【Vivaldi4.2】バージョン4.2公開!新機能「選択したテキストを翻訳」の登場!

2021年9月16日Vivaldi

Vivaldi のアイコン

この記事では、2021年9月15日にアップデートしたVivaldi4.2 について書きます。

4.0で追加された翻訳機能がバージョンアップして、選択範囲のみの翻訳が可能になりました。

2021年9月15日に僕の大好きなブラウザvivaldiは、バージョン4.2になりました。

主に追加された新機能は以下の2点です。

個人的には、プライベートに配慮したvivaldiの翻訳機能(詳しくはこちら)がより進化して、選択範囲の翻訳ができるようになったのが嬉しいポイントです。実際に使ってみたところ、Google翻訳(chrome拡張機能)のようにポップアップで表示され、違和感なく使うことができました。

選択したテキストを翻訳

英語の文章もちらほら見る現代において、標準で翻訳機能(なおかつプライバシーに配慮した翻訳)が搭載されたブラウザ最高ですね。

それに、chrome拡張機能のGoogle翻訳と違って、マウスジェスチャーや、ショートカットキー、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)、コマンドチェインなど自分がアクセスしやすい機能に割り当てることができるので自由度が高いです。

以前、こちらの記事で、vivaldi翻訳はGoogle翻訳との併用がおすすめって書きましたが、これにてvivaldi翻訳一本に絞っても良さそうです。実際僕は、思い切ってchrome拡張機能のGoogle翻訳を削除しました。別にGoogleが嫌いとかじゃなくて、単純に標準で内臓されている機能1本に絞りたかったからです。

提供元:vivaldi

更新方法

Windows でvivaldiを利用している場合は、サイレントアップデート機能(vivaldi4.1から搭載)があるので、何かしなくても勝手にアップデートしているはずです。

もしアップデートされてるか分からない場合は、vivaldiメニュー → ヘルプ → アップデートを確認 から更新をチェックできます。

アップデートを確認

最新版の場合は、以下のようにウィンドウが表示されます。

ソフトウェアの更新

ちなみに、自動アップデートが嫌いな人は、設定 → 一般 → アップデートを自動ダウンロード・インストールする のチェックを外すことで勝手にアップデートされるのを防ぐことができます。

一般 - アップデートを自動ダウンロード・インストールする

「選択したテキストを翻訳」の使い方

新機能「選択したテキストを翻訳」はただアップデートしただけだと右クリックメニューからのアクセス、クイックコマンドからしかできません。

右クリックメニューは、便利っちゃ便利なんですが、「翻訳したい文章を選択 → 右クリック → 翻訳 」と若干、手間がかかるので、もっと早い方法を自分で設定することをおすすめします。

右クリックメニューから翻訳

具体的には、マウスジェスチャー、ショートカットキー、コマンドチェインに追加することができます。ここでは項目ごとに設定方法を書きます。

個人的には、選択範囲の翻訳はいかにスピードが早いかが重要なので、設定で翻訳ボタンを表示させるか、マウスジェスチャーがおすすめです。おすすめ度は完全に僕の勝手なので、結局は自分が一番使いやすい方法で試してみてください。

コマンドチェインを除いた「選択したテキストを翻訳」へのアクセス方法を動画にしました。ほんとに暇だったんです…。

メモ
  • 【おすすめ度:★5】選択テキストの翻訳ボタンを表示する
  • 【おすすめ度:★4】マウスジェスチャー
  • 【おすすめ度:★3】ショートカットキー
  • 【おすすめ度:★3】右クリックメニュー
  • 【おすすめ度:★2】クイックコマンド

【おすすめ度:★5】選択テキストの翻訳ボタンを表示する

(2021年9月20日追記)設定を漁ってたら見つけちゃいました。

一番おすすめです。英語などを範囲選択したら翻訳ボタンを表示させることができます。chrome拡張機能のGoogle翻訳みたいで便利です。ただし、こちらの方法は翻訳しなくてもいいテキスト(日本語など)でも表示されてしまうので邪魔と感じることもあるかもです。

設定 → ウェブページ → 選択テキストの翻訳ボタンを表示する にチェックを入れます。

ウェブページ → 選択テキストの翻訳ボタンを表示

あとは、翻訳したいテキストを範囲選択します。右下に翻訳ボタンが表示されるのでクリックします。

翻訳ボタン

翻訳ポップアップが表示されます。

翻訳ボタンからの翻訳

【おすすめ度:★5】マウスジェスチャー

次におすすめです。「文字を範囲選択 → マウスジェスチャー」の2ステップで翻訳可能です。

設定 → マウス → ジェスチャの割り当て から設定できます。現状、翻訳のコマンドは1つだけなので検索したらすぐでてきます。

マウス - マウスジェスチャー

僕は、以下のマウスジェスチャーを設定しました。

マウスジェスチャーのイラスト

僕がマウスで範囲選択する時は、大体左上から右下にかけてなので、右下からスタートできるジェスチャーがいいなと思ってこれにしました。本当は、左横線のみとかにしてよりスピーディにしようと思ったんですが、僕の場合、別のジェスチャーを割り当ててたので諦めました。

まぁ、それを差し置いても僕的にマウスジェスチャーが一番早く翻訳 & 直感的な操作でできるため一番かなと思いました。

【おすすめ度:★3】ショートカットキー

キーボードのショートカットキーに登録できます。

僕は、範囲選択をマウスでしかしないので、そこからわざわざキーボードに手を置かないといけないという手間を考えたら★3の立ち位置になりました。

設定 → キーボード → ページ → 選択したテキストを翻訳 に新しくキー入力することで使えます。

キーボード - 選択したテキストを翻訳

単一キーだと間違えて押すことも考えてAltHの同時押しにしました。Hは「Honyaku」の「H」です。3つ以上となると押すのが手間なので、2つがいいかなと思います。

