【Vivaldi】おすすめコマンドチェインを20個以上紹介!

2021年7月29日Vivaldi

目次

おすすめコマンドチェイン一覧

僕が考えたコマンドチェインをメモ代わりに書いときます。

2022年5月時点では、インポート・エクスポート機能はないので、画像を見て真似するしかないです。いつか実装されるといいですよねぇ。長いコマンドチェインだと、真似するのもめんどくさいですもんね…。

Vivaldiフォーラムに専用のまとめトピック「コマンドチェインの実例とアイデア」があるので、本記事以外のコマンドチェインを知りたい場合は、参考にしてみてください。

2021年9月2日~9月9日で「あなたのコマンドチェインを見せて!」コンテストが開催中です!自分が思いついたコマンドチェインをTwitter上に投稿→選ばれた方に景品がプレゼントされるようです。

見ているだけで、面白いコマンドチェインを発見できるかもしれません。僕も早速応募しました。グッズが当たると嬉しいです。

2021年10月10日追記

な、な、ななんと「Vivaldi賞(応用の幅が広いで賞)」に当選しました!当選結果は、以下のサイトから確認できます。

参考:Vivaldiコマンドチェイン コンテスト 結果発表!! | Vivaldi Browser

めちゃくちゃ嬉しいです!当選景品でマスク、トートバッグ、シールなどのグッズ一式をいただきました!感謝です!

Vivaldiコンテスト当選景品の写真

好きなサイトをタイリングで開く

登録したサイトをタイリング表示で開くコマンドチェインです。サンプルでも用意されている基本的なコマンドチェインです。サンプルを自分好みにカスタマイズすることで、そのまま活用できます。

コツとしては、「開くサイトの数-1」の数だけ「直前のタブを選択」を設定することです。5つのサイトを開きたい場合は、4つの「直前のタブを選択」が必要になってきます。

「開きたいサイトの数ー1」だけ「直前のタブを選択」を追加

「タイリング別にしなくていい!」って場合は、「新しいタブで開く」だけでOKです。

図か何かで表現できればよかったんですが、僕にそんな才能はないので文章にします。

A、B、C、Dのサイトを、新しいタブで開いたとします。その時、最後に選択されている(アクティブ状態)タブは、最後に開いたDになります。

そこで、A~D全部のタブを同時に選択するためには、その数だけ「直前のタブを選択」が必要になります。

現在選択されているタブはDの1つのみ、そこから、A~Cの3つのタブを追加で選択するにはどうしたらいいでしょうか?

そう!「開いたサイトの数ー1の直前のタブを選択」にすれば、現在のDタブ+A~Cタブを選択してくれるんです!

この公式に当てはめると、どんだけタブを開いていても一気にタイリングできます。

A~Jまでの10個のタブを開いたら、最後に選択されているのはJのタブ、残りA~Iのタブを選択するためには、9個の直前のタブ選択が必要になる…というわけです。

ポイント

「直前のタブを選択」ではなく、「関連タブを選択」にすると、一見すっきりしていいかもですが、実際には、あまりおすすめではありません。

ここでいう”関連”の定義は曖昧で、思った動作をしてくれない時があるからです。B、C、D、Eのタブをタイリングしたいのに、なぜかAのタブも選択される…ということが起こります。

一つ戻って複製してタイリング

選択しているタブを複製→片方を一つ前の履歴に戻す→2つのページをタイリングするコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 1つ戻って複製してタイリング

インターネットで上手に情報収集するコツは、「検索結果は残しておいて、新しいタブでリンクを開く」です。

1つの記事で満足するのではなく、上位5つくらいのサイトをバッググラウンドで開いて、流し見で情報を集めることで、より幅広い知識が身に付きます。それを間違えて、検索結果と同じページでリンクを開いてしまった時に本コマンドチェインが役に立ちます。

