【Stylebot】YouTubeの通知欄の横幅、高さを広げるCSS

2022年5月23日YouTube

YouTubeのアイコン

この記事では、YouTubeの右上の通知ボタン()を、クリックした時の通知欄の横幅と高さを広げるCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を使います。

【Stylebot】YouTubeの通知欄の横幅、高さを広げるCSS

本記事で紹介するCSSを使えば、YouTubeの通知欄の横幅、高さを好きなように調整できます。おまけで、通知欄の項目間の余白具合の調整、フォントサイズの変更も紹介します。

通常、YouTubeの通知ボタンをクリックしたに表示される通知欄は、下記画像のようになっています。人によっては、かなり狭いと感じるかもしれません。

通常のYouTubeの通知欄画像

CSSを使うことで、自由自在に広げられます。通知欄のコメントの横幅も広げます。「YouTubeの通知欄が狭すぎて見にくい!広くしたい!」という方、ぜひ試してみてください。いつでもオンオフできます。

通知欄を広げて、さらに項目間の余白を縮めることで、よりきゅっとなって、見やすくなります。

Stylebotは、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」でインストールできます。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

YouTubeの通知欄をカスタマイズする手順

通知欄の横幅を変えるCSS

YouTubeにアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*通知欄の横幅*/
ytd-multi-page-menu-renderer[menu-style="multi-page-menu-style-type-notifications"] {
  width: 800px !important; /*好きなサイズを入力*/
}

/*通知欄のコメント*/
ytd-multi-page-menu-renderer[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] {
  width: 100% !important;
}

「width」が横幅という意味です。「800px」の数値を変更することで、好きなサイズにできます。もっと広げたい場合は、数値を大きくします。「通知欄のコメント」は、何も弄らなくてOKです。

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebotのスクリーンショット2

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:www.youtube.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

YouTubeの通知欄を開きます。指定したサイズに広がります。広がらない場合は、一旦ページをリロードします。

YouTubeの通知欄の横幅を、CSSで広くした画像1

実際に、オンオフしてみた比較GIF画像を貼っておきます。かなり見やすくなります。

YouTubeの通知欄を広げるCSSのオンオフGIF画像

通知欄でコメント通知をクリックすると表示されるコメントページの横幅も調整されます。

無効にしたい場合は、Stylebotの「www.youtube.com」をオフにするか、書き込んだコードを削除します。

YouTubeの通知欄の横幅を、CSSで広くした画像2

通知欄の高さを変えるCSS

最初に紹介したCSSは、横幅のみです。高さも調整したい場合は、1番目のCSSではなく、こちらを使ってみてください。1番目のCSSと基本は一緒だけど、「min-height」を付け足すということですね。

/*右上の通知ボタンをクリックした時の通知欄の横幅と高さ*/
ytd-multi-page-menu-renderer[menu-style="multi-page-menu-style-type-notifications"] {
  width: 800px !important;
  min-height: 700px !important;
}

/*通知欄のコメント*/
ytd-multi-page-menu-renderer[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] {
  width: 100% !important;
}

通知欄が高くなります。

YouTubeの通知欄の高さを、CSSで広くした画像

項目間の余白を縮めるCSS

通知欄の項目間の余白を狭めたい場合、追加で以下のCSSを書き込みます。横幅・高さを変更するCSSと併用OKです。

/*通知欄の項目間の余白*/
[menu-style="multi-page-menu-style-type-notifications"] ytd-notification-renderer {
  padding: 4px 0;
}

通知項目の間の余白がきゅっとなって、一覧に表示される通知数が増えます。ちょっと窮屈にはなりますが、とにかく沢山の情報を一目で見たいという方にはおすすめです。

YouTubeの通知欄の余白具合を調整した比較画像

「4」の数字を調整することで、余白具合を変更できます。もっと余白を増やしたい場合は、数字を大きくします。

「4」の隣にある「0」は、左右の余白具合です。左右は、別になくてもいっかと思い、余白0にしています。左右の余白も欲しい場合は、「padding: 4px 3px;」といった感じで、0から数字を増やしてみてください。

フォントサイズを変えるCSS

通知欄のフォントサイズを小さくしたい場合は、下記コードを利用します。今まで紹介したCSSと一緒に追加で書き込むという形です。

/*通知欄自体のフォントサイズ*/
yt-formatted-string.message.style-scope.ytd-notification-renderer,
.metadata.style-scope.ytd-notification-renderer {
  font-size: 11px;
}

/*通知欄のコメントのフォントサイズ*/
[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] span,
[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] #content-text,
[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] a,
[menu-style=multi-page-menu-style-type-comments] #text {
  font-size: 11px;
}

「11px」という数字で、サイズを調整できます。大きくしたい場合は、数字を大きくします。

感想

以上、YouTubeの通知欄の横幅と高さを、CSSで広げる方法でした。

広くすると、見やすくなっていい感じです。僕の場合、高さの調整コードは使っていません。

合わせて読みたい

通知欄やプロフィールアイコンをクリックした時のポップアップメニューを、すりガラスレイアウトにすることも可能です。

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。ガラスのタイルが浮いているようで美しいです。

YouTubeの通知欄をすりガラスデザインにした画像

Posted by ナポリタン寿司