【Twitter】ワールドカップの国が眩しいので薄くするCSS

Twitter

Twitterのアイコン

この記事では、「Twitter(PC版)」のトレンドページに表示されるワールドカップの背景色を薄くするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」を使います。

Twitterのトレンドページに表示されるワールドカップの背景色を薄くした比較画像1

本記事で紹介するCSSを使えば、「Twitter(PC版)」のトレンドページに表示される眩しいワールドカップの結果表を薄くできます。

現在、4年に1度の大イベント「FIFAワールドカップカタール2022」が開催されています。僕は大熱中です。キリアン・エンバペ様がかっこいいです。

「Twitter」のトレンドページに結果が表示されるようになっています。背景色が、ブラジルの場合は緑、セルビアだと赤といったように、国ごとのテーマカラーになっています。

Twitterのトレンドページに表示されるワールドカップ情報画像

僕は、特に気にしていなかったんですが、読者様から眩しいという情報をいただきました。そこで、彩度を薄くする方法について書きます。好きな彩度にできます。全く興味ない場合は、モノクロにすることも可能です。

「Stylebot(スタイルボット)」は、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

「Stylebot」のインストール手順画像

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ワールドカップの国の背景色を薄くするCSS

Twitter」にアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*トレンドにあるワールドカップの国を薄く*/
a[href*="/i/events/"] .css-1dbjc4n.r-z2wwpe.r-1udh08x {
  filter: saturate(50%);
}

「saturate」が彩度という意味です。彩度を落とす場合は、0~100%の間で指定します。0~1の小数点でもOKです。「50%」は、通常(100%)の彩度より、5割ほど落とした状態にするという意味です。

完全に色をなしにしたい場合は、「filter: saturate(0);」にします。逆に100%以上の数値にしたら、彩度を強くします。

書き込めたら、右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:twitter.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

これで、国の背景色が、薄くなります。目に優しいと思います。

Twitterのトレンドページに表示されるワールドカップの背景色を薄くした比較画像2

彩度0にした画像も貼っておきます。

Twitterのトレンドページに表示されるワールドカップの背景色をモノクロにした画像

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「twitter.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、「Twitter」のワールドカップ結果表の彩度を落とすCSSでした。

ワールドカップは、「ABEMA」で見ています。無料です。コメント数ボタンは不要なので消しています。

Posted by ナポリタン寿司