【ResourceHacker】exeファイルのアイコンを変更するソフトの使い方

フリーソフト

Resource Hacker のアイコン

この記事では、アプリケーション(exe)ファイルのアイコンを変更するソフト「ResourceHacker」について書きます。

ソフトのリソース書き換えソフトです。

ResourceHacker のスクリーンショット

実行ファイルのアイコンを変更できるソフトです。根本から変更するので、タスクバーにピン留めする時も変更された状態が維持されます。

拡張子がEXEやDLLになっているファイルを、本ソフトにドラッグ&ドロップすることで、中身のリソースを閲覧・抽出・編集できます。アイコンの書き換えだけでなく、日本語化されていないソフトの文字列を強制的に日本語にするといったこともできます。

リソースとは、アプリの中身のことです。

まさにソフトの書き換えソフトです。初心者でも簡単にアイコンファイルを差し替えできます。逆にアイコン画像を抽出することもできます。

デフォルトでは日本語対応していないのですが、有志の方が作成した日本語化ファイルをダウンロードすることで、日本語にできます。

最新OSのWindows11 でも問題なく動作します。

通常、Windows10、Windows11 で実行ファイルのアイコン書き換えはできません。

ショートカットアイコンの変更のみできます。

変更したいショートカットアイコンを右クリック → プロパティ をクリックします。プロパティが開くので、ショートカットタブを開いて、「アイコンの変更」からできます。

プロパティ - アイコンの変更

しかし、ショートカットアイコンの変更だけだと根本から変更されるわけではないので、ところどころ元のアイコンが見え隠れします。例えばタスクバーアイコンや、アプリ起動した時のタイトルバー横のアイコン等です。

本ソフトを使うことで、根本からアイコン変更するので、細かい部分も変更されたアイコンが表示されます。

注意

アイコンを勝手に改変する行為は、ソフトの利用規約(ライセンス)に触れる可能性があります。

アイコンを変更して、誰かに公開するといった行為はしてはいけません。

SNSに画像アップするのも望ましくありません。開発者様が一生懸命考えたアイコン画像を踏みにじる行為だからです。きっと悲しいです。

あくまで自分の世界(PC)でだけで楽しみましょう。

また、リソース(アプリのデータ)を弄るので、最悪ソフトが起動しなくなることがあります。よって、初心者さんにはあまりおすすめしない & するとしても自己責任でお願いします。

提供元:Angus Johnson(注意:httpsではありません)
記事執筆時のバージョン:5.1.8(2020年11月20日)

ダウンロード方法

本体のダウンロード

以下のサイトからダウンロードできます。

青文字の「Download」をクリックします。

ResourceHacker のホームページ

ページがスクロールします。

インストールタイプ(exe)か、ポータブルタイプ(zip)かを選択できます。

僕はインストールタイプにしました。「EXE install」をクリックします。

ResourceHacker のダウンロード

日本語化ファイルのダウンロード

下記サイトから日本語化ファイルをダウンロードできます。

サイトにアクセスしたら、ページをスクロールして、コメント欄にあるURLをクリックします。

コメント欄のダウンロードリンクをクリック

GitHubに飛ぶので、中央の「View raw」をクリックします。

日本語化ファイル

インストール&日本語化

ダウンロードした「reshacker_setup.exe」をクリックして起動します。

実行ファイルの起動

インストール場所を決めて、「Next」をクリックします。こだわりがない場合は、そのままでOKです。

Select Destination Location

「Next」をクリックします。

Select Start Menu Folder

「Install」をクリックします。

Ready to Install

「Finish」をクリックします。

Completing the Resource Hacker Setup Wizard

インストールできたら、スタートメニューのアプリ一覧に「Resource Hacker」が追加されています。右クリック → 詳細 → ファイルの場所を開く をクリックします。

スタートメニュー - ファイルの場所を開く

ショートカットアイコンが表示されるので、右クリック→ ファイルの場所を開く をクリックします。

ショートカットアイコンの右クリックメニュー

インストールした場所が開くので、先ほどダウンロードした日本語化ファイル「ResourceHacker.JP」をドラッグ&ドロップします。

日本語化ファイルをResourceHacker フォルダーにドラッグ&ドロップ

「ResourceHacker.exe」と一緒の場所に、日本語化ファイルを追加するという形です。

一緒の場所に配置する

アプリを起動すると、日本語になっています。

日本語になる

使い方

アプリを起動したら、変更したい実行ファイル(exeやDLL)をResource Hacker 内にドラッグ&ドロップします。

EXEファイルをドラッグ&ドロップ

アプリ内のリソースがツリー表示されます。

リソース一覧
ポイント

実行ファイルを書き換えるので、必ずバックアップを作成することをおすすめします。ソフトによっては、アイコンを書き換えると起動しなくなる場合があるので、絶対にしときましょう。

