【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Windows11】ついにナポリタン寿司もWindows11にアップデートした話。角丸デザインが美しい!

Windows11

Windows11 のアイコン

この記事では、ナポリタン寿司が11月5日にWindows11にアップデートしたので、感想、アップデート方法、初心者さんに向けてー。などについて書きます。

※この記事は、Windows11 に興味があるけど、ためらっているといったパソコン初心者さん向けの記事です。アップグレードするのかしないかの1つの判断材料になれたらなと思います。

Windows11 のデスクトップ
Windows11 のデスクトップ

10月5日にWindows11 のリリースが開始されました。そして、ついに今日(11月5日)、僕もWindows11 にアップグレードしました。

アップグレードにかかった時間は約30分でした。

まだ数時間しか触っていませんが、「とにかくデザインが美しい!」です。

Windows10 と大きく異なるところせましにある角丸デザイン、タスクバーからアプリを開く、閉じる時の滑らかなアニメーション、全てが美しいです。興奮が止まりません。むぎゅむぎゅ。

設定アプリやスタート画面などのデザインも一新されています。

まさにWindows10 との一番の違いは「デザイン!」と言っていいと思います。「Windows10 と何が違うの?」って聞かれたら、僕なら「デザイン!端っこが角ばってなくて丸い!Apple みたいなデザインで美しい!」って言います。

個人的には、エクスプローラーなどのWindows 標準のソフト以外も角丸デザインになっていることが最高です。ブラウザの「Vivaldi」、名前一括変更フリーソフトの「ファイル名変更君」などWindows 標準でないソフトも角丸デザインになっています。これ本当に最高です。

角丸フローティングデザイン

逆を言えば、デザインの一新以外にはめぼしいことはないのかな?といった印象です。スタートボタン含むタスクバーアイコンが中央になったのも、設定画面やMicrosoft Store 画面が一新したのもデザインの変更ですからね。

デザイン以外でいうと、ウィンドウを簡単に並べられる「ウィンドウのスナップ機能」や、サブモニターの接続が切れた場合でもウィンドウの位置を記録してくれるといった機能が新しく追加されています。

詳しくは、以下のサイトが参考になります。

参考:【特集】Windows 11の新機能を早速試してみた!Windows 10との違いをまとめて紹介 – PC Watch

【余談】アップデートとアップグレードの違い

この記事を書くにあたって、アップデートとアップグレードって何が違うの?と思って調べてみました。全く区別せずに使っていたのでちゃんとした違いがあることにびっくりです。

アップデートとアップグレードの違い
アップデート些細な更新、変更
アップグレード大きな更新、進化
参考:「アップデート」と「アップグレード」の違いとは?

Windows10 からWindows11 へは、大幅な更新・変更なので、アップグレードってことですね。

アップグレード前の5つの確認事項

「Windows11 に興味はあるけど、パソコン初心者だからちょっとためらっている…」って方に向けて、アップグレードする時の注意点とか確認事項について書きます。

これを聞いて、アップグレードする気欲が少しでも湧いてくだされば幸いです。一緒にWindows11 を堪能したいです。

パソコン中級者以上の方には、あほらしいと感じる項目ばかりかもです。でも、僕みたいな初心者だとマジで分からないんですよね。とりあえずデータがリセットされなかったのはありがたかったです。

アプリ、動画、画像などのデータは消えない

てっきり、僕OS のアップグレードってデータ全部リセットするのは当たり前なのかと思ってました。わざわざ覚悟して「Windows11にするか………。」ってかっこよくツイートまでしちゃって恥ずかしい…。(そのツイートはこちら

結論は、データは全て引き継ぎされました。引継ぎと言っていいのかすら怪しいですが、全データ今まで通りに使えました。画像、音楽、動画はもちろん、インストールしていたアプリ、作成していたフォルダー、本当にまんま一緒でした。

スタートメニューのインストールしているアプリの確認や、フォルダーアイコンが変わっているのでパッと見別物に見えますが、そこには確かにWindows10 の時に使っていたファイルたちが眠っています。

当然ですが、アップグレード中に何かしらの不具合が起こってデータが吹き飛ぶ!みたいなことはありうるので、万が一に備えてバックアップを作成しておくというのは重要かもしれません。

所有時間は、大体1時間あれば十分

僕の環境では、約30分でアップグレード作業は終了しました。ただし、色々準備とか(主に心の準備)を考えると1時間は見積もっといたほうがいいかなと思います。

スマホのアップグレードって結構早いですが、パソコンの場合は少なくても30分、長くて1時間くらいは必要かなと思います。Windows10 の時に使っているデータの量とかにもよるんでしょうが…。

