Amazonの商品画像を任意のサイズにトリミングして保存できるサイト

Webサービス

「ちょっと便利なツール・ジェネレーター置き場」のアイコン

この記事では、Amazonにある商品画像を任意のサイズにトリミングして、画像として保存できるウェブサイト「Amazon商品画像トリミングツール」について書きます。

特定の部分を拡大して、画像保存したい時に便利なツールです。

Amazonの商品画像を任意のサイズにトリミングして保存できるサイト

Amazonにある商品画像を任意のサイズにトリミングできるサービスです。

Amazonにある切り取りたい画像のURLを本サイトに入力します。画像が表示されるので、マウスのドラッグ&ドロップで切り取り範囲を指定します。そのまま出力でき、右クリックで名前を付けて画像を保存できます。

URLとしても出力されるので、そのまま別のサービスに貼り付けるといったことが可能です。

「ブログで、Amazonの商品を紹介したい時に、周りに余計な空白があるせいで画像サイズが大きくなってしまう…」といった時に、本サービスでトリミングすると、綺麗に表示できます。しかし、Amazonの画像を無断で利用するのは著作権違反なので、やってはダメです。

「Amazonにある、あの商品の画像をトリミングして保存したい!」といった時に便利です。

提供元:ちょっと便利なツール・ジェネレーター置き場

アクセス方法

以下のサイトからアクセスできます。

使い方

画像URLの取得

Amazonにアクセスして、トリミングしたい商品のページを開きます。例として、最近僕が欲しい便利グッズ「Anker Magnetic Cable Holder」で試してみます。

表示したら、トリミングしたい画像をクリックして拡大します。右クリック→新しいタブで画像を開くをクリックします。手順動画を貼っておきます。

画像を開けたら、URLが「https://m.media-amazon.com/images/〇〇〇.jpg」といった感じになっていると思います。そのURLをコピーします。

Amazonの商品画像のURLをコピー

本サイトでトリミング

コピーしたURLを本サービスの「画像のURL」という部分に貼り付けて、「表示」をクリックします。

「Amazon商品画像トリミングツール」にURLを貼り付ける
注意点

Amazonの画像URL以外だと、正常に読み込みされないので注意です。Amazonの商品ページでもNGです。「https://m.media-amazon.com/images/〇〇〇.jpg」といったように、Amazonの画像のURLを入力します。

html-css-javascript.comからのJavaScript

画像が表示されます。範囲が表示されて、それ以外の部分は薄くなっています。範囲の端っこをマウスで掴んで、ドラッグ&ドロップすることでサイズを調整できます。

画像が表示されるので、トリミング範囲を指定する

トリミングしているGIF画像を貼っておきます。直感的に操作できるので楽ちんです。

画像をトリミングしているGIF画像

画像の保存

トリミングできたら、「リサイズURLの取得」をクリックします。

「リサイズURLの取得」をクリック

ページをスクロールします。下の方にトリミングした状態の画像が表示されます。

トリミング後のAmazon商品画像が表示される

URLもセットで出力されます。URLを自身のブログなどに貼り付けることで、そのまま利用できます。ただし、何度も言いますが、著作権違反なので、やってはいけません。Amazonの商品は、Amazonアソシエイトと呼ばれるアフェリエイト経由でしか貼り付けられません。

PCに保存したい場合は、右クリック→名前を付けて画像を保存をクリックします。

トリミングした画像の右クリックメニュー

指定した場所に画像が保存されます。

エクスプローラー 「Anker Magnetic Cable Holder」の画像を保存した状態

感想

以上、Amazonの商品画像をトリミングして、保存できるウェブサービス「Amazon商品画像トリミングツール」についてでした。

Amazonにある商品なら、どんな画像でもトリミングできます。最近、「生八つ橋」が無性に食べたくて仕方ありません(笑)。これ美味しいですよねぇ。

生八つ橋の画像

Posted by ナポリタン寿司