【Windows11】スマホ連携リンクを完全削除する方法

Windows11

スマホ連携リンクのアイコン

この記事では、Windows11に標準内蔵しているアプリ「スマホ連携リンク」を完全アンインストールする方法について書きます。

スマホと連携していない方は、削除しても問題ありません。

【Windows11】スマホ連携リンクを完全削除する方法

「PowerShell」で削除コマンドを実行することで、スマホ連携リンクをお使いのPCから、完全に削除できます。

通常、Windows11に標準内蔵されているアプリ「スマホ連携リンク」は、削除できないようになっています。設定からアンインストールしようとしても、グレーアウトしていて押せません。

アプリ>インストールされているアプリ スマホ連携リンクは、グレーアウトしていて削除できない

そのくせ、バッググラウンドでずっと常駐しています。タスクマネージャー(CtrlShiftEsc)を起動してみると、常に待機状態になっていました。

以前はそんなことなかったような気がするのですが、いつの間にかこんな状態になっていました。「状態」のところに、一時停止マークがあるので、使っていないとは思うのですが、あまり気分の良いものではありません。

タスクマネージャー スマホ連携リンクが常駐している

僕は、全く本アプリを使わないし、今後もスマホと連携することはありません。

同じような方は、PowerShell経由で強制削除するのがおすすめです。削除することで、裏で起動することも、タスクマネージャーの一覧に表示されることもなくなります。スタートメニューの一覧からも消えます。

再インストールしたくなったら、いつでもMicrosoftストアからインストールできます。

「スマホと連携しないのに、勝手にバッググラウンドで起動していてうざい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。Windows11向けの内容ですが、恐らくWindows10でも可能だと思います。責任はとれないので、自己責任でお願いいたします。

記事執筆時の筆者のWindowsバージョン:Windows 11 Home 22H2 22598.200

スマホ連携リンクを強制削除する手順

3分もあればできます。

PowerShellの起動

タスクバーのスタートメニューの右クリック→ターミナル(管理者)をクリックします。

スタートメニューの右クリック ターミナル(管理者)

ターミナルが起動するので、タブ横の矢印ボタン→Windows PowerShellをクリックします。既にPowerShellになっている方は、スキップしてOKです。

タブ横の矢印ボタン Windows PowerShell

削除コマンドの実行

以下のコマンドを入力して、Enterで実行します。

Get-AppxPackage Microsoft.YourPhone | Remove-AppxPackage
ターミナル(PowerShell)に、削除コマンドを入力して実行する

一瞬青い画面が表示されるので待ちます。2行目が表示されれば削除完了です。

ディレクトリの2行目が表示されればOK

実際に削除できたか確認

スタートメニューを開いてみます。一番上の「&行」に「[スマホ連携リンク]」とありましたが、削除コマンド実行後は、綺麗になくなっています。

スマホ連携リンクの削除前と削除後のスタートメニューの比較画像

削除してすぐは、タスクマネージャーで存在を確認できるかもしれません。PCを再起動すると、完全にタスクマネージャーからも消えます。

タスクマネージャーからも「スマホ連携リンク」が消えていることを確認できる

再インストールするには?

以下のMicrosoftストアページから再インストールできます。

「入手」をクリックします。

スマホ連携リンクの再インストールページ

ストアアプリが起動するので、再度「入手」でインストールできます。

感想

以上、Windows11で初期インストールされている「スマホ連携リンク」アプリを強制削除する方法についてでした。

これ以外の初期インストールされているアプリを消すコマンドは、以下の記事に紹介しています。気になった方は、参考にしてみてください。

Posted by ナポリタン寿司