【Floorp】メニューバーのCSSから好きなエディターで開く方法

Floorp

Floorpのアイコン

この記事では、Floorpブラウザのメニューバーにある「CSS」のテキストエディターを、メモ帳ではなく、Visual Studio Codeなどの別のエディターで開く方法について書きます。

【Floorp】メニューバーのCSSから好きなエディターで開く方法

「about:config」の「view_source.editor.path」を書き換えます。自分が開きたいテキストエディターのパスを記述するだけで、サクッとメモ帳以外にできます。

Floorpには、メニューバーと呼ばれる機能があります。色々な機能にサクッとアクセスできるバーのことです。

右上のメニューアイコン→その他のツール→ツールバーをカスタマイズ→下部にある「ツールバー」のドロップダウンリストから、オンオフできます。

その中に、「CSS」という項目があります。Floorpは、自分でブラウザやウェブサイトの外観をカスタマイズできるカスタムCSS機能を搭載しています。

「CSS」は、そのファイルにアクセスするための項目なんですが、メニューバー経由だと、OS標準内蔵のメモ帳が開いてしまいます。Windowsの場合は、メモ帳ですね。

普段、僕はMicrosoftのVisual Studio Codeを使っているので、できればそちらで開いてほしいです。

ということを、以前、Floorpの記事にひっそり書いていました。

すると、なんということでしょう。読者様がメールにて、こうすれば変えられますよ~と教えてくださいました。すごいです。感謝感謝です。

同じように、好きなテキストエディターで開きたいと思っている方、ぜひ参考にしてみてください。

FloorpのCSSファイルを好きなテキストエディターで開く方法

Floorpを起動して、アドレスバーに以下のURLを貼り付けて実行します。

about:config

「危険性を承知の上で使用する」をクリックします。

「about:config」の警告画面

「about:config」を開けたら、ページ内の検索ボックスに以下の文字列を貼り付けます。

view_source.editor.path

1つだけヒットするはずです。その項目の右にある鉛筆マークをクリックします。

FloorpのカスタムCSSを好きなテキストエディターで開く手順画像1

テキストボックスが表示されるので、そちらに開きたいテキストエディターの実行ファイルを記述します。例えば、僕のVisual Studio Codeだと、以下のようになります。テキストエディターの実行ファイル場所は、各自で調べてみてください。

C:\Users\Naporitansushi\AppData\Local\Programs\Microsoft VS Code\Code.exe

書き込めたら、右横のチェックマークをクリックします。

FloorpのカスタムCSSを好きなテキストエディターで開く手順画像2

この状態で、メニューバーのCSSファイルにアクセスしてみます。メニューバー→CSS→メニュー→「userChrome.cssを編集」、または「userContent.css」をクリックします。

FloorpのカスタムCSSを好きなテキストエディターで開く手順画像3

指定したテキストエディターで開かれます。

FloorpのカスタムCSSを好きなテキストエディターで開く手順画像4

感想

以上、Floorpブラウザで、メニューバーからカスタムCSSファイルを開く際、任意のテキストエディターで開く方法でした。

全然関係ないんですが、当サイトの読者様のPC知識が高すぎて、毎回感心です。今回の件も含めて、数日に1回のペースで何かしらの情報をいただくのですが、毎回レベルが高すぎて…。

堂々とPC初心者ですって書いてんのに、集まるのはPCつよつよさんばかり…。困ったもんだぜ…(嘘です、嬉しいです。もっと叩き込んでほしいです。)

Posted by ナポリタン寿司