【RoundedTB】タスクバーを角丸にしてMacのドック風にするソフト

2021年9月27日ソフト,タスクバー

RoundedTBのアイコン

この記事では、Windowsのタスクバーを、任意の角丸に設定できるフリーソフト「RoundedTB」について書きます。

Windows10、Windows11両方で使えます。

RoundedTBのスクリーンショット

タスクバーの端っこを角丸にするソフトです。アプリを起動して、任意の角丸具合を入力することで、角丸にできます。角丸以外に、マージン(余白)の設定もできます。

左右上下個別に調整することもできます。

Windows10だと、Windows11風の角丸モダンデザインにできます。

Windows11では、ダイナミック(動的)モードが実装されており、タスクバーを分割できます。これにより、Macのドックみたいなデザインにできます。11から搭載されているアイコン中央揃えにぴったりの機能です。

システムトレイの表示オンオフ(WindowsF2)、ホバーで表示するオプションがあります。

裏でひっそりと常駐するタイプのソフトです。「Windows11のタスクバーがカクカクなのが許せない!」という方、ぜひ試してみてください。

提供元:TorchGM
リリース日:2021年6月1日

ダウンロード方法

Microsoftストアからダウンロードできます。

検索窓に「RoundedTB」と入力し、出てきたアプリを「入手」でインストールします。

RoundedTBのインストール Microsoftストア

使い方

起動したら、タスクトレイにあるRoundedTBアイコンを右クリック→Show RoundedTBをクリックします。

RoundedTB タスクトレイアイコンの右クリックメニュー
Run at startupWindows起動時に、一緒に自動起動する
Show RoundedTB本アプリの設定を開く
Close RoundedTB本アプリを終了

設定画面が開きます。

RoundedTBの設定

Margin(余白)と、Corner radius(角丸具合)に好きな数値を入力するか、バーを左右に動かして調整します。

余白と角丸具合の調整
Marginタスクバーの余白
Corner radius角丸具合

角丸

試しに、「Corner radius」を36にしてみました。「Apply」で適用します。タスクバーの左右が角丸になります。

タスクバーが角丸になる
Windows10の場合

Windows10の場合、タスクバーの位置が左右(縦配置)にある場合でも反映されます。若干、スタートボタンがはみ出したので、Margin(余白)で調節します。1~5あたりがいいと思います。

縦タスクバーでも適用される

サブモニターも適用されます。メインモニターだけ適用する…といったことはできません。

サブモニターにも適用される

余白

Marginで余白の調整ができます。

余白の調整

Advanced(高度な設定)

Advancedで高度な設定ができます。

Advanced(高度な設定)
Advancedの設定
Top Margin上余白
Bottom Margin下余白
Left Margin左余白
Right Margin右余白
Dynamic modeダイナミックモード
(分割モード)
Show system tray (Win +F2)システムトレイを表示する(Win +F2)
Show system tray on hoverホバー時にシステムトレイを表示
TranslucentTB compatibilityTranslucentTB互換性モード
Fill taskbar when maximisedアプリ最大化の時は、普通のタスクバーを使う
Fill taskbar on alt+tabAlt+Tabでタスクバーを埋め尽くす

上下左右ごとで余白の設定

MarginのAdvanced横にある三点ボタンボタンをクリックします。左右上下個別に余白を調整できるようになります。

上下左右ごとで余白の設定

例えば、Top Marginだけを設定することで、Windows11のタスクバーの高さを調整できます。

Top Marginの調整

Dynamic mode(動的モード)

タスクバーアイコンと通知領域(タスクトレイ)上のみにタスクバー背景を表示し、セグメントできる機能です。2021年9月26日のアップデートで実装されました。

「Dynamic mode」にチェックを入れて、Applyをクリックします。タスクバーが分割されます。タスクバーにピン留めしているアプリの数に応じて自動で背景が伸縮します。

Dynamic mode(動的モード)

これぞ、Macのドック!Windows11のモダンデザインと相まって綺麗です!「Show system tray on hover」にチェックを入れると、通常時システムトレイアイコンが非表示になります。マウスを乗せた時だけひょこっと表示されます。

Show system tray on hover
【余談】Windows10だと微妙

Windows10の場合だと、以下の2パターンになってしまい、うまい具合に調整できませんでした。

  • 余白を綺麗にしたい→タスクバーアイコンが中央揃えじゃなくなる
  • タスクバーアイコンを中央揃えにしたい→左に余白が余ってしまう
Windows10での分割モードのデメリット

理想は、Windows11のようにタスクバーアイコンは中央にしたままで、余分な余白がない状態にしたいです。

分割モードはWindows11だととても魅力的ですが、Windows10だと微妙かな?という印象です。一度「TaskbarDock」などでタスクバーアイコンを中央揃えにしたら、左揃えが慣れないんですよね…。

【Windows10】おすすめ併用ソフト

Windows10で本アプリを使う場合、以下の3つのソフトと併用することで、よりWindows11のデザインに近づけます。全てのソフトについて個別で記事にしているので、気になったものがあれば見てみてください。

StartIsBack++

StartIsBack++のスクリーンショット

タスクバー周りをカスタマイズできるソフトです。タスクバーの色を変更や透明化、タスクバーアイコンを中央揃え、スタートボタンの変更などができます。

本来の目的は、Windows10のスタートメニューをWindows7 風にするようなのですが、僕はその他の機能が便利すぎるので、もっぱらそっちを利用しています。

無料版と有料版があり、無料版は30日の利用後、警告が毎回表示されるという制限があるので、まずは30日利用してみて良いと思ったら有料版を購入しましょう。ワンコイン程度で購入できます。

タスクバーアイコンの中央揃えだけなら、「CenterTaskbar」でも可能です。こちらは完全無料で利用できます。

ModernFlyouts

ModernFlyoutsの導入前と導入後の比較画像

Windows11の音量調節バー(ハードウェア メディア キー)を、角丸モダンなデザインに変更するソフトです。透明度の調節やメディア画面(YouTubeなどで再生したら表示される音量横のタイトルのこと)を非表示にしたりできます。

SecureUxTheme

SecureUxThemeのスクリーンショット

Windows10のテーマを変更できるフリーソフトです。Windows11風のテーマを適用することで、細かい部分が丸みを帯びてRoundedTBと馴染むようになります。

ただし、初見だと使い方がさっぱりだと思うので、いきなりダウンロードするのではなく、別記事を見てみてください。別記事には、上記ボタンからアクセスできます。

感想

以上、タスクバーを任意の角丸に設定できるフリーソフト「RoundedTB」についてでした。

難しい知識なく、簡単にタスクバーを角丸にできます。

Posted by ナポリタン寿司