【亀】夏は、とにかく早く水質が汚くなるよって話(画像付き)

その他

うちで飼っているミドリガメのアイコン

うちで飼っている亀ちゃん(ミドリガメ)の水質が汚くなる具合を写真で撮影したので、共有したいと思います。

「大きな亀ちゃんを飼うと、夏場大変だよ~」という注意喚起も込められています。

皆さーん、亀ちゃん飼っていますか~?

当サイトを見ていただいている方で、亀さん飼っている方は、ごく少数だと思います。だって、当サイトは、亀さんと全然ないブログだもーん!わっはははー。(今日はナポリタン寿司、テンション高いですね)

ゴホンッ。取り乱しました。僕(ナポリタン寿司)は、亀さんを飼っています。外来種のミドリガメちゃんです。独特の模様が特徴の亀さんです。通常、PC関連の記事しか書かないので、びっくりされるかもしれません。

YouTubeには動画をあげていたので、ご覧になった方は、知っているかもしれません。YouTubeのリンクを教えてほしいだって?仕方ないな~。以下のボタンからどぞ~笑。潔い宣伝!好感度ただ下がり!ズドーン。

僕は、基本的に楽しい部分だけを切り取って、動画として公開しています。しかし、生命を飼うということは、同時に大変さもついてきます。

亀さんを飼う上での、大変な点は、ずばり「掃除」です。夏場は、特にひどいです。フン、エサの残飯による影響で、数日もすれば、泥沼の完成です。

水が汚くなることは、何一つ良いことがありません。いくつかデメリットを書いておきます。百害あって一利なしだと思います。

  • 見た目が汚くなる
  • 亀さんの病気のリスクが高まる
  • 亀さんが水を飲まなくなり、脱水症状を起こす
  • 悪臭がする
  • チョウバエの幼虫など、虫が湧く原因になる

少しでも汚いな?と感じたら、その日のうちに掃除する必要があります。サボり厳禁です。

そこで本記事では、大きな大人亀ちゃんが、いかにして夏場、水を汚すのかを写真付きで解説します。3日です。3日もあれば、十分汚くなります。

本記事は、ペットを飼うのが素人のナポリタン寿司の見解です。水質の温度を保つ、室内で飼う…など、もっと工夫すれば、綺麗に維持できるのかもしれません。

僕は、ベランダに大型タライを置いて、そのまま水入れて、飼育しています。外のホコリや環境をもろに受けるので、室内飼育されている方よりも、早く汚れているかもしれません。

また、亀の年齢・サイズによっても水質変化スピードは異なってきます。大きいのに、小さい水槽で飼っている場合は、それだけ汚れるのも早くなります。小さい赤ちゃんだったら、遅いです。

文章読むのがめんどくさい場合は、動画を参考にしてみてください。

今回、検証した期間:2022年7月4日~7月7日

夏場の亀ちゃんの水質変化を観察してみよう

掃除から0日経過(掃除当日)

2022年7月4日から記録してみました。

下記画像が掃除0日目です。掃除して1時間後くらいに撮影しました。掃除した後に、市販のエサを与えたので、若干底に残飯が残っていますが、水質自体は、綺麗です。

掃除から0日経過(掃除当日)の画像

掃除から1日経過

7月5日、掃除から1日経過しました。

既にそこそこ汚くなりました。亀さんの皮膚の皮がぺりぺり剥がれていて浮いています。この白いカスが汚れるのに、一役買っています。

掃除から1日経過の画像

まぁ、まだ水質の色自体は、若干にごっている程度で、「おぇぇ」ってなるレベルではありません。

余談ですが、亀さんの白い皮と言えば、脱皮か水カビ病の2つが挙げられます。脱皮の場合、水が汚くなるというデメリットだけで、特に問題はありません。後者の場合は、亀さんの命に関わる病気なので、対処が必要です。

僕の亀さんの場合、脱皮だと思われます。これで、皮膚炎(水カビ病)だったら、驚きです。元気でピンピンしているので、今さら水カビ病でした~ってことはないと思います。

そもそも「脱皮」って何でしているんですかね?成長だとしたら、まだ大きくなるのか、この亀ちゃん…。ちなみに、甲羅の表面は年に2回ほど剥がれます。ぺりぺりっと剥がれて面白いです。

掃除から2日経過

7月6日、掃除してから2日が経過しました。

水質が、緑がかっていて、昨日までと違い、明確に汚れていると実感できます。

掃除から2日経過の画像

掃除から3日経過

7月7日、掃除から3日が経過しました。

完全に水は汚れていて、泥沼になっています。レンガで日向ぼっこしている亀さんからも、「おえぇ」という声が聞こえてきそうです。顔を近づけると、もわっとした臭みが漂ってきます。この中に手はつけたくありません。

掃除から3日経過の画像

我慢できずに掃除しちゃった

3日目で我慢できずに、掃除してしまいました。水を抜いた状態のタライを貼っておきます。底にフンや、エサの残飯、レンガのカケラが沢山沈んでいます。

掃除するために、水を抜いた状態のタライ画像
大体掃除から4日目の画像

観察してみよう!と言いつつ、3日で終わりってのは、ちょっとダメかな?と思ったので、別日に撮影した掃除から大体4日目の写真を貼っておきます。

当初の時の、透明度はありません。この緑色の水質は、コケの一種である植物性プランクトン(アオコ)が繁殖したのが原因です。たまに、緑がかっている湖とかありますよね。あれと一緒です。汚い場所、温度が高い夏場に発生します。

掃除から4日経過の画像

水質の変化に伴い、どこからともなく、ハエがたかってきます。ハエが見え始めたら、いよいよ水質末期です。早急に掃除しましょう。

水面の上に、ハエが3匹止まっている画像

感想

以上、うちの亀ちゃんが、水質を汚くするまでの過程報告でした。

僕が2歳の頃にペットショップで購入したようです。うちに来て、ぴったり20年です。僕の人生とともに、歩いていますね。寿命は、どのくらいか分かりませんが、長生きしてほしいものです。

※追記(2022年7月21日)
そんな亀ちゃんを体重測定した記事を公開しました。気になる方は、参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司