【Amazonの個人情報を隠します】郵便番号を非表示にする拡張機能

2021年11月9日Chrome拡張機能,ブログ

Amazonの個人情報を隠しますのアイコン

この記事では、Amazonのトップページに表示される「お届け先の郵便番号」の部分を非表示にするChrome拡張機能「Amazonの個人情報を隠します」について書きます。

【Amazonの個人情報を隠します】郵便番号を非表示にする拡張機能

Amazonの画面上部の検索ボックス左側に表示される「お届け先の郵便番号」を非表示にするChrome拡張機能です。

本拡張機能を導入するだけで、Amazonページの検索ボックス横の郵便番号が非表示になります。

Amazonのサイトでスクリーンショットを撮影して、SNSやブログなどで投稿する方向けの拡張機能です。郵便番号=個人情報が非表示になるので、いちいちモザイクをかけなくて済みます。

モザイク作業が苦じゃない人は、本拡張機能を導入しなくてもいいのですが、人間なのでどうしてもモザイクかけ忘れる時があると思います。本拡張機能を導入しておけば、モザイクをかける手間が省けるし、うっかりモザイクし忘れて個人情報を晒してしまうリスクも回避できます。

僕は、ブログにAmazonのスクリーンショットを貼る時がちらほらあります。本記事もまさにそうです。その度に住所を、ばれないように画像編集ソフトでモザイクをかけています。かなり手間です。本拡張機能を導入することで、この作業から解放できます。

HTMLとCSSで構成されているシンプルなつくりになっているので、セキュリティ面でも安心です。心配な方は、Githubでソースコードを確認できます。情報が抜かれるといったことはありません。

あくまで検索ボックス横の郵便番号の非表示なので、他のデザインを壊すことはありません。他のAmazon関連の拡張機能とも併用できます。

配信者や、ブロガー、SNSにAmazonのスクショをアップロードする方におすすめです。

本拡張機能は、Chrome専用でFirefoxなどでは使えないので気を付けてください。Chrome、Vivaldi、EdgeなどのChromiumベースのブラウザで利用できます。

2022年3月3日追記

本拡張機能は、郵便番号のみの非表示です。検索ボックス右側の名前に関しては表示されます。

右側の名前も非表示にしたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。以下の記事を参考にする場合、本記事で紹介する拡張機能は不要です。

提供元:yuki0311.com(Twitterはこちら
記事執筆時のバージョン:1.0(2020年4月14日)

ダウンロード方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

「Chromeに追加」をクリックします。

Amazonの個人情報を隠しますのインストール

右上に、Amazonの個人情報を隠しますのアイコン拡張機能ボタンが追加されればOKです。基本的には使わないので、右クリック→ボタンを隠すで非表示にしておくといいかなぁと思います。

Chrome拡張機能ボタン

クリックしても、拡張機能の説明、開発者様のサイトへのリンクが表示されるだけです。

Amazonの個人情報を隠しますのスクリーンショット

使い方

使い方は簡単です。

インストールできたら、Amazonにアクセスするだけです。既にAmazonのサイトを開いている場合は、リロード(F5)する必要があります。

お届け先の郵便番号が、綺麗に消えます。無駄な余白などもできません。ロゴと検索ボックスががっちんこして、あたかもなかったようなデザインになります。

Amazonのお届け先郵便番号が非表示になる

設定・購入ページでは確認できる

トップページや商品ページのお届け先の郵便番号を非表示にするだけなので、設定や購入画面では、ちゃんと表示されます。

購入画面では住所は表示される

感想

以上、Amazonのお届け先郵便番号を非表示にするChrome拡張機能「Amazonの個人情報を隠します」についてでした。

些細な機能なんですが、ブロガーにとっては、かなり重宝する拡張機能だと思います。

Posted by ナポリタン寿司