試しに、検索結果からそのまま同一タブで記事を開きます。その状態で、コマンドチェインを呼び出します。クイックコマンドからが便利だと思います。

クリックコマンドからコマンドチェインを呼び出す

タブが複製され、一つ前の検索結果に戻って、なおかつタイリングしてくれました。

左右にタイリング表示されたサイト

タイリングが鬱陶しい場合は、ページの右クリックに「タブのタイリングを解除」を追加しておくと便利かもしれません。

YouTubeコメント閲覧

YouTubeでコメント欄を見たい時に、タブを複製してタイリング表示してくれるコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット YouTubeコメント欄

動画を見ながら、コメント欄を確認できます。

YouTubeを見ながら、コメント欄をタイリングして左右に表示
【亀】必死にレンガの中に入ろうとするミシシッピアカミミガメ YouTube

本当はメディアの一時停止があればよかったんですが、なかったので「タブのミュート」を代用しました。

遅延は、ミリ秒単位で設定します。上記の場合だと、コマンドパラメータ1000(ミリ秒)=1秒ということになります。ミリ秒を秒換算する時は、こちらのサイトが参考になります。

動画・音楽のコンテキストメニューに組み込むと、キーボードを一切使わなくて済みます。

右クリックメニューに「YouTubeコメント欄」を追加
こんな拡張機能もあるよ話

YouTubeのコメント欄をサイドバーに移動するChrome拡張機能「Show YouTube comments while watching」というのもあります。

コマンドチェインの場合、毎回発動しないといけませんが、Chrome拡張機能を使うことで、ずっとサイドバーにコメント欄が配置されます。

「Show YouTube comments while watching」のスクリーンショット

詳しくは、下記記事を参考にしてみてください。

調べたい単語を範囲選択→特定のサイト内検索にかけるコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット Amazonで検索

例えば「REALFORCE」という文字を範囲選択→コマンドチェインを実行したらAmazonで検索してないのにAmazonの検索結果を表示してくれます。いちいちAmazonに移動して、検索欄クリック→入力の手間が省けます。

ブックマークレット(コマンドパラメータ)は以下のようになっています。

javascript:window.open("https://www.amazon.co.jp/s?k="+window.getSelection().toString());if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

URLの部分を自分の好きなサイトに変更します。ちょっとコツが必要なので、わかんない方は下記アコーディオンを展開してみてください。

登録したいサイトにアクセスし、適当な半角英字(1文字~3文字程度)を検索します。

Amazonで適当に検索

大事なのは検索結果のURLです。

URLの一部に先ほど検索した文字が含まれています。僕は「aaa」と検索したので、URLの一部が「aaa」になっています。その部分よりも前の部分が必要な部分です。

Amazonなら、以下の部分がブックマークレットに貼り付けるURLです。

https://www.amazon.co.jp/s?k=

大体、「=」で終わっていることが多いです。参考までに、いくつかの代表的なサイトのコードを書いておきます。好きなものがあればコピペするだけでOKです。

::Twitter
https://twitter.com/search?q=

::YouTube
https://www.youtube.com/results?search_query=

::Instagram
https://www.instagram.com/explore/tags/

::楽天
https://search.rakuten.co.jp/search/mall/

::ビックカメラ
https://www.biccamera.com/bc/category/?q=

::メルカリ
https://www.mercari.com/jp/search/?keyword=

上記以外のURLを知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

以下の記事ではカスタム検索用のURLにしているため、末尾に「%s」がついています。それを除いたURLが本コマンドチェインで活用できます。

この方法は、Vivaldi Forumに投稿された「選択したテキストをgoogleマップで検索」を参考にさせていただきました。感謝です。

範囲選択した文字を2つのサイトで検索

範囲選択した文字を好きなサイトで検索」の上位互換です。選択範囲の文字列を2つのサイトで、(Amazonなど)同時検索してタイリング表示します。

コマンドチェインのスクリーンショット 範囲選択した文字を2つのサイトで検索

分かりやすいように動画を貼っておきます。価格の比較に便利です。

一番の難関は、Command1と5のブックマークレットです。書き込むコードは、以下のようになっています。

Command1(楽天の場合)

javascript:window.open("https://search.rakuten.co.jp/search/mall/"+window.getSelection().toString());if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

