【Windows11】英語USキーボードレイアウトに勝手に切り替わる原因と対処法

2022年1月12日Windows11

Windows11 のアイコン

この記事では、Windows11 で勝手に切り替わる英語(US)キーボードレイアウトについて書きます。

Explorer Patcher for Windows 11 が原因の可能性が高いです。

タスクバーのキーボードレイアウト

Windows11 で勝手に英語(US)キーボードに切り替わる問題は、Windows11 の外観をWindows10 に戻すツールExplorer Patcher for Windows 11が原因の可能性が高いです。

特定のバージョン以降、この不具合が発生するようになりました。

まずは、本記事で紹介している方法を試す、ダウングレード(バージョンを落とすこと)してみるなどを試してみます。それでもダメな場合は、アンインストールすることが一番の解決策になります。

僕の環境だと、2021年11月16日公開の「22000.318.37.5」で、この不具合が発生しないことを確認できました。しかし、あくまで僕の環境なので、保証はできません。

EP11 については下記記事を参考にしてみてください。

参考:【Explorer Patcher for Windows 11】Windows11の外観をWindows10に戻すツール | ナポリタン寿司のPC日記

EP11 の作者様は、英語圏の方なので、このような不具合が発生していると考えられます。

Windows11 にしてからというものの、なぜか勝手に英語(米国)USキーボードに切り替わるなぁと思ってました。日本語に切り替えるために、毎回ショートカットキーのWindowsスペースを押さないといけないのが手間でした。

調べると、どうやらWindows の設定じゃなくて、EP11 が悪さをしているということに気づきました。

2022年1月12日現在、この不具合は改善されていないので最もよい対策としては、削除しかありません。

今後のアップデートで修正される可能性もあります。

2022年1月12日追記

1月12日以前までは、Windows11 が悪いとばかり思っていて、レジストリエディターを使って強制的に英語キーボードを削除する方法を紹介していました。

しかし、実際はWindows の設定は関係なく、EP11が原因でした。

そのせいで、レジストリエディターを使って削除しても勝手に切り替わってしまう問題が発生していたようです。

記事を書くにあたって、しっかりと原因を追究すべきでした。

間違った解決策を提示してしまい、大変申し訳ございませんでした。

また、本記事ではダウングレードすることも解決策として紹介していますが、あくまで僕の環境での話です。人によってはダウングレードしても改善されない可能性があります。

何かあればコメント欄にて教えてくださればなと思います。

方法

下記3項目の順番に沿って試してみましょう。

1番と2番で改善されるのがベストですが、改善されない場合もおおいにあります。

  1. Windows の設定から色々変更
  2. EP11 のダウングレード
  3. EP11 の削除

改善されない場合は、諦めてアンインストールします。こちらで代替案をいくつか紹介しています。

English キーボードのインストール

勝手に英語(米国)USキーボードに切り替わる…ってことは、いつの間にか英語のキーボードが追加されているってことです。

しかし、Windows 設定を見ても日本語しかありません。そこで、一旦英語キーボードを追加して、削除してみることで解決するかもしれません。

設定を開いて、時刻と言語 → 言語と地域をクリックします。

設定 - 時刻と言語

優先する言語の「言語の追加」をクリックします。

優先する言語 - 言語の追加

English(United States)を見つけて選択して、「次へ」をクリックします。

インストールする言語を選択してください

音声合成、音声認識、手書き入力のチェックを外します。言語パックのみにチェックが入っている状態です。

言語機能のインストール -

インストールできたら、三点ボタン → 削除 で消します。

英語(米国)言語の削除

これで、目に見えないけど勝手にインストールされている英語キーボードを削除できます。もしかすると、これで改善するかもです。

Microsoft IME のリセット・変更

2022年1月13日に興味深い方法を発見しました。もしかしたら改善されるかもです。

Windows の設定を開きます。時刻と言語 → 言語と地域をクリックします。

日本語の横にある三点ボタンをクリック → 言語のオプションをクリックします。

言語と地域 - 日本語

キーボードのMicrosoft IME の三点ボタン → キーボードオプションをクリックします。

オプション - キーボードオプション

全般をクリックします。

Microsoft IME の設定

既定の設定の「復元」をクリックします。これで修正されるか確認してみてください。

修正されない場合は、「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」を切り替えてみてください。オンにしていた場合はオフにして、オフの場合はオンにして…って感じです。

全般 - 以前のバージョンの Microsoft IME を使う

これだけで修正されればいいんですが、多分無理なんじゃないかなぁと思います。これでできたらラッキー程度で試してみてください。

下記サイトに書いてありますが、本不具合は日本語特有ではなく、英語以外の言語で発生しているようです。

参考:Matching keyboard language to Settings language automatically · Discussion #597 · valinet/ExplorerPatcher · GitHub

EP11 のダウングレード

こちらの方法で予め現在インストールされているEP11 を削除しといてください。

削除したら、一旦PCを再起動しておきます。

綺麗な状態でEP11 を再インストールする必要があるためです。再起動しておかないと、結局英語キーボードの不具合は引き継がれたまま…といったことが起きる可能性があります。

以下のサイトから、古いバージョンのEP11 をダウンロードします。恐らく下記バージョンより前のバージョンだと大丈夫です。

2022年1月14日追記

コメント欄にて教えていただいたのですが、ダウングレードすることにより状況は改善されるどころか、シンボルのダウンロードが正常に行わらずにエクスプローラーの再起動を繰り返すというむしろ最悪の状況になる可能性があるようです。

