【Clock for Game Bar】Xboxのゲームバーにアナログ時計ウィジェットを表示するアプリ

2022年1月1日フリーソフト

Clock for Game Bar のアイコン

この記事では、Xbox のゲームバーにシンプルなアナログ時計を表示するアプリ「Clock for Game Bar」について書きます。

Xbox のゲームバーを使う人におすすめです。

Clock for Game Bar のスクリーンショット

Xboxのゲームバー(WindowsG)に、アナログ時計ウィジェットを表示するMicrosoft ストアアプリです。

黒背景に白文字のインデックス(数字)でシンプルです。長針、短針は白色で秒針は青色です。「Sat 01」のように、曜日と日にちも確認できます。

世界時計に対応しており、好きな都市を登録できます。日本(東京)もあります。

元々表示されているオーディオ、パソコンのパフォーマンス、キャプチャウィジェットたちと同じように好きな場所に配置、移動できます。

Xbox のゲームバーには、デジタル時計が右上に表示されていますが、一緒に併用できます。アナログ時計が好きな人におすすめです。

「ゲームを全画面でプレイしていて、タスクバーの時計が確認できない!でもゲームバーのデジタル時計は嫌い!」って方は、試してみてください。

無料版、有料版があり、有料版だと最大4つまでの時計、デザインのカスタマイズができます。

提供元:Chan Software Solutions
リリース日:2020年11月24日

ダウンロード方法

Microsoft ストアからインストールできます。

ストアで「Clock for Game Bar」と検索するか、上記リンクからストアに飛びます。

「入手」をクリックします。

Clock for Game Bar のインストール

起動すると、チュートリアル画面が表示されます。「×」で閉じてOKです。

Help & About

「ここのボタンから、ウィジェットを表示できるよ~」、「プロ版にアップグレードするとこういうこともできるよ~」って感じのことが書かれています。

使い方

Xbox のゲームバーを起動します。WindowsGで開きます。

Xbox のゲームバー

上部にあるバーのウィジェットメニューウィジェットメニューアイコンをクリックします。

新しく「Clock」が追加されているので、クリックします。

ウィジェットメニュー - Clock

その横の星星マークをクリックすると、バーに固定表示します。頻繁に切り替える方は、固定表示しておくといいかなと思います。

アナログ時計ウィジェットが表示されます。

Clock ウィジェットが表示される

マウスで好きな場所に移動できます。自分が見やすい場所に配置してみましょう。

都市の設定

ウィジェット右上の設定ボタンから、都市の設定ができます。

Settings 画面が表示されたら、Local をクリックします。

Clock Settings - Local

Search a region に、登録したい都市名を入力します。日本の場合は、「tokyo」と入力してSearch をクリックします。

検索結果に表示される「Tokyo, Tokyo, JP」をクリックします。

Clock 1 - 都市の設定

「OK」をクリックします。

OKをクリック

そのままだと反映されないので、一旦ウィジェットを再起動します。「×」で閉じます。

×で一旦終了

再度ウィジェットメニューから、Clock を起動します。

再度時計ウィジェットを起動する

日本(東京)の時刻になります。

Tokyoの時間になる

エラーが出る場合

僕の環境だと、何回か「このウィジェットで問題が発生しました。」と表示されることがありました。

この場合、その下にある「再起動」をクリックすることで、正常に表示されるようになります。

このウィジェットで問題が発生しました。

何が原因なのかは不明です。

有料版の違い

Upgrade to Pro

有料版にアップグレードすると、世界時計を最大4つまで追加、24時間表示のデジタル時計、4つのテーマの中からデザインを選択できるようになります。

2022年1月1日現在で、価格は300円です。

どのようなデザインが使えるか気になる方は、Microsoft ストアのスクリーンショットを参考にしてみてください。

まとめ

以上、Xbox のゲームバーにシンプルなアナログ時計ウィジェットを表示するアプリClock for Game Bar についてでした。

Posted by ナポリタン寿司