Command5(Amazonの場合)

javascript:window.open("https://www.amazon.co.jp/s?k="+window.getSelection().toString());if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

各自で好きなURLに置き換えて使ってみましょう。

YouTubeで「歌ってみた」検索

「選択範囲の文字+歌ってみた」で、YouTube検索するコマンドチェインです。僕は、よく原曲のカバーを聞きに行くので「歌ってみた」と検索する手間が省けて便利です。

コマンドチェインのスクリーンショット YouTubeで「歌ってみた」検索

ブックマークレットは、以下のようになっています。

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://www.youtube.com/results?search_query='+tx+'%E3%80%80歌ってみた');}void(0);

URLの部分を変更することで、以下のようなことも可能です。よく使うフレーズを登録して、時間短縮してみましょう。

  • 〇〇とは?
  • 〇〇の使い方 Windows11
  • 〇〇 栄養
  • 〇〇 メリット・デメリット

下記のアコーディオンを展開すると、それぞれのブックマークレットを確認できます。

Google検索「〇〇とは?」

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://www.google.com/search?q='+tx+'とは?');}void(0);

Google検索「〇〇 Windows11」

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://www.google.com/search?q='+tx+'%E3%80%80Windows11');}void(0);

Google検索「〇〇 栄養」

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://www.google.com/search?q='+tx+'%E3%80%80栄養');}void(0);

DuckDuckGo検索「〇〇 メリット・デメリット」

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://duckduckgo.com/?q='+tx+'+メリット・デメリット&t=h_&ia=web');}void(0);

テーマを自動変更

テーマを、一定間隔ごとに自動変更するコマンドチェインです。ずっと同じテーマだと飽きてしまう方にぴったりです。

コマンドチェインのスクリーンショット テーマを自動変更

遅延はミリ秒単位で調整します。こちらのサイトで秒・分換算すると分かりやすいです。1000ミリ秒が1秒です。

メモ

本コマンドチェインを利用しなくても、標準でテーマを指定時刻に切り替えてくれる機能があります。

設定→テーマ→テーマ切り替え設定で「手動でスケジュール」にします。

テーマ 切り替え設定

参考:【Vivaldi】おすすめ設定一覧。Vivaldiを自分好みに変えてみよう! | ナポリタン寿司のPC日記

選択範囲のGoogle検索+翻訳

範囲選択した文字列を検索+選択したテキストを翻訳してくれるコマンドチェインです。正直自分でもあんまり使いどころを見いだせていないですが、単語を翻訳するだけでなく、より調べたい時に使えそう?です。

コマンドチェインのスクリーンショット 単語検索+翻訳

動画も貼っておきます。

Google翻訳

選択したテキストをコピー→上下にタイリングして、Google翻訳にかけるコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット Google翻訳

下にGoogle翻訳、上に元サイトが表示されるようになっています。左右表示にするのもありです。コマンド2は、以下のようになっています。Google翻訳の英語から日本語に翻訳するURLです。

https://translate.google.co.jp/?hl=ja&sl=en&tl=ja&text=

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

クイックコマンドよりも、「選択」のコンテキストメニューに追加する方が便利そうです。

Vivaldiには翻訳機能がついているんですが、部分翻訳ができません。Google翻訳で補えないか考えていたところ、本コマンドチェインを思いつきました。→2021年 9月15日にアップデートしたVivaldi4.2で選択したテキストの翻訳が搭載されました。

原文と比較して翻訳

いつの間にか「ページを翻訳」が追加されていたので、原文と比較してページ翻訳のコマンドチェインを作成しました。

コマンドチェインのスクリーンショット 原文と比較して翻訳

動画を貼っておきます。

10回中8回くらいはうまくいくんですが、残りが翻訳されないという不具合がありました。その場合は、遅延を2000~3000あたりで調整してみてください。

最初に「タブスタックから取り出す」を入れないと、スタック内のタブ全てが複製されるという事件が起きます。

【ダイアログあり】開いているタブのタイトルを取得

現在開いているタブのタイトルをダイアログ形式で表示するコマンドチェインです。記事を引用する時にめちゃ便利です。

タイトルのダイアログ

コマンドチェインは、以下のようになっています。

コマンドチェインのスクリーンショット ページタイトルを取得

「現在のタブでリンクを開く」にブックマークレットを登録するだけのシンプルな作りです。ブックマークレットは、以下のようになっています。

javascript:prompt('タイトルだよ!',document.title);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

