【Windows11】Androidアプリを導入してみた!手順解説

Windows11

Android用Windowsサブシステムのアイコン

この記事では、正規の方法で、Windows11にAndroidアプリを導入する方法について書きます。

2022年8月時点だと、結構、制約が多いです。今後に期待です。

【Windows11】Androidアプリを導入してみた!手順解説

2022年8月後半くらいから、ついに日本のWindows11で、Androidアプリがサポートされました。「Android用Windowsサブシステム(Windows Subsystem for Android)」と呼ばれるやつです。これにより、PCでAndroidアプリがインストール&プレイできます。

実際に僕の環境にも導入してみましたが、特に問題なく、Androidのゲームなどがプレイできました!すごいです。音もちゃんと出ます。複数のアプリを同時起動も可能でした。

普通のアプリと変わらないので、自由にウィンドウサイズなどを変更できました。

今まで、エミュレーターを導入することでも、プレイできていましたが、わざわざAndroid自体を導入しないといけなかったので、少々初心者にはハードルが高かったです。

今回の場合は、Windows11が正式にアナウンスしている公式機能です。Androidのエミュレーターを導入するよりかは、楽に導入できます。

ただし、2022年8月時点では、かなり制約が厳しいです。具体的には、以下のような条件・制約があります。

  • Windows 11 バージョン 22H2以降(8月時点では、Windows Insider Programのみ)
  • 最低限のシステム要件(RAM8GB以上、ストレージはSSD、プロセッサはIntel Core i3 8th Gen以上など)
  • Amazon Appstore」経由でしかインストールできない(Google Playストア非対応)
  • 「Amazonアプリストア」なので、Amazonのアカウントが必要
  • 「Amazonアプリストア」にあるアプリ・ゲームは少ない

Windows11といっても、22H2以降にしか対応していません。8月時点では、22H2はまだ一般にリリースされていません。今年の秋にアップデートされるようです。

僕は、Windows Insider Programと呼ばれるWindows11の先行バージョンに参加しているので、8月でも利用できました。

とりあえず、その要件さえ満たしておけば、いけると思います。スペックは、Windows11にしている方なら、クリアできていると思います。(多分)

Windows11のバージョンは、設定→システム→バージョン情報にある「Windowsの仕様」→バージョンからチェックできます。22H2、あるいはそれ以降になっていればOKです。

Windows11のバージョン確認画面

問題は、使える条件を満たしたところで、欲しいアプリがない場合ですね…。僕が見た感じ、Google Playと違って、Amazonアプリストアには、全然アプリがありませんでした。これから、一気に普及するのでしょうか。楽しみです。

記事執筆時の筆者のWindowsバージョン:Windows 11 Home 22H2 22622.575

Windows11でAndroidアプリを使うための手順

初回セットアップ&インストール

Microsoftストアからインストールできます。

上記ボタンをクリックすると、ストアページが開きます。

Amazonアプリストアのインストール画面

「インストール」ボタンを押すと、セットアップ画面が表示されます。「セットアップ」をクリックします。

Amazonアプリストアのセットアップ画面1

「Android用Windowsサブシステム」のセットアップに移ります。Androidアプリを動かすのに必要なアプリのことです。単にAmazonアプリストアだけだと動作しません。こいつもセットでインストールします。

「ダウンロード」をクリックします。ここのチェックボックスは、付けなくてもOKです。

Android用Windowsサブシステムのセットアップ画面1

「次へ」をクリックします。

Android用Windowsサブシステムのセットアップ画面2

ダウンロードが開始されるので、待ちます。なんだかんだ数分ほどかかりました。PCの再起動を催促されるので、他のアプリを終了してから、「再起動」をクリックします。PCが再起動されます。

Android用Windowsサブシステムのセットアップ画面3

Amazon Appstoreからアプリのインストール

PCを再起動すると、自動的にAndroid用Windowsサブシステムアプリが立ち上がります。「起動しないよ~」という方は、スタートメニュー→「Android用Windowsサブシステム」をクリックします。