アップグレード自体は、待つだけなので初心者でも簡単

設定から、「パソコンを再起動する」をポチってクリックしたら、あとはひたすら待つだけです。それ以外にすることはありません。なので、ちゃんと待てるように暇つぶしのものを用意しておきましょう。

僕は、いかんせん人生初のアップグレードだったので楽しみすぎて、1秒たりとも画面から目を離しませんでした。わくわくしながらパーセンテージが満タンになるの眺めてました。30分ひたすらに。ええ。

最初は些細な変更点に慣れずに戸惑う。だけど必ず慣れる。必ず

全ての事柄においてそうですが、最初は新しいことに慣れないものです。しかし、使っていると必ず慣れてきます。

Windows10 からの大きな変更点の1つとして、スタートボタンの中央揃えがあります。最初は絶対にうっかり左下のほうにマウスを持っていってしまうでしょう。きっとそうです。押せたとしても、以前と大きく違うスタート画面に戸惑うはずでしょう。

設定画面や、エクスプローラーのリボン周り(上部のメニュー)などもデザインが変更されているので、絶対に戸惑うはずです。「くそがっ!」って思うはずです。でも、とりあえず使ってみてください。数日から1週間頑張って使ってみてください。

そしたら、きっと「これ以外にはありえない。よく今まではあのデザインで使ってたな」ってなるはずです。僕がまさにそうでした。

Windows11 が発表されて、どうにかしてWindows10 の外観をWindows11 に近づけれないか試行錯誤しました。その結果、タスクバーのアイコンを中央揃えにしました。

参考:【Windows10】タスクバーをWindows11風にする方法【透明・中央揃え】 | ナポリタン寿司のPC日記

デザインに惹かれただけなので、お試しでやってみて使いにくかったら元に戻そうって思っていました。だけど、数日使ってみてふと気づいたんです。

「タスクバーアイコンは、中央揃えの方が左右対称でデザイン的に美しいし、マウスを持っていく距離が左揃えの時よりも短くなったから作業効率的にも良い」ってことに。今では逆に左揃えに戻れません。どうしてもマウスは中央下に持っていっちゃいます。

僕の場合、マウスはいつも画面中央らへんに転がっているので左下よりも中央下の方が距離短いんですよね。おかげで効率よくアプリを切り替えできるようになりました。

タスクバーアイコンは左下よりも中央下のほうが距離が短い

「なんで今まで中央じゃなかったんだろう?」って思うくらい中央揃えのタスクバーアイコン最高です。

Windows11 にした時に、大きな違いであるタスクバーの中央揃えに何の違和感もなく利用できました。むしろ面倒なフリーソフトを使わずに標準で中央揃えになっていることに感謝です。

パソコン使い倒してるベテランさんだったら、手に動きが染みついてて中々ぬけないかもです。パソコン初心者さんだと、戸惑うレベルは人一倍かもですが、それだけ人よりも慣れやすいかと思います。

「まずは色々新しいことに挑戦してみる」って姿勢が大事かなぁと思います。

目玉の新機能であるAndroidアプリの利用はまだできない

僕もつい最近知ったんですが、Androidアプリはまだダウンロードできないそうです。Windows Insider のほうでは可能になっているらしいですが、ダウンロード可能アプリに制限があったりとまだまだ不十分です。

僕の中でのWindows11 は、「デザインの一新、Androidアプリをダウンロードできる」だったので、まだ利用できないと知った時はショックでしたね。これからの実装が楽しみです。

アップグレード方法

Windows11 にアップグレードできるパソコンが前提条件です。自分のパソコンがアップグレードできるかどうかは以下の記事で紹介しているMicrosoft 公式のチェックツールを使えば確認できます。

Windows10 の設定を開きます。WindowsIで開きます。

「更新とセキュリティ」をクリックします。

設定→更新とセキュリティ

「更新プログラムのチェック」をクリックします。

更新プログラムのチェック

Windows11 へのアップグレードに必要なファイルがダウンロードされます。この段階ではまだ立ち止まれます。覚悟を決めましょう。

利用可能な更新プログラム

「再起動が必要です」って表示されたら、いよいよ準備は完了です。「今すぐ再起動する」をクリックしてパソコンの再起動をしましょう。

この際、Word やブラウザで作業をしている場合は、必ず保存して終了しときましょう。設定アプリだけ開いている状態がベストです。

今すぐ再起動する

青い画面になり、パソコンの再起動が始まります。

再起動しています
はい、でたー!Vivaldi 大好きアピール!!(Vivaldi 公式サイトはこちら

「更新が進行中です。〇%完了しました」って文字が表示されます。このパーセンテージが100%になるまで待ちます。ここは10分もかからずに終了しました。

更新が進行中です。0%完了しました。コンピューターをオンのままにしておいてください。

続いて、画面が真っ暗になって2回目のパーセンテージが表示されます。今回は「更新プログラムを構成しています」って表示です。ここが長いです。

更新プログラムを構成しています

66%になるまでに21分かかりました。非常に長いです。何回かパソコンが再起動しました。時間を有意義に使うために別のことをしとくが得策です。僕はずっとスマホのタイマーを並べてみてました。

