当サイトは、アフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています。消費者庁が、2023年10月1日から施行予定である景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています(記事はこちら、消す方法はこちら

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

ブロガーは「Google Play」の銀行口座のうっかり削除に注意?

ブログ

Googleのアイコン

この記事では、「Google Play」アプリの支払い方法ページにある「使用不能」と書かれている銀行口座は、実は「Googleアドセンス」で使っているかも?ブロガーさんは要確認!という件について書きます。

ブロガーは「Google Play」の銀行口座のうっかり削除に注意?

ナポリタン寿司は、定期的に登録しているアカウントやパスワードを見直しています。もう使わなくなったサービスは、アカウントごと削除したり、古い電話番号や古い支払い方法は削除したり、できるだけ最新の情報にするよう努力しています。

その一環で、「Google Play」アプリの支払い方法に登録しているカードを整理しようと見てみました。

お支払い方法には、クレジットカードと混ざって、「使用不能」と書かれた銀行口座がありました。「これは使っていないのかな?」と削除したら、実は「Googleアドセンス」の報酬受け取りで使っていた銀行口座だった…という失敗をしてしまいました。

実は、過去2回ほど、同じようにミスっています。失敗を学ばないドジです。

「次こそは失敗しないぞ…」という思いを込めて、記事にすることにしました。本記事は、「Google Play」のお支払い方法を定期的に確認・お掃除する方で、なおかつ「Googleアドセンス」を利用しているブロガーさん向けです。かなりニッチです。

「Google Play」上にある使用不能の銀行口座を削除

今回、どのような手順で、銀行口座を確認・削除したか方法を書きます。この方法を実行してしまうと、僕と同じ失敗をしてしまうので、ひとまず何もせず、最後まで読むことをおすすめします。「あ、自分には関係ないや。とにかく銀行口座削除したい」という場合は、実行しても構いません。

Androidスマホの「Google Play」アプリを起動します。右上のプロフィールボタンをタップ→「お支払いと定期購入」をタップします。

「Google Play」アプリで、支払い方法に登録している「使用不能」の銀行口座を削除する手順画像1

「お支払い方法」をタップします。

「Google Play」アプリで、支払い方法に登録している「使用不能」の銀行口座を削除する手順画像2

「お支払い方法」には、JCBのクレジットカードが登録されていて、さらに「銀行 普通 〇〇」というのが登録されていました。

余談:もれなく1,500円キャッシュバック!お友達紹介キャンペーン | クレジットカードなら、JCBカード

JCBのクレジットカードは、もちろん僕のカードなので、見覚えがあり、銀行口座についても僕のものです。しかし、僕の口座には間違いないんですが、「使用不能」と赤文字で書かれていました。

「Google Play」アプリで、支払い方法に登録している「使用不能」の銀行口座を削除する手順画像3

「うーん。僕のには間違いないんだけど、使用不能ってことは、何かの拍子で登録したけど、結局使えなかったから、そのまま放置しているパターンかな?Google Playで買い物する時は、クレジットカードだし、銀行口座はいらないか。よし消すか」と思いました。

下部にある「お支払いに関するその他の設定」をタップします。

「Google Play」アプリで、支払い方法に登録している「使用不能」の銀行口座を削除する手順画像4

既定のブラウザアプリで、新しいページが開かれます。「Googleのお支払い方法」管理ページです。ここから、登録しているカードや銀行口座情報を削除できます。使用不能となっていた銀行口座の「削除」をタップします。

「Google Play」アプリで、支払い方法に登録している「使用不能」の銀行口座を削除する手順画像5

これで登録していた銀行口座が削除されます。「Google Play」上からも削除されて、何も問題がないように見えます。しかし、次に解説する通り、思わぬミスが発覚しました。

実は「使用不能」でも「Googleアドセンス」のほうで使われていた

銀行口座を削除してから、広告配信サービス「Googleアドセンス」の管理画面を開くと、「お客様のお支払いは現在保留されています。お支払いをお受け取りになるには、お手続きが必要です」とエラーが表示されていました。

「Google Play」アプリで、「使用不能」の銀行口座を削除した後にアクセスした「Googleアドセンス」画面1

左側サイドバーにある「お支払い情報」ページをクリックして、支払い画面を見てみても、エラーになっています。なんと、「お受け取り方法」が、未登録状態になっていました。

「Google Play」アプリで、「使用不能」の銀行口座を削除した後にアクセスした「Googleアドセンス」画面2

「うわ!!Google Play上では、使用不能になっていても、Googleアドセンスのほうでは、しっかり使っていたんだった!銀行口座を削除したことにより、アドセンスがどこに振り込めばいいの~~とエラーを出しているんだ!」と、気づきました。

気づいたというか、実は、過去も2回ほど全く同じミスをしています。毎回、「ん?使用不能?いらねぇ情報だな。削除っと…」と消しては、後から「うわーーしまった!消したらあかんじゃん!」と気づくのでした。

今回も、思い出した時点で、「前もやってるじゃんこの流れ…。なんで途中で思い出したり、学ばないんだよ…」となるのでした。

こうなると、再び「Googleアドセンス」に銀行口座を登録しないといけません。名義やら銀行・支店コード、口座番号などを入力します。

「Googleアドセンス」で再び銀行口座を登録している画像1

登録して、はい終わりではなく、確認作業があります。具体的には、数日以内に、Googleアドセンスからテストで数円が振り込まれます。振り込まれた数字(円)を、認証画面に入力して、一致していたら無事に登録完了です。

「Googleアドセンス」で再び銀行口座を登録している画像2

もうほんとバカすぎます。「使用不能」とか赤文字で書かれていたら、「もう使っていないんだな」と思っちゃう単純な人間です。

Google系のサービスは、「Google Play」と「アドセンス」…って感じで、別々で管理されているわけではなく、同じ「Googleアカウント」で、一括りになっているので、個別に考えたらいけないなーと改めて思いました。

恐らく、「Google Play」上だと、銀行口座は支払い方法として、「使用不能」なんだと思います。

「Googleアドセンス」のほうで、銀行口座を再登録すると、再び「Google Play」のアプリ上に、「使用不能」の口座が追加されます。「Google Play」上では、ずっと使用不能なので、違和感ですが、もう仕方ないです。諦めましょう。

感想

以上、「Google Play」アプリの支払い方法ページにある「使用不能」と書かれている銀行口座は、実は「Googleアドセンス」で使っているかも?うっかり削除に要注意!についてでした。

僕と同じ、Googleアドセンスを利用しているブロガーさん、うっかり「Google Play」上で、使用不能だからといって、削除しないよう気を付けましょう。

本記事を見た方が、いざその場面に直面した時、「いや、待てよ。Google Play上では使ってなくても、どこか他のGoogle系で使っている口座情報じゃないか?」と一呼吸おいて考えられることを祈っております。

ブログ