Android用Windowsサブシステムのセットアップ画面4

Amazonアプリストアが起動します。Google Playじゃないのが少し残念ですね。Amazonのサービスなので、Amazonにログインする必要があります。ログイン作業は、初回のみです。

僕は、既にアカウントを所持しているので、「Amazon.co.jpをご利用中ですか?サインイン」をクリックします。

Amazonアプリストアのセットアップ画面2

ID、パスワードを入力します。

Amazonアプリストアのセットアップ画面3

Amazonアプリストアが起動します。

Amazonアプリストアのセットアップ画面4

画面の見方などは、Google Playと似ているので、特に戸惑うことはないと思います。

Amazonアプリストアのスクリーンショット

ゲームは、100個あるかないかくらいだと思います。いや、100もないな…。モンスト、パズドラ、マインクラフトはなかったです。荒野行動はありました。有料だとクロノ・トリガー、Perfect Viewerなどがありました。

そもそも一覧に全部のアプリが表示されなかったので、上部の検索ボックスを活用しないといけませんでした。現在インストールできるアプリを、一覧で表示してくれたら便利なのに。

試しに、「エピックセブン」と呼ばれるゲームをインストールしてみます。アプリの詳細ページに飛んで、「入手」をクリックします。

Amazonアプリストア エピックセブンのインストール画面

インストールが開始されるので待ちます。

「アプリ内購入(課金)」の無効化

アプリインストール中に、設定を眺めていたら、アプリ内購入を無効にするオプションを見つけました。

無効化したい場合は、左側の「設定」→「アプリ内課金を許可する」をオフにします。これで、うっかり課金してしまうリスクを防げると思います。

Amazonアプリストアの設定画面→アプリ内購入

アプリの起動

アプリストアの左上にあるユーザー名をクリックすると、インストールしたアプリが一覧表示されます。「開く」で起動できます。

Amazonアプリストア こんにちは、ナポリタン寿司さんの画面

またはスタートメニューにあるので、そちらからでも起動できます。他のWindowsアプリと一緒の扱いなので、スタートメニュー・タスクバーへのピン留め、デスクトップのショートカットアイコンなどが可能です。ここは便利ですね。

スタートメニュー内にある「エピックセブン」の画面

アプリが起動します。おぉぉ~~すごいです。普通にプレイできます。

まぁ、タップ操作を前提に作られているスマホゲームの場合、ちょっと操作しにくいです。PCの場合は、マウスクリックがタップですからね。

エピックセブンをWindows11で起動した画像

なお、一部ゲームは、キーボードに も対応しているようです。移動が、WASD、決定ボタンがEnterです。詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

実際に起動してみた動画

実際にスマホゲームをWindows11で起動してみた動画を貼っておきます。問題なくプレイできました。カクツキも感じませんでした。スペックによるのかもしれません。

ウィンドウなので、サイズ変更、最小化、位置調整が可能です。

ちょくちょく落ちる?

なぜか、僕の環境だと、ちょくちょくアプリ自体が強制終了しました。まだリリースされて間もないので、安定していないのかもしれません。

ゲーム自体だけでなく、Amazonアプリストアも起動しなかったり、起動してもすぐ落ちたりと、全然安定しませんでした。

アプリのアンインストール

他のアプリと同じで、Windows11の設定→アプリ→インストールされているアプリから削除できます。

Windows11のアプリ→インストールされているアプリ画面

感想

以上、Windows11にAndroidアプリを導入する手順でした。

Windows11が登場してから、もうすぐ1年がたちますが、「ようやくきたかー!!」といった感じです。非公式の方法で、Google Playを入れることが可能ということは知っていましたが、正式に来るまで我慢していました。

実際に使ってみて思ったのが、そもそもWindows11使ってまで、プレイしたいAndroidアプリ・ゲームなかったな…ってことです。僕、スマホゲーム全然しないですし…。(なんじゃいそりゃ…)

せめて、もっと対応アプリが増えてくれれば、可能性が広がるんですけどね。

Posted by ナポリタン寿司