【QTTabBar】連番でフォルダー・任意の拡張子を一括作成するプラグイン

QTTabBar

QTTabBarのイメージ画像

この記事では、QTTabBarの拡張プラグイン「ファイル作成ボタン詰め合わせ」について書きます。

連番フォルダー、ファイルを一括作成したり、新規フォルダー作成ボタンを追加するプラグインです。

ファイル作成ボタン詰め合わせのスクリーンショット

QTTabBarのコマンドバーに、「新しいフォルダーの作成」、「新しいテキストドキュメントの作成」、「連番ファイル作成ダイアログ」の3つのボタンを追加するプラグインです。

コマンドバーから、ワンクリックで新規フォルダー、メモ帳ファイルを挿入できます。

大量に連番フォルダーを作成したい時に便利です。

フォルダーやテキスト以外に、任意の拡張子ファイルを作成することもできます。何かの実験をする時に、適当な空のjpgファイルを大量生成するといった使い方ができます。

提供元:Quizo
記事執筆時のバージョン:1.3.0.1(2015年6月8日)

前提

本記事では、エクスプローラーにタブ機能を実装するフリーソフト「QTTabBar」を既にインストールして、簡単な使い方を知っている前提です。

Windowsのエクスプローラーが、ブラウザのタブ感覚で利用できるようになります。

1つのエクスプローラー内で複数のフォルダーを開いて作業できるので効率的です。沢山ウィンドウを開いて、行ったり来たりする必要がなくなります。

QTTabBarのスクリーンショット

ダウンロード方法

以下のサイトから、プラグインをダウンロードできます。

「ファイル作成ボタン詰め合わせ」をクリックします。

ファイル作成ボタン詰め合わせのダウンロード

ダウンロードできたら、解凍します。

CreateNewItemButtons.zipの解凍

解凍して出てきたフォルダーの中にあるdllファイルをQTTabBarに読み込ませていきます。

プラグインの有効化

タブバーの右クリック→QTTabBarのオプションをクリックします。

タブバーの右クリック QTTabBarのオプション

プラグインページを開いて、ダウンロードしたプラグインファイル(CreateNewItemButtons.dll)をドラッグ&ドロップします。

プラグイン(dll)ファイルをドラッグ&ドロップして取り込み

以下の3つの項目が追加されればOKです。

  • 新しいフォルダー
  • 新しいテキストドキュメント
  • 連番ファイル
新しいフォルダー、新しいテキストドキュメント、連番ファイルの3つが追加される

「適用」を押して、保存します。

本プラグインは、コマンドバー経由、またはショートカットキーで呼び出すプラグインです。それぞれ利用したい方法に割り当ててみましょう。

コマンドバーに登録

プラグインを追加したら、新しく設定のコマンドバーに3つの項目が登録されているので、エクスプローラーのコマンドバーにドラッグ&ドロップで登録します。

コマンドバーが表示されていない場合は、タブバーの右クリック→ツールバー→好きなコマンドバーを選択することで表示できます。

タブバーの右クリック ツールバー

僕は、コマンドバー(縦)を利用しています。

コマンドバーの使い方がよく分からない場合は、以下の記事を参考にしてみてください。コマンドバーの説明箇所に飛びます。

参考:【QTTabBar】エクスプローラーにタブ機能をつけるソフトの使い方。作業効率UP! | ナポリタン寿司のPC日記

ショートカットキー

ショートカットキーの設定項目の一番下に、「連番ファイル作成」が追加されているので、任意のキーを設定します。

ショートカットキー 連番ファイル作成

僕は、設定していません。

使い方

コマンドバーに登録できたら、あとは簡単です。

新規フォルダーの作成

追加した新規フォルダー作成ボタンアイコンをクリックします。

現在開いているタブに「新しいフォルダー」という名前でフォルダーが作成されます。既に同じ名前がある場合は、「新しいフォルダー(2)」のように連番になります。

新規メモ帳の作成

新規テキストドキュメント作成ボタンアイコンをクリックします。

現在開いているタブに、「新しいテキストドキュメント」という名前でメモ帳が作成されます。

ダイアログから一括作成

上記2つは、あくまで1クリック=1つのフォルダー・ファイル作成です。

大量に作成したい時は、その分クリックしないといけないので、少し手間です。

そんな時は、ダイアログから一括作成してみましょう。

連番ファイル・フォルダーの作成ボタンアイコンをクリックします。

現在開いているタブに対して、一括ファイル・フォルダーの作成ダイアログが起動します。

一括ファイル・フォルダー作成ダイアログ
一括ファイル作成ダイアログの設定項目
ベース名ファイル・フォルダー名
開始値どの番号から作成するか?
終了値どの番号まで作成するか?
拡張子ファイルを生成する時の拡張子を設定
ダイアログボタン 新規フォルダーの作成新規フォルダーの作成
ダイアログボタン 新規テキストドキュメントの作成新規テキストドキュメント(ファイル)の作成

フォルダーの作成

終了値に入力した数だけフォルダーを作成します。例えば、開始値0、終了値15なら、15個のフォルダーを一気に作成してくれます。

数字を入力できたら、右下のダイアログボタン 新規フォルダーの作成ボタンをクリックします。

フォルダーが一気に作成されます。

ベース名は、冒頭の固定文字のことです。

「test」と設定しておけば、「test01」、「test02」のように「ベース名+連番」になります。

何も設定しなかった場合は、01、02といったように連番のみになります。

任意の拡張子(jpgやmp4)の作成

拡張子を設定すると、その拡張子ファイルを生成してくれます。

例えば、画像ファイルの「jpg」にしてみます。「ピリオド(.)」は不要です。

任意の拡張子を入力

ダイアログボタン 新規テキストドキュメントの作成ボタンをクリックします。

大量のjpgファイルが作成されます。

大量の画像ファイル(jpg)が作成される

あくまで空ファイルなので、クリックしても画像が表示されるわけではありません。

容量は、0バイトです。

中身は空ファイルなので、容量は0バイト

感想

以上、QTTabBarのファイル・フォルダー作成をお手伝いしてくれる拡張プラグイン「ファイル作成ボタン詰め合わせ」についてでした。

新規フォルダーやファイルを沢山作成する方に、おすすめです。

Posted by ナポリタン寿司