【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Image Composite Editor】複数の画像を連結して迫力あるパノラマ画像を作成するソフトの使い方

2021年9月23日フリーソフト

Image Composite Editor のアイコン

この記事では、一眼レフやスマホで撮影した単体写真をAIが連結してパノラマ写真にしてくれるフリーソフト「Image Composite Editor」について書きます。

複数写真をドラッグ&ドロップするだけで、簡単にパノラマ写真が作れちゃいます。ただでさえ一眼レフで撮影した写真は迫力あるのに、パノラマ写真にすることでより迫力・綺麗さが増します。

鳥取県の大山
鳥取 – 大山

一眼レフなどで撮影した複数の画像を1枚のパノラマ写真に連結してくれるフリーソフトです。

ちょっとずつ横(または縦)にずらしながら撮影した写真を、ドラッグ&ドロップするだけでAIが連結してくれます。連結は、プレビューを確認しながら自分好みに調整できます。

投影方法(連結パターン)は、円筒形、メルカトル、球状、正投影、魚眼レンズ、ステレオグラフィック、パースペクティブの中から選べます。

切り取りは、「Auto Complete」と呼ばれるAIが画像を分析して、余った余白を自動で補ってくれるとんでもない機能があります。もちろん、自分で切り取り範囲を設定することもできます。

他にも似たようなパノラマソフトは結構あるのですが、個人的に一番使いやすいです。Microsoft が提供しているというのも安心感と信頼感がありますね。

一眼レフカメラを持っていて、パノラマ画像を作成したことがない方は、ぜひだまされたと思って試してみてください。

公式がYouTubeに2分程度の紹介動画を投稿していたので貼っておきます。

ちなみに読み方は、「イメージ コンポジット エディター」です。コンポジットが複合・合成という意味なので、「画像を結合して編集」って感じでしょうか。

提供元:Microsoft Research Computational Photography Group

ダウンロード方法(Wayback Machineを使う方法)

注意

Image Composite Editor は、2021年9月20日現在ダウンロードすることができなくなっています。

Microsoft公式によると、セキュリティ対策の一環として2020年8月3日以降、「SHA-1」と呼ばれるセキュア ハッシュ アルゴリズムを利用しているソフトの配布を廃止したのが理由だそうです。

そこで、僕の記事ではダウンロードできなくなった本ソフトを裏技?的な方法でダウンロードする方法を書きます。海賊版を利用する…といったような悪質な方法ではありませんが、心配な方はダウンロードをあきらめましょう。

普通ならば Microsoftのダウンロードページ からダウンロードできます。

がしかし、2021年9月20日の段階でサイトからダウンロードしようと思っても以下のような文言が表示され、ダウンロードできない状態になりました。

We’re sorry, this download is no longer available.

(Google翻訳)申し訳ありませんが、このダウンロードはご利用いただけなくなりました。

Error 404 – Not Found Microsoft

青色のヘリの画像がむなしく表示されるだけです。

We're sorry, this download is no longer available.
We’re sorry, this download is no longer available.

そこで、ダウンロードするために以下の方法を使って Microsoft のダウンロードページ にアクセスしてダウンロードします。

Wayback Machine を使ってダウンロードする

過去のホームページを保存しているサイト「Wayback Machine」からダウンロードできます。以下、詳しい説明とダウンロード方法を書いていますが、そんなんどうでもいいという方は下のリンクからImage Composite Editor をダウンロードできます。僕的には一度はささっと目を通してほしいとこですが…。

Wayback Machine とは?

「Wayback Machine」とは、過去のホームページをデータとして蓄積しているサービスです。ウェブアーカイブを調べる最も有名なサービスの一つだと思います。まさに「ウェブの図書館」です。1996年とかなり古くからあります。

Wayback Machine のスクリーンショット

これにより、過去のそのページのデータが残っていれば、動画や音楽、削除されたページなどを表示させることができるというわけです。Wayback Machine の何がいいかというと、あくまで昔のウェブアーカイブにアクセスするということなので、ウイルスなどの心配がないという点です。

調べると、海外のソフトダウンロードサイトで Image Composite Editor っぽいのがいくつかありましたが、本物かどうかも分からないので、無暗にインストールするのはやめましょう。