このことから、パソコンに精通していない初心者さんは、ダウングレードはしないようにしましょう。やはり、現状EP11 を使わないことが一番です。

何かあっても直接お助けできるわけではないので、(せいぜいコメント欄でのやりとり程度)ダウングレードは自己責任でお願いいたします。

ダウンロードできたら、起動してインストールします。

少し古いバージョンのep_setup.exe

待っていれば勝手にインストール、エクスプローラーが再起動します。

シンボルと呼ばれる必要なファイルが再インストールされるかもしれません。

このダウンロードは、5分程度かかる可能性があります。それまでは、タスクバーが点滅してエクスプローラーが再起動を繰り返す可能性があります。とにかく焦らずに待ってみましょう。

シンボルがダウンロードされている時は、右下にエクスプローラーアイコンで英語の通知が表示されます。

完了したら「Succeeded!」的な通知が表示されるはずです。(文章は忘れました)この通知が表示されるまでは、EP11 が使えないので気長に待ちましょう。

インストールが完了すると、プロパティ画面が表示されます。

問題なく、タスクバーをWindows10 に戻すといったことができます。英語キーボードレイアウトに切り替わる問題は発生しなくなっているはずです。

Explorer Patcher のスクリーンショット

少し古いバージョンなので、現行バージョンで実装されているウィンドウスイッチャー機能などは搭載されていません。

上記の方法でも、改善されない場合は仕方ありません。EP11 を削除します。

EP11の削除

以下のサイトから、最新バージョンのEP11をインストールします。

既にアンインストーラー用のEP11を所持している場合は、ダウンロードしなくてもOKです。

「ep_setup.exe」をクリックします。

ep_setup.exeのダウンロード

ダウンロードできたら、適用な場所に配置します。

ep_setup.exeを適用な場所に配置する

名前を「ep_uninstall」に変更します。

ep_uninstall

名前を変更できたら、起動します。「はい」をクリックします。

Explorer Patcher for Windows 11 のアンインストール

自動的にエクスプローラーが再起動して、アンインストールされます。

エクスプローラーが再起動せずに、デスクトップ、タスクバーが真っ白のままだという場合は、タスクマネージャーから強制的に再起動してみます。

エクスプローラーを開いている場合は、「×」で終了しときます。

CtrlShiftEscをクリックします。

タスクマネージャーが起動するので、ページをスクロールしてエクスプローラーを探します。見つけたら、選択して右下の「再起動」をクリックします。

2つある場合は、どちらでも構いません。1つを再起動しても変化がない場合は、もう一つの方を再起動してみてください。

タスクマネージャー - エクスプローラーの再起動

【代替案】右クリックメニュー

EP11 を削除した方のために、代替案を紹介します。

右クリックメニューを以前のWindows10 に戻す方法です。EP11 と同じように右クリックメニューをWindows10 の時のごちゃごちゃした状態に戻せます。

Windows10 の右クリックメニュー

Windows ボタンを右クリック → Windows ターミナル(管理者)をクリックします。

Windowsターミナルの起動

以下のコードをコピペしてEnterを押します。

reg.exe add “HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32” /f
Windowsターミナルに右クリックメニューを元に戻すコマンドを入力

「この操作を正しく終了しました」と表示されればOKです。

この操作を正しく終了しました

続いてPCの再起動、またはエクスプローラーの再起動をします。PCよりもエクスプローラーの再起動の方が簡単です。

Ctrl+Shift+Escを押すか、Windows ボタンの右クリック → タスクマネージャーをクリックします。

Windowsボタン - タスクマネージャー

タスクマネージャーが開くので、エクスプローラーを探して、右下の「再起動」をクリックします。

エクスプローラーの再起動

Windows ターミナルで以下のコマンドを実行することでも再起動できます。好きな方でエクスプローラーを再起動してみましょう。

taskkill /f /IM explorer.exe

上記コマンドを実行した後に、AltTabを活用して本記事に戻ってきます。続いて、以下のコマンドを実行します。

start explorer.exe

再起動すると、右クリックメニューがWindows10 の頃に戻ります。

Windows11 のコンテキストメニューをWindows10に戻した比較画像

ただし、こちらの方法はレジストリを弄って変更しているため、Windows の大型アップデート等で元に戻る可能性があります。その時に再び使えるかどうかは不明です。

元のWindows11 の右クリックメニューに戻すには、以下のコマンドを実行 → エクスプローラーを再起動します。

reg.exe delete “HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}” /f

この方法は、下記サイトを参考にさせていただきました。感謝です。

参考:Command to get old Windows 10 context menu in Windows 11

【代替案】エクスプローラーのリボン表示

右クリックメニューの時と同じように、Windows ターミナルを管理者権限で起動します。

下記のコマンドを実行します。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /v "{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}" /t REG_SZ /f

「この操作を正しく終了しました」と表示されればOKです。

エクスプローラーのリボン表示コマンドの実行

エクスプローラーを再起動します。

リボン表示がWindows10 の頃に戻ります。

Windows10のリボン表示に戻る

元に戻す時は、下記のコマンドになります。

reg delete "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked" /f

こちらの方法は下記サイトを参考にさせていただきました。感謝です。

参考:Windows 11のエクスプローラーを機能豊富なWindows 10風に戻す【上級者向け】:Tech TIPS – @IT

【代替案】有料ソフトを使う

有料ソフト「StartAllBack」を使う方法です。

本ソフトを使うことで、EP11 と同じようにWindows11 のあちこちをWindows10 に戻せます。タスクバーの結合設定も解除できます。

StartAllBack のスクリーンショット

詳しくは下記記事を参考にしてみてください。

参考:【StartAllBack】Windows11の外観をWindows10風に戻す有料ソフト | ナポリタン寿司のPC日記

まとめ

以上、Windows11 で英語USキーボードレイアウトに勝手に切り替わる問題の原因と対処法についてでした。

Posted by ナポリタン寿司