「Unable to render Card preview」と出るのは仕様らしい

その他,ブログ

Twitterのアイコン

この記事では、Twitter「Card Validator」で、URLを入力しても、画像が表示されず、「Unable to render Card preview(カードプレビューのレンダリングができない)」と表示される件について書きます。

プレビュー機能を、2022年7月頃に廃止したため、このような表示になっています。

Card Validatorで「Unable to render Card preview」と表示されている画像

「Card Validator」で、自身のブログ記事のURLを入力しても、「Unable to render Card preview」と表示されて、正常に画像が表示されない問題は、Twitter側が、このサービスを廃止したためです。

2022年7月頃に削除したようです。Twitterを見てみると、同じような方々が沢山いることが分かります。僕だけじゃなかったんだと一安心です。(いや、安心じゃねーよ…)

現時点では、普通にツイート作成画面でツイートする前に確認する以外、方法がないようです。

同じように、「ここ最近、Unable to render Card previewと出て、正常にOGP画像が更新・確認できない!」という方、安心してください。皆さん、できなくなっているはずです。僕もです。

Card Validatorとは、TwitterのOGP表示検証ツールです。

ブログなどのリンクを含んだツイートをする際、どのようにOGP画像が表示されるか、ツイートする前にチェックできます。また、ブログのアイキャッチ画像を更新した場合に、素早く反映させるための便利ツールです。

「Unable to render Card preview」と表示されるのは仕方ないっぽい

2022年7月に以下のスレッドが立てられました。全文英語ですが、内容は、「Card Validatorで、Unable to render Card previewと表示される~~」、「僕も僕も~」といった感じです。見なくてもOKです。

参考:Unable to render Card preview – Publisher Tools / Cards – Twitter Developers

これに対して、Twitter側は、以下のスレッドを立てて回答しました。こちらは参考になります。英語なので、翻訳ツールを活用するといいかなと思います。

上記スレッドの一文を抜粋します。一行目に書かれています。

We’ve recently removed the preview functionality from the Card Validator.

(DeepL翻訳)最近、Card Validatorからプレビュー機能を削除しました。

Card Validator – preview removal – Publisher Tools / Cards – Twitter Developers

プレビュー機能を廃止したため、「Unable to render Card preview」と表示されるのは仕方ないとのことです。そもそもサービスをやめちゃったのですね。

なるほどなるほど~😊それなら、納得だ…ってなるかぁあ😡

なんで、「Card Validator」のサイトに書かないんですか!?いちいち別のサイトで書くってちょっとずるくない!?調べなかったら、気づかなかったじゃん…。「実はサービスやめちゃいました~」ってヘッダーに、ちょこっと書くだけでもいいのに。ユーザーに優しくないTwitterさん…。

コホン…。取り乱しました。

プレビュー表示が廃止されただけで、Card Validator自体は廃止されていません。僕みたいな初心者は、OGP画像更新・確認ツールとしてしか利用していなかったので、実質Card Validatorが使い物にならなくなりました。

プログラマーなどの方には、まだ使える部分があるのですかね?「他のデバッグ目的で利用できます」って書いてあるけど、僕は、デバッグ?なんじゃそりゃって状態です。今後も使うことはなさそうです。恐らく、僕のような人が大半だと思います。

何か対処法はないの?

現状、Card Validatorに代わるツールはありません。

上記のTwitter側の回答の中で、以下のように書かれています。

We encourage you to use the Tweet Composer in the Twitter client itself (on Twitter.com 176, or the Twitter for Android or Twitter for iOS apps) to check out a preview that would accurately reflect the current display of the card on Twitter.

Twitterクライアント(Twitter.com 176、Twitter for Android、Twitter for iOSアプリ)のTweet Composerを使って、現在のTwitterでのカードの表示を正確に反映したプレビューを確認することをお勧めします。

Card Validator – preview removal – Publisher Tools / Cards – Twitter Developers

「Tweet Composer」とは、ツイートの作成画面のことです。つまり、ツイートする前に、実際に作成画面で、リンクを貼り付けて、画像がどのようにプレビューされるか確認するしかないようです。

Twitterのツイート作成画面(Tweet Composer)

ただし、上記の方法だと、OGP画像の確認はできますが、画像の更新はできません。

OGP画像を更新したい方には、別のリンクで案内がありました。以下の方法が使えるそうです。

1.Add Card metadata to a page
2.Tweet URL to that page
3.Refresh your browser to view the Card contents on your timeline
4.Change Card metadata on the page
5.Take the same URL and runs it through bit.ly
6.Tweet the new bit.ly URL
7.Refresh your browser to view the updates

(DeepL翻訳)
1.ページにCardのメタデータを追加する
2.そのページへのURLをツイート
3.ブラウザを更新し、タイムライン上にCardのコンテンツを表示する
4.ページのCardメタデータを変更する
5.同じURLをbit.lyに通す
6.新しいbit.lyのURLをツイートする
7.ブラウザを更新して、更新内容を表示する

Troubleshooting Cards | Docs | Twitter Developer Platform

うーーん…。正直、なんだこのめんどくさい作業は…って印象です。

1~4は、特に気にしなくてOKです。ポイントは、5番です。URLを短くしてくれるサービス「bit.ly」を使って、URLを短くして、ツイートする…ということです。これで、更新したOGP画像が素早く反映されるかもしれないとのことです。

いやいや、ツイートする…って意味ないじゃん…。僕は、ツイートする前に、確認したいのに…と思いました。ということで、現時点では僕は、試す気にもなれません。諦めています。

感想

以上、「Card Validator」で「Unable to render Card preview」と表示されて画像が表示されない問題の原因と、対処法についてでした。

最初のTwitter側の回答(スレッド)に戻りますが、以下のように書かれています。期待していていいってことでしょうか。何かしら登場することを祈っています。

We’re exploring ways to provide more creative options for displaying content in Tweets in the future

今後、ツイートでのコンテンツ表示について、よりクリエイティブな選択肢を提供する方法を検討しています

Card Validator – preview removal – Publisher Tools / Cards – Twitter Developers

Posted by ナポリタン寿司