黄色のハイライト部分は、自分で好きな文言に変更してOKです。URLと一緒に取得したい人もいると思うので、そちらのパターンも書いときます。

javascript:prompt('タイトルとURLだよん',document.title+'%20'+location.href);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

URLの間にある「%20」は、半角空白という意味です。ここを変更することで、より自分が使いやすい形にできます。2つほど例を紹介します。つまり、タイトルとURLの間の記号を何にするかってことですね。

::例1
'-'

::例2
'→'

このコマンドチェインは、以下の記事の「現在のタブのリンクをマークダウン記法でコピー」を参考にさせていただきました。感謝です。

参考:Vivaldiのコマンドチェインやブックマークレットのススメ

より詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

【ダイアログなし】開いているタブのタイトルを取得

上記で紹介したコマンドチェインを数日使ってたんですが、ダイアログが鬱陶しくなってきました。そこで、ダイアログ表示せずに直接クリップボードにコピーするコマンドチェインを作成しました。

記述するブックマークレットが違うだけです。

javascript:(()=>{const e=document.title,t=document.createElement("textarea");t.textContent=e,document.body.appendChild(t),t.select(),document.execCommand("copy"),document.body.removeChild(t),console.log(`Copyed this website title "${e}"`)})();if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

参考:表示しているページのタイトルをコピーするブックマークレット

11月28日追記

URLとタイトルを別々で同時にコピーするコマンドチェインを作成しました。僕が引用する時は、URLとタイトルセットでするので、こちらの方が簡単です。

気になった方はこちらへ飛んでください。

目に優しいモード

現在見ているページを目に優しいモードにしてくれます。(セピア調フィルター、色調反転フィルター)

コマンドチェインのスクリーンショット 目に優しいモード

実際に使用してみた動画を貼っておきます。

現在開いているページのみなので、複数タブ一括で変更したい人には向いてないですね。Chrome拡張機能「Dark Reader」だと、ページ全体のダークモードをオンオフできます。

気になった方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ブックマークのアイコンを取得

コマンドチェインのスクリーンショット ブックマークアイコンを取得

現在開いているブックマークアイコンをPNG画像として保存するコマンドチェインです。

javascript:(function()%7Bvar%20i%3D0%3Bvar%20arrLink%3D%5B%5D%3Bvar%20found%3D0%3BarrLink%3Ddocument.getElementsByTagName('link')%3Bif(arrLink.length%20%3E%200)%7Bfor(i%3D0%3Bi%20%3C%20arrLink.length%3Bi%2B%2B)%7Bif(typeof%20arrLink%5Bi%5D.rel%20!%3D%3D'undefined'%20%26%26%20arrLink%5Bi%5D.rel.indexOf('icon')%3E%20-1)%7Bfound%3D1%3Bwindow.open(arrLink%5Bi%5D.href)%3B%7D%7Dif(found%3D%3D%3D0)%7Balert('favico%20Not%20Found')%3B%7D%7Delse%7Balert('favico%20Not%20Found')%3B%7D%7D)()%3Bvoid(0);

わざわざ保存しなくてもいい場合は「名前を付けて保存」は不要です。

上記ブックマークレットは、下記サイトのJavaScriptを参考にして、ブックマークレット化させていただきました。感謝です。

参考:ウェブサイトからファビコンをダウンロードする方法を教えてください

ポイント

2022年2月8日以前までは、以下のブックマークレットを紹介していました。

javascript:open('http://www.google.com/s2/favicons?domain='+location.hostname,'_blank');

どちらのブックマークレットでも機能しますが、体感として新しく紹介したブックマークレットのほうが高画質なアイコンを取得できる気がします。

開発者モード

Vivaldiのユーザーインターフェースを調べる開発者モードを表示するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 開発者ツール