例えばですが、マウスにキーを割り当てることができるフリーソフト「X-Mouse Button Control」とかでマウス左チルトに割り当てたらちょっと便利なのかなと思ったり。

XMouseButtonControl のスクリーンショット

【おすすめ度:★3】右クリックメニュー

デフォルトで設定されている翻訳方法です。

文字を選択 → 右クリック → 選択したテキストを翻訳 で翻訳できます。

これは僕も知らなかったんですが、いつからかページを右クリック→ページ翻訳もできるようになってました。わざわざアドレスバー横の翻訳ボタンまでマウス持っていなくて済むのでこれはありがたいです。

設定→ 外観 → ページ(または選択)から、翻訳の配置を変更できます。頻繁に使う方は上の方に登録しておくといいです。

外観 - メニューのカスタマイズ

逆に右クリックメニューはすっきりさせたい場合は、こちらから削除できます。

【おすすめ度:★2】クイックコマンド

F2で開くクイックコマンドでもできます。こちらも最初から登録されている方法です。

F2でクイックコマンドを開き、「翻訳」と検索したらコマンドで「選択したテキストを翻訳」がヒットすると思うので、クリックで翻訳できます。

クイックコマンド(F2)

【おすすめ度:★?】コマンドチェイン

vivaldi4.1 から追加されたコマンドチェインにも組み込むことができます。

こちらの方法はやり方次第で色々可能性があると判断し、おすすめ度は「?」にしました。

「選択範囲の翻訳」単体だけだと、別にコマンドチェインじゃなくてもよくね?ってなったので、他の操作と組み込むことになると思うんですが、今のところいいのが思いつきませんでした。

強いていうなら、選択文字の検索+翻訳かなぁ…。英単語を翻訳にかけるだけでなく、もう少しその英単語について調べたい時に便利かなぁと。

需要あるか分からないですが、いちおコマンドチェイン貼っておきます。遅延をもう少し調整したら、より滑らかになるかなと思ったり。

コマンドチェイン - 単語検索+翻訳

動画も貼っておきます。

「選択したテキストを翻訳」の残念な点

1日しっかり使ってみたところちょっとだけ残念な点がありました。

追記(2021年9月28日)

9月21日のアップデートにより、下記2点の問題は修正されました。

翻訳ページが見切れることはなくなり、Dark Reader を使用している場合でも、背景と同化することはなくなりました。最高です。ページ全体翻訳はいまだに解決していません。

ページ下部の翻訳だと見切れる

サイト下部の文字を翻訳にかけると、翻訳ポップアップが見切れて中身を確認できないという問題がありました。

ページ下部だと見切れる

記事の場合、ページ下部にはフッダーがあるので遭遇することはないと思うんですが、Gmail にて英文が送られてきたときに、大きく見切れちゃいました。

こちらは日本語で相手が英語の場合、ページ全体を翻訳にかけるのもめんどくさいため、相手方のメール内容のみ翻訳したかったのですが、見切れるので使えませんでした。なので、改善されるまではGoogle翻訳 との併用が良いかもしれません。(改善されるかは不明です)

chrome拡張機能「Dark Reader」との相性

ウェブサイトをダークモードにしてくれるchrome拡張機能「Dark Reader」を利用していた場合、翻訳のポップアップの背景と色が同化して非常に見にくいUIになりました。

Dark Reader 利用時に翻訳が背景と同化

まぁ、これはvivaldi翻訳が悪いわけでなく、Dark Reader との相性が悪かっただけなので残念な点ではないです。

【おまけ】ページ全体翻訳の問題

あと、相変わらず一部サイトでページ全体の翻訳がおかしいです。特定のサイト…というよりは、ランダムで起こる問題です。これは、僕の環境なんですかね。何かしらのトリガーがありそうなんですが、原因をつかむまでには至っていません。

翻訳が変
Vivaldi translates selected text into a selection of languages, more privately. | Vivaldi Browser

ウェブページのQRコードを簡単に作成・共有

もう一つの4.2の目玉新機能です。

ウェブページのQRコードを簡単に作成することができます。

実際に作成したQRコードをスマホで読み取っている写真
実際に作成したQRコードをスマホで読み取っている写真

こちらは、特に設定しなくてもVivaldi4.2 にアップデートしたらいつでも使える機能です。

QR コードを作成したいサイトで、クイックコマンド(F2)を開き、「 QR 」と入力します。「アクティブページの QR コードを作成」がヒットするので選択します。

クイックコマンド - アクティブページの QR コードを作成

ポップアップが開き、QR コードが表示されます。後は、QR コードをスマホなりなんなりで読み取るだけです。

QR コードスキャン

Vivaldi を利用している端末同士なら、アカウントを作成して開いているサイトを同期することができるので、こちらはVivaldi を利用していない端末や友人に勧めるのに使えるかなと思います。

メモ

Vivaldi の同期については以下の記事に書いています。同じアカウントでログインすることで、ブックマークや履歴、パスワードなどが同期できます。

まとめ

以上、Vivaldi4.2 で追加された新機能「選択したテキストを翻訳」と「QR コード作成機能」についてでした。

僕がVivaldi と出会ってまだまだ数か月ですが、どんどん進化していってびっくりです。

Posted by ナポリタン寿司