【Empty New Tab Page】空のページをWindowsテーマの色にする拡張機能

Chrome拡張機能

Empty New Tab Pageのアイコン

この記事では、Chromeの新しいタブ(空のページ)を、Windows側で指定しているダーク・またはライトテーマの色にするChrome拡張機能「Empty New Tab Page」について書きます。

Empty New Tab Pageのスクリーンショット

Chromeの新しいタブを開いた時の空のページを、Windowsのテーマの色にするChrome拡張機能です。

Windowsでライトテーマにしている時は、Chromeの新しいタブの背景も白になります。ダークテーマにしている時は、黒(正確には灰色)になります。

以前、常に灰色にする「Blank New Tab Dark Mode」、常に真っ黒にする「Blank Dark New Tab Page」などを紹介しましたが、本記事で紹介するChrome拡張機能は、Windows側のテーマに応じて変化します。気分によって変えられます。

Chrome拡張機能だけのリリースで、Firefoxアドオンはないので注意です。

提供元:thakis@chromium.org
記事執筆時のバージョン:1.2.0(2021年9月14日)

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefoxをご利用の場合

本拡張機能は、Chrome拡張機能のみの提供で、Firefoxアドオンはリリースされていません。

Firefoxをご利用の方は、「Dark New Tab」などで代用できるかと思います。ただし、こちらはWindowsのテーマに応じて変化するのではなく、常にダークページになります。

「Chromeに追加」をクリックします。

Empty New Tab Page - Chrome ウェブストア

拡張機能のオーバーフローメニュー内に、拡張機能ボタンが追加されればOKです。

使い方

本拡張機能を導入して、新しいタブを開くと、自動的に有効になります。初回アクセス時は、「Googleに戻しますか?」とダイアログが表示されるので、「そのままにする」をクリックします。

Googleに戻しますか? このページは「Empty New Tab Page」拡張機能によって変更されました

新しいタブの空のページが、シンプルなページになります。検索ボックスやショートカットアイコンなどは表示されません。アドレスバーから検索できます。

Windowsの設定で、ライトテーマを使っている場合は、空のページの背景も白になります。

個人用設定 ライトテーマ時の「Empty New Tab Page」ページ

ダークテーマを使っている場合は、新しいタブも黒になります。正確には、完全な黒ではなく、灰色になっています。

個人用設定 ダークテーマ時の「Empty New Tab Page」ページ

起動時のページを本拡張機能のページにしたい場合は、Chromeの設定→起動時を「新しいタブページを開く」にします。

Chromeの設定→起動時→新しいタブページを開く

感想

以上、Chromeの空のページを、Windowsのテーマによって変化するページにするChrome拡張機能「Empty New Tab Page」についてでした。

ダークモード、目に優しくて好きです。

Posted by ナポリタン寿司