Command1のコマンドパラメータは以下です。

vivaldi://experiments

最近CSSでカスタマイズする機会が増えてきました。それに伴って、ユーザーインターフェース(セレクタ)を調べたい時が増えたので作成しました。Twitterで、どなたかが既に紹介していたような気がしますが、探しても見つけれませんでした。

動画を撮影したので貼っておきます。気軽にVivaldiの要素を調べる開発者モードが起動できて便利です。

このコマンドチェインは、以下のVivaldiフォーラムを真似させていただきました。感謝です。

参考:Inspecting the Vivaldi UI with DevTools | Vivaldi Forum

翻訳パネル表示

翻訳パネルを固定表示するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 翻訳パネル表示

普段は、オーバーレイ表示にしていて、がっつり翻訳モードにしたい時に活用してみましょう。

スタック内のすべてのタブをピン留め

タブスタック内のすべてのタブをピン留めするコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット スタック内のすべてのタブをピン留め

スタック内のタブ全てをピン留めするには、Ctrl+ダブルクリックでスタック内のタブ全てを選択→ピン留めのショートカットキー(デフォルトでは設定されていないので、自分でShiftPなどに割り当てる)を押さないといけません。この手間を省くのが本コマンドチェインです。

タブ選択とピン留めを一気にやってくれます。コマンドチェインなので、右クリックメニューにも組み込めれます。

タブの右クリックメニューに追加すると、より素早くアクセスできます。

外観 メニューのカスタマイズ タブ

スタック内のすべてのタブをピン留めする方法と、コマンドチェインを活用した方法を動画にしました。

選択範囲をDeepL翻訳

選択範囲の文字列を、DeepL翻訳で検索するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 選択範囲をDeepL翻訳

右クリックメニューに追加しておくとアクセスしやすいかなと思います。このコマンドチェインは、検索エンジンにDeepL翻訳のサイトを登録しておく必要があります。

Vivaldi設定→検索→検索エンジンにDeepL翻訳を追加します。URLは以下のアドレスを登録します。

https://www.deepl.com/ja/translator#en/ja/%s

名称やニックネームは、自分が分かりやすいものにしておきましょう。

検索エンジンにDeepL翻訳を追加

カスタム検索について詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

上記のアドレスは、英語を日本語に翻訳するアドレスですが、日本語を英語に翻訳したい時は、以下のアドレスにします。

https://www.deepl.com/ja/translator#ja/en/%s

両方登録しておいて、状況に応じて使い分けると便利なのかなと思います。

選択範囲をDeepL翻訳-タイリング表示Ver

1つ前で紹介した「選択範囲のDeepL翻訳」のタイリング表示バージョンです。原文と比較したいという時に便利です。

コマンドチェインのスクリーンショット 選択範囲をDeepL翻訳-タイリング表示Ver

動画を貼っておきます。

Twitter「from:選択したユーザーID+Vivaldi」で検索

選択したTwitterのユーザーID(@Naporitansushiみたいなやつ)で、なおかつ「Vivaldi」という単語が含まれているツイートだけを表示するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット Twitter「from:選択したユーザーID+Vivaldi」で検索

Command1は、以下になっています。

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://twitter.com/search?q=from%3A'+tx+'%20Vivaldi');}void(0);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

上記コマンドチェインを作成後、調べたいユーザーIDを「@」を含んだ状態で範囲選択します。

コマンドチェインを実行すると、新しいタブが開いて、検索結果が確認できます。分かりやすいように動画を貼っておきます。動画内ではアクセスしやすいように右クリックメニューに組み込んでいます。

「from:@ユーザーID」で特定のユーザーのツイートだけに絞り込むTwitter 独自の検索コマンドを応用しました。かなり特殊です。

用途としては「このお方、Vivaldiのことツイートしてたけど、過去にもVivaldiに関するツイートしてたのか気になるなぁ」って時に使えます。毎回「from:@ユーザー名 Vivaldi」って入力するのめんどくさいですもんね。