リソースを書き換える前に、実行ファイルをコピペすることで、バックアップできます。バックアップってフォルダーを作ってその中に入れておくのもありです。

実行ファイルはバックアップしておく

ショートカットアイコン等は登録できません。ソフト元であるEXEファイルを登録するようにしましょう。

ショートカットアイコンは登録できない

アイコンの抽出

ソフトのアイコンを抽出できます。

試しにファイルの名前を一括変更できるフリーソフト「ファイル名変換君」のアイコンを抽出してみます。

参考:【ファイル名変更君】複数のファイルを連番で一括リネームするソフト | ナポリタン寿司のPC日記

実行ファイルをResource Hacker にドラッグ&ドロップします。

ソフトのアイコンは、Icon、Icon Group フォルダーに保存されています。

左側のツリーからIcon フォルダーをクリックして、中にあるファイルを一つずつクリックして、高画質の画像を探します。

高画質のアイコン画像を探す

いい感じのアイコン画像を見つけれたら、アイコンファイルを右クリック → .ico リソースを保存 をクリックします。

icoリソースを保存

アイコンファイルが抽出されます。拡張子はicoです。ペイントアプリ等でPNG やJPG に変換できます。

アイコンファイルが抽出される

アイコンの抽出は、「IconViewer」というソフトでもできます。こちらのほうが、初心者さんにおすすめです。

参考:【IconViewer】アイコンファイルを画像ファイルに変換してくれるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

アイコンの書き換え

ソフトのアイコンを好きな画像に置き換えれます。変更したい実行ファイルをResource Hacker にドラッグ&ドロップします。

試しに画像をアイコンファイル(ico)に変更するフリーソフト「アイコンウィザード」のアイコンを変更してみます。

参考:【アイコンウィザード】好きな画像をアイコン(ico)に変換してくれるソフトの使い方 | ナポリタン寿司のPC日記

Icon か、Icon Group フォルダーを右クリック → アイコンを置換(CtrlR)をクリックします。

Icon Group フォルダーの右クリック

「アイコンを含むファイルを開く」をクリックします。

アイコンを置換

変更したいアイコン画像を選択します。拡張子はicoです。一般的なPNGやJPGはできないので、気を付けてください。

アイコンウィザード」を使えば、好きな画像をicoファイルに変換できます。

アイコンを含むファイルを開く

試しに当サイトのロゴ画像を使ってみます。これもアイコンウィザードでサクッと作成しました。

プレビューを確認して「置換」をクリックします。

置換をクリック

アイコンが置換されます。

アイコンが置換される

上部にある名前を付けて保存アイコンをクリックします。

名前を付けて保存アイコンをクリック

上書き保存は上書き保存なんですが、ソフトによっては失敗します。Cドライブなどの重要な場所にインストールしていると、書き込み制限がされているからです。なので、名前を付けて保存がおすすめです。

元のファイル名を変更できません。保存はキャンセルされました。

デスクトップにして、「保存」をクリックします。

名前を付けて保存

デスクトップを確認すると、アイコンが変更された状態の実行ファイルがあります。

アイコンが変更された状態の実行ファイルが保存される

変更元のフォルダーに、保存した実行ファイルをドラッグ&ドロップして上書きします。必ずバックアップを事前に作成した状態でしましょう。

僕の場合、「アイコンウィザード」の実行ファイルがある「IconWiz」フォルダーにドラッグ&ドロップします。

元のインストール場所にドラッグ&ドロップする
ポイント

もっと良い方法を見つけました。こちらのほうが安全、かつ後述するエクスプローラーキャッシュ問題も解決します。

下記画像のように元のアプリはそのままで、アイコンを差し替えたアプリの名前を変更した状態で、インストール場所に配置します。

書き換えたアプリの名前を変更した状態で配置する

これで、元のアプリに影響を与えずにアプリを実行できます。

ファイル名変更君のアプリアイコン変更

上書き保存なので、「ファイルの置換またはスキップ」ウィンドウが開きます。「ファイルを置き換える」をクリックします。

ファイルの置換またはスキップ

「続行」をクリックします。

対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました

アプリアイコンが変更されます。

と言いたいんですが、エクスプローラーのキャッシュの影響で、すぐには反映されない場合があります。

エクスプローラーのキャッシュがあると反映されない場合がある

デスクトップに保存した段階で正常にアプリアイコンが変更されていれば、いつかキャッシュが更新されて変更が反映されます。

それよりもアプリを起動して、正常に起動するか確認してみてください。正常に起動すると、無事にアイコンが変更されていることが確認できます。タイトル横とタスクバーアイコンで確認できます。

アプリアイコンが変更される

タスクバーアイコンもキャッシュの影響で変更されていないことがあります。PC の再起動や、使っていたら自然と変更されます。

問題は、アプリが起動しない場合です。

アイコンの変更、リソース書き換えが許可されていないアプリ、間違って他の部分も弄ってしまった場合に発生します。この場合は、潔くバックアップから復元して元に戻しましょう。

変更したアプリ(exe)を削除して、バックアップしたファイルを元の場所に戻します。上書き保存でもOKです。名前を変更していた場合は、元の名前に戻します。

バックアップしたアプリを元に戻す

まとめ

以上、アイコンファイルの書き換えなどのソフトのリソース編集・抽出ができるソフトResource Hacker についてでした。

アニメが好きなら、好きなキャラにすると個性が出て面白いかもですね。

最後になりますが、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

Posted by ナポリタン寿司