【Windows11】英語USキーボードに勝手に切り替わる原因と対処法

2022年1月12日Windows11

Windows11のアイコン

この記事では、Windows11で、勝手に「英語(US)キーボードレイアウト」に切り替わる現象の原因と解決方法について書きます。

フリーソフト「Explorer Patcher for Windows 11」の一部設定が原因の可能性が高いです。

Windows11のキーボードレイアウト画像

Windows11で勝手に英語(US)キーボードに切り替わる問題は、Windows11の外観をWindows10に戻すツール「Explorer Patcher for Windows 11」が原因の可能性が高いです。

具体的には、EP11の「Windows switcher(ウィンドウ スイッチャー)」のデザインを、「Simple Window Switcher」にしているのが原因です。こちらを、「Simple Window Switcher」以外のWindows11やWindows10スタイルにすれば、発生しないかと思います。

あくまで、「かもしれない」というだけで、確証はありません。確実に発生しないようにするには、本ソフトをアンインストールするのみです。

本ソフトをインストールしていない状態で、この現象が発生する事例は聞いたことがありません。高確率で「Explorer Patcher for Windows 11」が原因かなと思います。

「Explorer Patcher for Windows 11」については、下記記事を参考にしてみてください。

作者様は、英語圏の方なので、このような不具合が発生していると考えられます。

Windows11にしてからというものの、なぜか勝手に英語(米国)USキーボードに切り替わるなぁと思ってました。日本語に切り替えるために、毎回ショートカットキーのWindows+スペースを押さないといけないのが手間でした。

調べると、Windowsの設定が原因ではなかったようです。

英語に切り替わらないようにする方法

1つ目の方法を試してみて、改善されないようでしたら、諦めてアンインストールします。

  1. EP11の設定を変更する
  2. EP11の削除

「Simple Window Switcher」以外にする

「Explorer Patcher for Windows 11」の設定を開きます。Windows+Rで、以下のコマンドを実行すると起動します。

rundll32.exe C:\Windows\dxgi.dll,ZZGUI

左側の「Windows switcher」をクリックします。

一番上の「Windows switcher(Alt+Tab)style」を、「Simple Window Switcher」以外にします。恐らく、英語キーボードに切り替わる方は、全員シンプルスイッチャーにしているかと思われます。していなかったら、ごめんなさい。

「Explorer Patcher for Windows 11」のスクリーンショット1

これで、状況が改善されたかどうか試してみてください。

もし改善されないようでしたら、一旦設定をバックアップ(About→Import setting)して、「Restore default settings(設定のリセット)」でリセットしてみてください。

何も設定を弄っていない状態でも発生するのかどうか観察してみます。発生しなかったら、「Explorer Patcher for Windows 11」自体が悪いというより、「Explorer Patcher for Windows 11」のどこかの設定を変更したから、不具合が発生しているということです。該当の設定場所を探してみましょう。

EP11の削除

上記の項目で改善されなかった場合は、諦めて「Explorer Patcher for Windows 11」をアンインストールします。削除する際、設定をデフォルトに戻すことをおすすめします。削除しても、残骸が残る可能性があるためです。

設定を開いて、「About」→「Restore default settings」をクリックします。下記画像は、日本語版の画像です。

「Explorer Patcher for Windows 11」のスクリーンショット2

リセットできたら、Windows11の設定を開きます。アプリ→「インストールされているアプリ」をクリックします。「ExplorerPatcher」を探して、三点リーダー(…)→アンインストールをクリックします。

「Explorer Patcher for Windows 11」をアンインストールする手順画像

自動的にエクスプローラーが再起動して、アンインストールされます。

エクスプローラーが再起動せずに、デスクトップ、タスクバーが真っ白のままだという場合は、タスクマネージャーから強制的に再起動します。エクスプローラーを開いている場合は、「×」で終了しときます。

Ctrl+Shift+Escをクリックします。タスクマネージャーが起動するので、ページをスクロールしてエクスプローラーを探します。見つけたら、右クリック→「再起動」をクリックします。

2つある場合は、どちらでも構いません。1つを再起動しても変化がない場合は、もう一つの方を再起動してみてください。

タスクマネージャーのスクリーンショット

感想

以上、Windows11で、英語USキーボードレイアウトに、勝手に切り替わる問題の原因と対処法についてでした。まさか、「Explorer Patcher for Windows 11」が原因だったなんんて思いもしませんでした。

最近は、Windows11も徐々にアップデートで改善されていっているので、いつの日か本ソフトがいらなくなる日も来るのかもしれませんね。今後が楽しみです。

Posted by ナポリタン寿司