当然ですが、カスタマイズすればVivaldiじゃない単語でもいけます。カスタマイズしやすいように、置き換えたバージョンのコードも貼っておきますね。

Vivaldi以外の単語を登録する

「ここを好きな単語に置き換える」の部分を好きな文字にします。

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://twitter.com/search?q=from%3A'+tx+'ここを好きな単語に置き換える');}void(0);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

前後の「’ ’」は必要なので、削除しないように気を付けてください。

「from:@ユーザー名」だけ検索

特定のユーザー+特定の単語ではなく、特定のユーザーだけで検索したい場合は、以下のコードになります。

javascript:var d=document;var tx=d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();if(tx){window.open('https://twitter.com/search?q=from%3A'+tx);}void(0);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

他の検索コマンドを使いたい

特定のユーザーに絞り込む以外の検索コマンドを使いたい場合は、以下のサイトを参考にしてみてください。

参考:【2021年版】Twitterの検索コマンド60種類まとめ!ユーザー指定や日付指定など使い方を解説 | ヨノイブログ

自分が使いたいコマンドをコマンドチェインに組み込んでみましょう。

「こういう検索コマンド使いたいけど、方法が分からない!うまくいかない!」って方は、遠慮なくコメント欄に書き込んでください。ただし、僕は初心者なのでできなくても許してください。

毎日開くサイトをページ翻訳してタイリング表示

毎日開く2つの海外サイトをページ翻訳してタイリング表示するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 毎日開くサイトをページ翻訳してタイリング表示

僕は「gHacks Technology News」と「Windows Central」のサイトを定期的にチェックしています。最新のWindows関連の情報をチェックできるので重宝しています。

かなり複雑になりますが、他の毎日チェックする日本語サイトと組み合わせることもできます。知りたい方は、下記アコーディオンを展開して参考にしてみてください。僕が実際に使っているコマンドチェインです。

パターンとしては、①新しいタブでサイトを2つ開く→②タイリング表示の繰り返しです。

その中に、海外サイトがあるならページ翻訳と遅延を駆使して頑張るといった具合です。

コマンドチェインのスクリーンショット 毎日チェックするサイト

毎日見させていただいているサイトのリンクも貼っておきます。

RSSでもいいんですが、それほどタイムリーにチェックする時以外は通知が鬱陶しいんですよね。それに現時点ではフィード内での翻訳ができないので、いちいち記事を開いて翻訳しないといけません。そこで本コマンドチェインを思いつきました。

ただし、Vivaldiのページ翻訳には翻訳が上手くいかない時があるという致命的な不具合があるので注意です。

URLとタイトルを別々でコピー「サクッと引用チェイン」

URLとタイトルを別々でクリップボードにコピーして、1つ前のアクティブタブに戻るコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット サクッと引用チェイン

前半部分でアドレスバーのURL、後半部分で記事タイトルをコピーするブックマークレットを使っています。

コマンド1は、以下のようになっています。

javascript:(()=>{const e=`${location.href}`,t=document.createElement("textarea");t.textContent=e,document.body.appendChild(t),t.select(),document.execCommand("copy"),document.body.removeChild(t),console.log(`Copyed this website URL "${e}"`)})();if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

コマンド3は、以下のようになっています。

javascript:(()=>{const e=document.title,t=document.createElement("textarea");t.textContent=e,document.body.appendChild(t),t.select(),document.execCommand("copy"),document.body.removeChild(t),console.log(`Copyed this website title "${e}"`)})();if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};

実際に使ってみた動画を貼っておきます。

まさに引用を頻繁に利用するブロガーさんにおすすめです。

Googleサーチコンソール複製

コマンドチェインのスクリーンショット 特定のタブの複製 サチコ

特定のタブを4つに複製して、タイル状に並べるコマンドチェインです。

僕はブロガーゆえ、Googleサーチコンソールを頻繁に利用します。その中でも、特に利用するのが「インデックス申請」です。Googleの検索結果に表示されるように、記事を申請する作業です。

