【Deskreen】PC画面をスマホやタブレットにミラーリングできるソフト

2021年9月26日ソフト

Deskreenのアイコン

この記事では、PCの画面を、スマホやタブレットなどにミラーリング(複製)できるフリーソフト「Deskreen」について書きます。

QRコードを読み取るだけで、接続できます。

実際にDeskreenを使ってスマホとタブレットにPC画面をミラーリングしてみた写真

パソコンの画面を、スマホやタブレットなどの端末にミラーリングできるフリーソフトです。パソコン画面に表示されるQRコードを読み取るか、URLをコピーしてブラウザに貼り付けるだけでミラーリングできます。

ミラーリングとは、PC画面をスマホに映し出す機能のことです。接続方法は、有線と無線がありますが、本サービスは無線(インターネット)を使うタイプです。

複数端末の同時出力も可能です。バージョン2.0.2(2022年6月2日公開)から、日本語が実装されたので、初心者でも利用できると思います。

実際に接続してみた動画を貼っておきます。画面は、FPSゲーム「APEX」です。

動きが激しいゲームなどではカクツキが目立ちますが、通常のデスクトップ作業や動画閲覧は快適にできました。本ソフトを実際に使ってみて感じた「ここが良い!ここが悪い!」を書いておきます。

メリットデメリット
完全無料で利用できる接続する度にQRコードを読み取らないといけない
無料なのに時間制限なし
QRコードで簡単ミラーリングブラウザ上での接続だから、ブラウザのタブを閉じると、接続が切断される
複数端末に同時接続できる
無線でありがちな画面の遅延やカクツキが少ない(体感)
使いたい時に起動できる(常駐しない)

毎回QRコード(またはURL)で接続しないといけないという手間はありますが、それ以上にメリットの方が大きいと感じました。接続も数タップ(クリック)でできるので、慣れれば手間じゃないです。時間制限などもありません。

提供元:deskreen.com(Githubはこちら
記事執筆時のバージョン:2.0.3(2022年6月3日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

OSにあったものを選びます。僕はWindowsなので、一番左の「Windows」をクリックします。Windows10でも、Windows11でも動作します。

Deskreenの公式サイト Windows用のセットアップファイルをインストール

ダウンロードが完了したら、インストールしていきます。セットアップファイルを起動します。

セットアップファイルの右クリックメニュー

インストールが始まります。

Deskreenセットアップ インストールしています。しばらくお待ちください。

インストールが完了したら、自動的に起動します。

ファイアウォールの設定が表示されます。「プライベートネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)」にチェックが入っていることを確認して、「アクセスを許可する」をクリックします。

Windowsセキュリティの重要な警告

言語と外観を選びます。今まで日本語非対応だったのですが、有志の方が日本語を作成しました。それにより、2022年6月2日公開のバージョン2.0.2から日本語も選択できるようになっています。

Deskreenの言語とテーマの選択

テーマは、ダークかライトのどちらかを選択できます。

僕は、最近ダークモード派に目覚めたので、迷わずダークモードです。設定できたら、「Continue」をクリックします。ダークモードの良さとブラウザをダークモードにする方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

初回起動時は、ウクライナへの寄付画面が表示されます。寄付したくない場合は、「GLORY TO UKRAINE! GLORY TO UKRAINIAN HEROES!」をクリックします。

DESKREEN CREATOR IS A UKRINIAN. NEEDS YOUR HELP!

メイン画面が表示されます。ここに表示されているQRコードを読み取ることで、ミラーリングできます。

使い方

読み取り方法から、実際に接続するまでの使い方を紹介します。

読み取り方法

メイン画面を開くと、QRコードとURLが表示されます。QRコードを読み取るか、URLをブラウザにコピーすることで接続できます。

Deskreenメイン画面 QRコードを読み取るかURLをスマホで開く

QRコードを読み取れる端末であれば、QRコード接続の方が早いです。

最近のスマホだと、標準搭載のカメラアプリで読み取れます。ない場合は、専用のQRコードリーダーアプリを導入してみましょう。無料でインストールできます。

QRコード

QRコードは、マウスでクリックすると拡大されます。

DeskreenのQRコード
※読み取れないようにモザイクをかけています。

スマホ側で読み取ります。読み込めたら、スマホ側ではブラウザが開いて右のような画像、PC側では左のような画像が表示されます。

PC側とスマホ側の接続画面

あとはPC側でポチポチクリックすることで、接続できます。詳しくは、こちらに飛んでください。

URL

IPアドレスが書かれたIPアドレスが書かれたURLボタンをクリックすることで、URLがクリップボードに保存されます。

PC、スマホ間でメモを共有できるアプリに貼り付けます。ブラウザに手動入力してもいいのですが手間です。リンクをスマホに送信する方がいいかなぁと思います。

ここではWindows11に標準搭載されているメモアプリ「付箋」に貼り付けてみます。

Windowsに標準搭載されている付箋アプリ

URLをスマホやタブレットに送れるものであれば、何でも構いません。

余談

Windows10、Windows11には、メモアプリが標準内蔵されていることを知っていますか?デスクトップにペタっと貼り付けて、いつでもどこでも自由にメモできます。