更新中 - 21分経過

28分31秒後に100%になり、新しいロック画面が僕を迎えてくれました。時計のデザインもシンプルで美しいです。壁紙も最高です。

約30分後にようやく更新完了

ロック画面でパスワード(PIN)を入力したら、無事に新しいデスクトップが表示されます。Windows10 の時から、Windows11 の壁紙を使っていたのでここらへんは感動少なかったです。

Windows11 のデスクトップ

壁紙よりもデフォルトで中央揃えになっているタスクバーアイコン、新しいスタートメニュー、新しい角丸デザインが新鮮で最高でした。

こんなところが変わってたよ

ここらへんのデザインが変わってたってのを書きます。

角丸フローティングウィンドウ

一番好きです。

ウィンドウの端っこ(上下左右)が丸くなって、ウィンドウに影?がついてフローティングデザインになっています。(浮いているように見えるデザイン)

ブラウザの端っこ

めちゃくちゃモダン(現代)な感じで大好きです。このデザインのためだけにアップグレードしても価値はあります。本当に綺麗です。

ウィンドウの最大化、元に戻すアニメーション

ウィンドウ右上の最大化、元に戻すボタンをクリックした時のアニメーションが新しく追加されていました。クリックすると、ウィンドウがタスクバーにすっと収納するかのようなアニメーションです。流動的で美しいです。

ちなみに、鬱陶しい&これのせいで動作が遅い!って場合は、設定 → アクセシビリティ → 視覚効果 → アニメーション効果 でオフにできます。僕は好きなのでオンにしています。

スタート画面の外観

スタートボタンアイコンの変更&中央揃えになっただけでなく、スタート画面のデザインも変わっていました。

今までは、左側に全てのアプリが一覧表示され、右側に自分がピン留めしたタイルが表示されていましたよね。それが、タイル機能は廃止されて、代わりにピン留めしたアプリが表示、すべてのアプリはクリックしないと表示されないようになりました。

スタート画面

すべてのアプリがクリックしないと表示されないのが不便になったかもですねぇ…。パッと見はすっきりしていて好きなんですが…。

ウィジェット機能

Windows11 の新機能の1つですね。ウィジェットと呼ばれる天気やニュースを確認できる画面です。

タスクバーにあるウィジェットボタンか、WindowsWで呼び出せます。

ウィジェット画面

正直、ここはあんまり使わないかなぁーと思いました。色々使ってみて面白そうだったら記事にしたいと思います。

エクスプローラーの外観

馴染みのあるエクスプローラーの外観も変わってました。正確には、リボンの部分ですね。リボンってのはエクスプローラー上部らへんにあるメニューのことです。

Windows10 の時はもっとごちゃごちゃしていましたが、Windows11 では、シンプルにスッキリしていました。

エクスプローラーの外観

今まで、切り取りやコピーといった項目はアイコン+文字で表示されてましたが、アイコンのみの表示にすることでスッキリしているんですね。

右クリックメニューの外観

ファイルの右クリックメニューも変わっていました。コピーや切り取りの項目が全部アイコンになっていて1列に表示されてました。これは見栄えがすっきりして便利だなと思いました。

右クリックメニューの外観

設定の外観

Windows の設定アプリも大きく変更されていました。

といっても、デザインが変わっているだけで中身は変更されてない感じです。最初は、どこにどの項目があるか分からないと思うので、検索窓を活用してみましょう。

Windows11 の設定

通知領域の外観

通知領域(アクションセンター)も若干ですが変わってました。Windows10 の時は、とにかく角ばったデザインでしたが、Windows11 からは角丸デザインですね。

通知領域の外観

まとめ

以上、ナポリタン寿司もついにWindows11 にしたよ話でした。

1つだけ気になるのが、タスクバーのウィンドウタイトルのフォントがやけに汚いってことです。他がスタイリッシュで綺麗なだけに少しがっかりです。今後のアップデートで修正されるのか、フォント変更できるのかもう少し調べてみます。

タスクバーのウィンドウタイトルのフォントが汚い

何にせよ、Windows11 最高です。僕みたいな初心者は、デザインが綺麗になるだけでもアップグレードした甲斐があります。

Posted by ナポリタン寿司