Wayback Machine について詳しく知りたい場合は、こちらのサイトが参考になります。

Image Composite Editor のダウンロード

まず、「Image Composite Editor」のURLをコピーしておきます。

Image Composite Editor のURLをコピー

Wayback Machine にアクセスします。

初めてのアクセスだと、ページの表示に数分かかる場合があります。あまりに膨大なデータを保管しているため、表示に時間がかかるんだと思います。

アクセスしたらURLを貼り付ける場所があるので、先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

Wayback Machine にURLを貼り付け

カレンダーが表示されます。日付に色がついている部分にウェブアーカイブが残っているということです。

どこでもいいのですが、今回は2020年の6月3日のアーカイブにアクセスしてみます。もし、6月3日が押せないという場合は、適当にそこらへん付近の青くなっている日を選んでください。

新しすぎるとダウンロードできないので恐らくダウンロードできなくなったであろう2020年8月以前をクリックしましょう。

日付からアーカイブを選ぶ

場合によっては、時間表示されているので好きなほうを選びます。

日時を選択

Microsoftの「Image Composite Editor」の画面(アーカイブ)が表示されます。

過去のアーカイブサイト

Download ICE 2.0の「64-bit Windows」をクリックします。

Download ICE 2.0

無慈悲な青いヘリの画面は表示されずにダウンロードできる画面が表示されます。

「Download」をクリックします。ダウンロードが開始されます。

Image Composite Editor(64bit)

もし、Downloadが始まらない場合は、「click here to download manually」をクリックします。

Thank you for downloading

無事に、過去のアーカイブからダウンロードすることができました。

セットアップファイル

次にインストールしていきます。

インストール方法

クリックで「ICE-2.0.3-for-64-bit-Windows」を起動します。

基本的には、Nextをポチポチしとけば大丈夫です。

「Next」をクリックします。

Welcome to the Image Composite Editor Setup Wizard

「I Agree」を選択して「Next」をクリックします。

License Agreement

インストールする場所を指定します。そのままでいいと思います。

「Next」をクリックします。

Select Installation Folder

「Next」をクリックします。

Confirm Installation

インストールが完了します。

「Close」をクリックします。

Installation Complete

「Image Composite Editor」が起動します。

Image Composite Editor のスクリーンショット

使い方

画像を用意する(名前は数字の連番)

まずは、パノラマにしたい画像を2枚以上用意して、名前を結合したい左から順番に数字の連番にします。別にしなくてもできるっちゃできるんですが、しといた方が後々簡単なのでおすすめです。

今回は、ぼくんちの庭(汚くてすみません)の画像をパノラマにしたいと思います。

パノラマ画像のサンプル

画像を追加する

画像を用意できたら、早速パノラマ画像を作成していきます。

「Image Composite Editor」の「New Panorama」をクリックして画像を追加します。

New Panorama

また、画像をドラッグ&ドロップすることでも画像を追加できます。

IMPORT

STITCH(連結方法)の設定

画像を追加できたら画面右上の「NEXT」をクリックします。

ここで先ほどの数字の連番にしておく恩恵を得られます。数字の連番にしておけば、自動で順番通りに画像を連結してくれます。ここが、連番じゃなかったら画像の並びがおかしかったりするので注意が必要です。

STITCH

数秒待つと、パノラマのプレビューが表示されます。右の「Projection」からパノラマの投影方法を選びます。基本的には自動で選ばれるのでそのままでいいと思います。クリックするとプレビューも変化するので、プレビューを確認しながら好みの種類に設定します。

Projection
投影方法Google翻訳
cylindrical円筒形
Transverse cylindrical円筒形(横)
Mercatorメルカトル
Transverse Mercatorメルカトル(横)
Spherical球状
Transverse Spherical球状(横)
Orthographic正投影
Fisheye魚眼レンズ
Stereographicステレオグラフィック
Perspectiveパースペクティブ

