法でした。

今回の方法を活用すると、検索も配置できます。

検索は、「WindowsS」なので、sendkeys で追加するのは「 [Win]s 」となります。ここでポイントなのが、Windows単体キーの場合は、キーコード(#91)でしたが、複数キーの場合は [Win] にします。

理由は僕もよく分かりませんが、そうじゃないとうまく動作しませんでした。

検索アイコンはなかったのでインターネットの素材画像を使わせていただきました。

中央揃えにしたスタートボタンと検索ボタン

好きな画像をアイコンにしたい場合は、以下の記事が参考になります。

参考:【アイコンウィザード】好きな画像をアイコン(ico)に変換してくれるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

Posted by ナポリタン寿司