この作業は、1つのタブだけだと時間がかかって非効率です。本コマンドチェインを実行すれば、4つ開いてくれるので、一気にインデックス登録できます。

サクッと開けるように、チェイン名は「サチコ」で登録しています。僕は、他サイトでも応用できるように、タブの複製のみにしていますが、サチコに特化させたい場合は、以下のようにしましょう。

コマンドチェインのスクリーンショット サチコ特化モード

Command1の「新しいタブでリンクを開く」に、自身のサチコのURLを登録します。動作が安定しない場合は、Command2の遅延をもう少し大きくしましょう。800や1000が安定するかなぁと思います。

タブスライドショー

タブを一定間隔ごとに自動で切り替えてくれるコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット タブのスライドショー

遅延の単位はミリ秒なので、上記コマンドだと2000ミリ秒=2秒ということになります。2秒おきに次のタブ(表示順)に切り替えてくれます。

動画を貼っておきます。尺の都合上、遅延を短く設定しています。

タブの切り替え系は、いくつか用意されているので、自分が好きなコマンドにしてみましょう。

タブの切り替えコマンド
タブの切り替え系コマンドについて
タブサイクラー・前のタブに戻る
タブサイクラー・後のタブに戻る
一つ前のタブに戻る(表示順)
一つ後のタブ進む(表示順)
一つ前のアクティブタブに戻る
一つ後のアクティブタブに進む
1つ目~9つ目のタブに切り替え
最後のタブに切り替え

貼り付けて移動-コマンドチェイン版

選択範囲の文字・またはURLを新しいタブで検索するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 貼り付けて移動

Vivaldiフォーラム起動

Vivaldiフォーラム(日本語)と、バージョン情報(vivaldi://about/)をセットで表示するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット フォーラム起動

フォーラムで不具合報告する場合、お使いのVivaldiバージョンが必要になります。「vivaldi://about/」ページに、バージョン情報が書かれているので、サクッとコピペできます。

僕の環境だと、バージョン情報ページが正常に表示されない時もありました。同じような現象が発生する方は、以下のコマンドチェインをご利用ください。

コマンドチェインのスクリーンショット フォーラム起動(パターン2)

「新しいタブでリンクを開く」で直接バージョン情報のページを開く内部URLを指定しています。

詳しくは、Vivaldiフォーラムに投稿しているので、気になった方は、参考にしてみてください。

タブの自動リロード

現在のタブ、その後に続くタブ(表示順)を一定間隔ごとに自動リロードさせるコマンドチェインです。下記画像の場合、1~5番目までのタブを開いていたとすると、1~4番目までのタブが自動リロードの対象になります。

コマンドチェインのスクリーンショット タブの自動リロード

コマンドパラメータの単位は「秒」です。遅延はミリ秒なので勘違いしないように注意です。最小単位は、60(秒)となっています。60より低い数字を入力しても、自動的に60秒に設定されます。ページに負荷をかからないようにするためかなと思います。

現在開いているタブから順番に下に自動リロードを開始します。実際に使ってみた動画を貼っておきます。

上記の場合、現在いるタブから、下に下に向かうようになっています。そうじゃなくて、全体のタブに対して1つ目、2つ目と指定したい場合は、以下のコマンドチェインになります。「〇つ目のタブに切り替え」コマンドを利用します。

コマンドチェインのスクリーンショット 自動リロード(パターン2)

自動リロード解除

上記で紹介した自動リロードコマンドチェインとセットで登録しておくといいかなと思います。自動リロードしているタブを一括で解除するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 自動リロード解除

スタック内のタブ全てをリーディングリストに登録

タブスタック内にあるタブ全てをリーディングリスト(Vivaldi5.1から登場)に登録するコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット スタック内のタブ全てをリーディングリストに登録

「現在のタブを選択」というコマンドは、タブスタック内で使うと、スタック内の全てのタブを選択してくれます。実際に使ってみた動画を貼っておきます。

選択範囲をクイックコマンドに貼り付け

選択範囲をクイックコマンドに貼り付けるコマンドチェインです。

コマンドチェインのスクリーンショット 選択範囲をクイックコマンドに貼り付け

Vivaldiの電卓機能と相性が良いです。

予め計算式がどこかに書かれているor一部の数字がある場合に使えます。範囲選択した数字(文字列も可)をクイックコマンドに貼り付けてくれるので、瞬時に計算結果を取得できます。