僕は、一眼レフ初心者なのでカメラ用語はさっぱりです。まぁ、名前は覚えてなくてもプレビューを見ながら自分でいいと思ったものを選びましょう。

準備ができたら「NEXT」をクリックします。

CROP(切り取り)の設定

ちょっとここがポイントです。画像の切り取り設定ができます。

重要なのは二つです。

Auto completeAIが余白を合成して埋めてくれます。
Auto crop自動で切り取りしてくれます。
CROP

Auto complete(自動補完)の使い方

「Auto complete」がよく分からないと思うので、比較画像を貼っておきます。

以下のように、切り取る範囲を決めます。このままだと、画像がヘビみたいに歪んでいるので、かなり余白が生まれます。そこで、「Auto complete」をクリックします。

Auto Complete前

AIが画像を読み取って、余白をあたかもなかったように修正してくれます。「わぉ、すごい」

Auto Complete後

しかし、拡大してみると…。

白い壁が、二重になっていて違和感があることが分かります。余白に近い色を抽出して補っているだけなので、ゆがみがでて違和感を感じる時もあります。

庭の白い壁の写真

逆に左下の土の部分は、ほぼ違和感なく合成されています。AIってすごい。

土の写真

なので、「Auto complete」は以下の時に便利です。

メモ
  • 画像の余白が少ない時
  • 画像の端がほぼ青空や緑の草原など、色が複数混ざっていない時
  • 画像の端がそのまま続いているような時
    (地面やマンションなどの建物)
  • 端っこはそこまで気にしない時

準備ができたら、「NEXT」をクリックします。

EXPORT(出力)の設定

ここまでくればもうあとふんばりです。

画像の質を選びます。僕は、画像の容量は気にしない代わりにとにかく高画質したい派なので、おすすめは「Quality」の部分が90です。高い数値ほど質が良くなります。

EXPORT

設定できたら、「Export to disk…」をクリックします。

Export to disk

名前を決めて保存をクリックします。

名前を付けて保存

無事に、パノラマ画像が作成されました。縫い目も違和感なく綺麗に結合されています。すごい。

完成した庭のパノラマ写真

最初は、難しいと思うかもしれませんが慣れれば数秒でちゃっちゃとできるようになります。

エラーがでる場合

連結過程で、以下のようにエラーが表示されることがあります。

Image Composite Editor

Could not stitch together any of the input images. Please make sure your images are taken from one location and overlap one another.

(Google翻訳)入力画像をつなぎ合わせることができませんでした。 画像が1つの場所から撮影され、互いに重なっていることを確認してください。

Image Composite Editor

この場合は、どうしようもありません。AIが画像を認識できずにつなげることができないという状態です。

このような状況にならないように、パノラマ写真を作成したい時は、カメラを水平にもち、ちょっとずつずらして写真を撮影するようにしてください。感覚としては3分の1程度は、写真が重なるように撮影します。

下手くそですがイメージ写真を貼っておきます。こんな感じで、要素が重なるように撮影します。

撮影のコツ - 良い例

逆に下のような画像は悪い例です。写真同士が重なっていないので、Image Composite Editor が認識しずらいです。

撮影のコツ - 悪い例

【余談】CLaunch経由ではなぜか起動できない

何が原因なのか分からないのですが、アプリランチャーソフト「CLaunch」からだと起動できませんでした。

参考:【CLaunch】作業効率化!便利なアプリランチャーの導入方法・使い方

登録はできたんですが、起動してみると「このアプリはお使いのPCでは実行できません」と表示されて起動できないっていうね。

このアプリはお使いのPCでは実行できません

なので、毎回スタートメニューのアプリ一覧から起動するというのが少し手間です。

11月11日追記

解決できました。無事に登録できました。

空いているところを右クリック → アイテム登録 から、ウィンドウ参照で登録できます。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【CLaunch】作業効率化!便利なアプリランチャーの導入方法・使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

まとめ

以上、パノラマ写真を作成できるフリーソフト「Image Composite Editor」の紹介でした。

画像を追加・編集・出力のたった3ステップで大迫力のパノラマ写真を作成できます。一眼レフを使っている人だけでなく、スマホユーザーにもおすすめです。

大迫力の景色を1枚のパノラマにしてさらに迫力ある写真にしてみましょう。

福岡の夜景写真
福岡-夜景

Posted by ナポリタン寿司