当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

Windows11で「Cinebench 2024」が起動しない時の対処法

豆知識系

Windows11のアイコン画像

この記事では、WindowsのCPUのスペックを計測してくれるベンチマークテストソフト「Cinebench 2024」がなぜか起動しない時の対処法を書きます。

あくまで僕の環境での対処法ですが、DドライブからCドライブ直下に「Cinebench2024」フォルダーを配置すると起動できました。

Windows11で「Cinebench 2024」が起動しない時の対処法

僕はPCのベンチマークテストなんてしたことがなかったんですが、この度する機会があり、色々調べた結果「Cinebenchシネベンチ 2024」をダウンロードしました。

Windows用をダウンロードして解凍ソフトを使って圧縮ファイルを展開し、中にある「Cinebench.exe」実行ファイルをクリックして起動します。

Windows11にダウンロードした「Cinebench 2024」を起動する手順画像

小さいウィンドウ(ポップアップ)で傘のアニメーションが映り、起動処理が開始されます。下に色々情報が表示されています。

本来なら読み込みが終わり次第、ベンチマークテストできるウィンドウが立ち上がるはずですが、僕の場合、傘ウィンドウが終了して、その後立ち上がることはありませんでした。

「Cinebench 2024」起動中の傘アニメーションウィンドウの画像

ただ傘のアニメーションウィンドウを見るだけになっちゃいました…。何度起動しても同じでした。管理者権限とかパッと思いつく限りのことをしましたがダメでした。

「どうしたものか…」と困っていたところ、以下のポストを発見し、ダメ元で試したところ正常に起動できるようになったので忘れないよう記事にします。

ただあくまで僕のPC環境で起動できるようになっただけなので、皆さんの環境で絶対直るという保証はありません。ダメ元で試す価値はあるかもしれませんが、できなくても「ちっ」程度に留める程度にしてください(笑)

前提のお話

僕の前提を書いておきます。

  • 公式サイトからダウンロードしている
  • 「Cinebench R23」ではなく新しい「Cinebench 2024」のほうで問題が発生する
  • Windows11 Homeを利用
  • デスクトップやダウンロード場所は容量の都合上、Dドライブに変更している

「Cinebench 2024」は公式サイトからダウンロードしています。ダウンロードする際、どのタイプをダウンロードするか選択できますが、僕は「Cinebench 2024 for Windows x86_64」を選択しています。

「Cinebench 2024」を公式サイトからダウンロードする手順画像

今回問題のソフトは「Cinebench 2024」のほうです。「Cinebench R23」は一つ前のバージョンのソフトで、2023年9月に新しく「Cinebench 2024」が登場した流れです。

「Cinebench R23」は問題なく起動して、ベンチマークテストできました。なぜか新しいほうだけ傘アニメーションで終わってそこから先に進めない状況です。

「Cinebench R23」の画像

「Cinebench 2024」フォルダーを丸ごとCドライブ直下に移動させると直った

僕の場合、ブラウザのダウンロード場所は、SSDのCドライブではなくHDDのDドライブに設定しています。「Cinebench 2024」もDドライブ内に作成したいつも使っているフォルダー内に置いていました。

このフォルダーを右クリックやショートカットキーのCtrl+Xなどを使って丸ごと切り取ります。心配な方は切り取りじゃなくてコピーでもいいと思いますが、容量が大きいので時間がかかります。

「Cinebench 2024」が傘ウィンドウ以降進まない時の対処法画像1

エクスプローラーでCドライブ(Windows)を開きます。

「Cinebench 2024」が傘ウィンドウ以降進まない時の対処法画像2

直下に「Cinebench 2024」フォルダーを配置します。多分直下じゃなくてもCドライブ内だったらどこでもいいと思うんですが、直下が分かりやすいかなと思います。

直下というのは、余計なフォルダーの中に入れず、Cドライブを開いたすぐの場所に配置するという意味です。「Program Files」や「Microsoft」などのフォルダーがある場所です。

「Cinebench 2024」が傘ウィンドウ以降進まない時の対処法画像3

僕の場合、「C:\Cinebench2024」という配置です。移動できたらフォルダーを開いて、中にある「Cinebench.exe」実行ファイルを起動します。

「Cinebench 2024」が傘ウィンドウ以降進まない時の対処法画像4

青い傘の起動アニメーションが表示され、その後メインのベンチマークテストできるウィンドウが表示されました。Cドライブ直下に配置することで、無事に起動できるようになりました。ウィンドウが表示された時「おぉ~~よかったよぉおお」と嬉しかったです。

正常に起動できるようになった「Cinebench 2024」画像

余談ですが、僕が2023年1月に購入した「マウスコンピューター」の「G-Tune PP-Z-3070Ti」でベンチマークテストしたところ、以下の結果になりました。「Cinebench R23」と「Cinebench 2024」ではスコアの互換性がないので、数値が別物になっています。

GPU10595pts
CPU (Multi Core)1288pts
CPU (Single Core)114pts

感想

以上、ベンチマークテストソフト「Cinebench 2024」が傘のアニメーションウィンドウ以降、起動しない時の対処法でした。

X(旧Twitter)で調べてみると、僕以外にも同じ状況にあった方がちらほらいらっしゃいました。Cドライブかどうかは関係なく、ユーザー名に日本語が含まれていたらダメなんですかね?

まぁ僕の場合、実際どうかはおいといてCドライブ直下に配置した現在、問題なく起動できているので良しです。

豆知識系

Posted by ナポリタン寿司