使う場合、ウェブページの「選択」の右クリックメニューに組み込むのが良いかなと思います。実際に使ってみた動画を貼っておきます。

GitHubの日付を絶対表示に変更

GitHubウェブサイトの日付を、相対表示(例:15days ago)から、絶対表示(例:2022/04/13)にするコマンドチェインです。僕みたいなソフトや拡張機能の更新情報をチェックする人に便利だと思います。

javascript:["relative-time","time-ago"].forEach(function(tag){var times=document.querySelectorAll(tag);for(var i=0;i<times.length;i++){var date=new Date(times[i].getAttribute("datetime"));var dateString="";dateString+=date.getFullYear()+"/";dateString+=("0"+(date.getMonth()+1)).slice(-2)+"/";dateString+=("0"+date.getDate()).slice(-2)+" ";dateString+=("0"+date.getHours()).slice(-2)+":";dateString+=("0"+date.getMinutes()).slice(-2)+":";dateString+=("0"+date.getSeconds()).slice(-2);times[i].innerText=dateString}});void(0);if(history.replaceState){history.replaceState({},null,location.href);};
コマンドチェインのスクリーンショット GitHubの日付を絶対表示に変更

GitHubのリリースページを開いて、本コマンドチェインを実行します。瞬時に、日付の相対表示が絶対表示に変わります。いつ更新されたのか確認しやすいです。

「GitHubの日付を絶対表示に変更」コマンドチェイン実行前と実行後の比較画像

ブックマークレットは、下記サイトを参考にさせていただきました。感謝です。まぁ、正直ブックマークレット単体で動作するので、わざわざコマンドチェインにしなくてもいいかなという感じです。他の操作と組み合わせられる点が強みかなと思います。

参考:GITHUBの日付の表示を相対表示から絶対表示に変換するブックマークレット – Qiita

【YouTube】ジャルジャル最新順に再生

特定のYouTubeチャンネルの現在再生している動画から、古い動画へと順番に再生するコマンドチェインです。「何のこっちゃ?」だと思うので、動画を貼っておきます。

コマンドチェインを実行すると、現在見ているジャルジャルの動画から、古い動画へ続くプライリストが開きます。ジャルジャル好きの僕には最高です。

コマンドは、以下のようになっています。動画の右クリックメニューに登録すると、アクセスしやすいです。

コマンドチェインのスクリーンショット ジャルジャル最新順に再生
javascript:(function(){stringUrl=String(window.location.href);stringUrl+="&list=UUhwgNUWPM-ksOP3BbfQHS5Q";document.location=stringUrl})();

「UUhwgNUWPM-ksOP3BbfQHS5Q」の部分が、ジャルジャルのチャンネルIDになっています。この部分を、好きな人のチェンネルIDにすることで、置き換えられます。ただし、チャンネルIDの2文字目にある「C」は、「U」に変えます。

詳しくは、下記記事の一部に書いているので、参考にしてみてください。

Vivaldiフォーラムにも投稿しました。

参考:コマンドチェインの実例とアイデア | Vivaldi Forum

【YouTube】古い順に再生

1つ前に紹介した最新順のプレイリスト再生の逆で、古い順のプレイリストで再生することも可能です。

同じコマンドチェインで、コマンド(ブックマークレット)だけ異なります。こちらの場合、チャンネルIDごとに個別で置き換える必要はありません。どのチャンネルもURL末尾に「&list=UL01234567890」と付与すると、古い順に再生します。

javascript:(function(){stringUrl=String(window.location.href);stringUrl+="&list=UL01234567890";document.location=stringUrl})();

感想

以上、Vivaldi4.1で追加されたコマンドチェインの使い方、及びおすすめチェインについてでした。

まじでコマンドチェイン最強です。

Posted by ナポリタン寿司