当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

任意のサイズの単色画像を作成(生成)するサービス

2022年4月18日Webサービス

「グラデーション画像を作成-DataChef」のアイコン

この記事では、好きな色、任意のサイズの単色画像を作成できるウェブサービス「無地の背景画像を作成 – 無料WEBアプリ – DataChef」について書きます。

「無地の背景画像を作成 - 無料WEBアプリ - DataChef」のスクリーンショット

指定した一色で、無地の背景画像を作成できるウェブサービスです。

好きな色をカラーパレット、またはHTMLカラーコードかRGBAで指定できます。画像サイズを入力して、作成ボタンをクリックすると瞬時に画像が生成されます。そのままPC内にダウンロード(保存)できます。

画像サイズは、横幅、高さ共に好きなサイズを指定できます。スマホ用、PC用といったように用途に応じて、生成サイズを変えられます。

拡張子は、PNG、JPEG、GIF、BMPの4種類の中から選択できます。保存した画像に透かしは入りません。会員登録は不要で、無制限で作成・ダウンロードできます。

ブログやYouTubeなどのアイキャッチ画像の背景素材として使えます。「単色の画像が必要になった!だけど、素材サイトから探すがめんどくさい!好きな色で作成したい!」といった方、ぜひ試してみてください。

シンプルなサイトですが、こういったサービス、ナポリタン寿司は好物です。

リリース元:TechLagoon(テックラグーン)

アクセス方法

以下のリンクからアクセスできます。

使い方

サイトにアクセスして、以下の要素を設定します。

  • 塗りつぶす色
  • 画像サイズ(横幅、高さ)
  • 出力形式(PNG、JPEG、GIF、BMP)
「無地の背景画像を作成 - 無料WEBアプリ - DataChef」で単色画像を作成する手順画像1

色は、カラーパレットで選択できます。右側のバーで透明度も調整できます。

「無地の背景画像を作成 - 無料WEBアプリ - DataChef」で単色画像を作成する手順画像2

HTMLカラーコード、RGBAで指定することも可能です。サイト上で紹介されている色を、そのまま真似したい時に便利です。

画像サイズの上限は、縦横ともに5120pxとなっています。YouTube、ブログのアイキャッチ画像の推奨サイズは、大体1280×780です。設定できたら、作成をクリックします。左側に画像が生成されます。ダウンロードで保存します。

「無地の背景画像を作成 - 無料WEBアプリ - DataChef」で単色画像を作成する手順画像3
ポイント

ダウンロードをクリックすると、ページがリロードされて、初期値に戻ってしまいます。2枚目以降の画像を続けて作成したい場合は、「ダウンロード」からではなく、右クリック→「名前を付けて画像を保存」からの方がいいかなと思います。

こうすることで、1枚目で指定した画像サイズや色の具合を維持したまま、引き続き2枚目を作成できます。

「無地の背景画像を作成 - 無料WEBアプリ - DataChef」で単色画像を作成する手順画像4

実際に作成した画像を貼っておきます。綺麗です。本記事のアイキャッチ画像も、本サービスで作成した単色画像(水色)を背景にしています。

「無地の背景画像を作成」で作成した黄色の単色画像

追加で4枚ほど作成してみました。初心者でも簡単に作成できました。

単色画像(緑、紫、水色、肌色)を4枚結合した画像

感想

以上、好きな色、好きな画像サイズで単色画像を生成し、PNGとしてPC内に保存できるウェブサイト「無地の背景画像を作成-DataChef」についてでした。

本サービスの製作者は、他にも色々な便利ツールを公開されています。

2022年4月18日Webサービス