パーセントアルファベットのURLを日本語に戻してくれるサイト

2022年5月5日Webサービス

No Image

この記事では、入力したURLを、エンコード・デコードしてくれるTech-Unlimitedが提供しているウェブツール「URLエンコード・デコード | すぐに使える便利なWEBツール」について書きます。

パーセントとアルファベットで文字化けしているURLを、元の日本語にサクッと変換してくれます。

「URLエンコード・デコード | すぐに使える便利なWEBツール」のスクリーンショット

URLのエンコード・デコードツールです。

例えば、「%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94」の文字列を、「りんご」と日本語に戻せます。日本語が含まれるURLをそのまま表示したい時、逆に、わざと文字化け(エンコード)したい時に便利です。

サイトにアクセスして、テキストボックスにURL、またはその一部を貼り付けます。エンコードするかデコードするか選択して、変換するボタンをクリックします。瞬時に変換後のURLを出力してくれます。

「パーセントとアルファベットに文字化けされたURLを、日本語に戻したい!」という時におすすめです。ウェブサイトなので、どのブラウザからでもアクセスできます。

以前、Chrome拡張機能「URLを日本語のままコピー」というのを紹介しましたが、導入するのが嫌な場合、本サービスを使ってみるといいかなと思います。また、本サービスでは、拡張機能では対応していない一部ページでも無理やり変換できます。

提供元:DMZ Corp

アクセス方法

以下のボタンからアクセスできます。

使い方

デコード

サイトにアクセスして、デコードするかエンコードするかを選択します。パーセントとアルファベット表記になっているURLを、日本語に戻したい場合は、「デコードする」を選択します。

選択できたら、2番にあるテキストボックスにURLを入力します。試しに、Amazon「業務用チョコレート」の検索結果ページを入力してみます。URLのパーセントとアルファベットの部分だけでもOKです。

変換するをクリックします。

エンコードするかデコードするか選択して、URLを入力する

右側のボックスに変換後のURLが表示されます。そのまま範囲選択してコピーできます。

デコード後のURLが出力される
::通常
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

::デコード後のURL
https://www.amazon.co.jp/s?k=業務用チョコレート
ポイント

Chrome拡張機能「URLを日本語のままコピー」では、一部サイト(Chromeウェブストア、内部ページ)では動作しません。本サービスの場合、どのサイトでも無理やりデコードできます。

Chromeウェブストアなどの特殊なサイトもデコードできる

ブラウザの権限に左右されないウェブサイトならではの強みですね。

エンコード

1番のオプションを「エンコードする」にします。2番のテキストボックスに、日本語が含まれるURLを入力します。変換するをクリックすると、右側にアルファベットとパーセントに変換されたURLが出力されます。

エンコード後のURLが出力される
::通常
https://www.google.com/search?q=りんご

::エンコード後のURL
https://www.google.com/search?q=%E3%82%8A%E3%82%93%E3%81%94

感想

以上、URLを入力して「変換する」ボタンをクリックするだけの簡単操作で、URLをエンコード、デコードするウェブサイト「URLエンコード・デコード | すぐに使える便利なWEBツール」についてでした。

Vivaldiブラウザを使っている場合、ウェブパネルとして登録すると便利かもしれません。

Posted by ナポリタン寿司