Microsoftアカウントの同期も可能です。異なるデバイス間(PCとスマホ)でメモを共有できます。

URLを貼り付けたら、スマホの作業にうつります。共有した付箋からURLを選択します。

Android版のWindows付箋

Vivaldi(ブラウザなら何でもOK)で開きます。宣伝でも何でもなく、Vivaldi超おすすめです。

リンクの範囲選択 Vivaldiで開く

ブラウザで開くと、下記画像のページが開きます。この画面を開いたまま、PC側の操作に戻ります。

Deskreen Screen Viewer このデバイスの情報

ミラーリング接続設定

PC側のソフトに、「誰かが接続しようとしています、許可しますか?」というポップアップが表示されます。サイトにアクセスしたデバイス名が表示されているので、自分の端末だったら「許可」をクリックします。

誰かが接続しようとしています。許可しますか?
注意点

自分の端末でない場合は、押さないようにしましょう。まぁ、同じWi-Fiに接続している端末&同じタイミングで接続しようとしてくる人なんていないとは思います。

念のため、自分が使っているOSなのか、アクセスしているブラウザなのかどうかを確認しましょう。

例えば、Vivaldiでアクセスした場合は「Chrome」と表示されます。ChromeとVivaldiは、一緒のベース「Chromium」で作られているからです。

「画面全体」か、「アプリケーションウィンドウ」のどちらかを選択します。

共有したい画面全体またはアプリのウィンドウを選択する

おすすめは、万能の「画面全体」です。特定のアプリだけミラーリングしたい場合は、「アプリケーションウィンドウ」にしましょう。

画面全体画面全体のミラーリング
アプリケーションウィンドウ選択したアプリのみミラーリング

ミラーリングするモニターを選びます。モニターが1つしかない場合は関係ないです。僕はデュアルディスプレイなので、モニターが2つ表示されています。ここでは、メインモニターを選択してみます。

Select Entire Screen to Share(ミラーリングするモニターの選択)

「確認」をクリックします。

すべて問題ないことを確認し、「確認」をクリックします。

「完了」と表示されたら、準備完了です。接続したデバイスに、PCの画面がミラーリングされているはずです。

完了 これで、接続されたデバイスで自分の画面を見ることができます。

最大化ボタンで全画面にできます。全画面にする場合は、スマホを横にしましょう。

スマホにミラーリングしたPC画面が表示される

全画面にした時の画像です。普通にいいですね。

スマホを横にして、全画面表示にしたミラーリング画面

複数端末の同時接続も可能です。詳しく知りたい場合は、こちらに飛んでください

プライムビデオの画面をスマホとタブレットにミラーリング

一番良かったのは、画質の悪さ、遅延・カクつきが、他のミラーリングソフトよりも少なく感じた点です。他のアプリだと、プライムビデオの画面がカクついて、しっかり堪能できませんでした。本アプリを利用することで、プライムビデオを寝ながら、倍速再生で堪能できます。

「プライムビデオを寝ながら倍速再生…?こいつは何をしたいんだ?」と思った方は、以下の記事を参考にしてみてください。タブレットで、プライムビデオを2倍速で見るために奮闘した、一人の青年の記録がつづられています。

特定のアプリだけミラーリング

ミラーリング設定の時に、「アプリケーションウィンドウ」を選択した場合は、特定のアプリだけ表示します。余計な要素が映らないので、特定のアプリしか使わない場合は、こちらを試してみましょう。

試しに、Vivaldi(ブラウザ)を選択してみます。

共有するアプリのウィンドウを選択

ブラウザだけがミラーリングされます。タスクバーなどの不要な要素はうつりません。

ブラウザVivaldiのミラーリング

複数端末を接続する

複数端末を、同時にミラーリングできます。1台目のスマホ(タブレット)と接続した後に、メイン画面の「新しいデバイスを接続」をクリックします。

完了! 「新しいデバイスを接続」をクリック

新しいQRコードとURLが表示されるので、好きな方で接続します。

QRコードを読み取るかアドレスをコピー

タブレットとスマホの2端末に同時ミラーリングされます。

複数端末の同時ミラーリング APEXのプレイ画面

接続を切断する方法

ミラーリングの接続を切断する方法は、いくつかあります。

  • ブラウザのタブを閉じる
  • Deskreenを閉じる
  • Deskreenの切断ボタンから切断

閉じる時は、ウィンドウ右上のウィンドウを閉じるボタンを押します。これで自動的に切断が解除されます。

Deskreenを起動したまま、端末との接続を解除したい場合は、アプリ内から操作します。PC側のDeskreen画面の右上にある接続端末一覧表示ボタンをクリックします。

接続されている端末一覧

接続している端末が一覧表示されます。解除したい端末の「切断」をクリックします。

接続を解除するには、赤いボタンのDisconnectをクリックする

画面上部の「すべてのデバイスを切断する」は、全ての接続を切断するという意味です。

感想

以上、PCの画面をスマホやタブレットなどにミラーリングできるフリーソフト「Deskreen」の紹介でした。

寝ながらプライムビデオを、倍速再生で見るのに利用しています。余談ですが、ブラウザ上でのミラーリングなので、ピクチャーインピクチャー機能が利用できます。

Deskreenはピクチャーインピクチャー機能が利用できる
ミラーリングした画面をピクチャーインピクチャーすることも可能

Posted by ナポリタン寿司