【Start11】Windows11のスタート画面をWindows10に戻すソフト

Windows11,ソフト

Start11のアイコン

この記事では、Windows11のスタート画面をWindows10の外観に戻せる有料ソフト「Start11」について書きます。

30日間の無料お試しもできます。機能がちょー豊富。そんな印象です。

Start11のスクリーンショット

Windows11のスタート画面をWindows10の外観に戻せる有料ソフトです。Windows10の時と同じように左側にショートカットリスト、続いてインストールしているアプリ一覧、右側にスタート画面にピン留めしているアプリが表示されます。

ピン留めしているアプリは自由に配置・解除ができ、タイルのサイズも調整可能です。スタート画面の透明度やフォントサイズ、背景画像の変更など本来のWindows10スタートメニューではできないオプションも豊富に用意されています。

Windows10のスタイル以外にWindows7、モダンスタイルも用意されており、同様にカスタマイズ可能です。

メニュー以外に、スタートボタンのアイコンの変更、タスクバーのアイコンサイズ、色、背景画像、表示位置の変更もできます。

料金は、12月4日(土)現在で1ライセンスあたり772円でした。購入前の30日間無料お試しが利用できます。買い切り版なので、1回購入すれば永久に使えます。

正確にはWindows10のスタート画面に戻すわけではなく、限りなく似せてそれっぽくしているというアプリです。といってもパと見は本当にWindows10そのもののスタートメニューです。

※本ソフトの言語は英語です。この記事ではDeepL翻訳を使って日本語の説明を書いています。僕は英語が全くできないので間違った解釈をしている可能性があります。ご了承ください。

提供元:Stardock
記事執筆時のバージョン:1.01(2021年11月23日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

「Get it Now」をクリックします。

Start11 トップページ

今回は30日間の無料お試しを利用してみます。「Try free for 30-days(30日間無料でお試しください。)」をクリックします。

Start11 購入画面
Google翻訳しています。本来は英語のサイトです。

ダウンロードが開始されます。始まらない場合は、「Click this link(このリンクをクリックしてください)」をクリックします。

ダウンロード中

ダウンロードできたらインストールしていきます。

セットアップファイル

「同意します」を選択して「次へ」をクリックします。

Start11のセットアップ 使用許諾契約

インストール先を確認して「次へ」をクリックします。

Start11のセットアップ インストール先フォルダ

インストールが完了すると自動的にメイン画面が表示されます。今回は無料お試しを利用するのは「30日トライアルを開始する」をクリックします。

30日間トライアルを開始する

メールアドレスを入力します。

無料お試しを利用するにはメールアドレスが必要になります。既に無料お試しを利用したかどうかを判別してるんですね。入力したら「続ける」をクリックします。

メールアドレスの入力

入力したメールアドレスに認証メールが届きます。開いて「Activate 30-Day Trial」をクリックします。

メール Activate 30-Day Trial

ブラウザでページが開きます。「Start11 Trial Validation Successful(トライアル認証成功)」と表示されていたら完了です。

Start11 Trial Validation Successful

Start11の画面に戻ると、「ありがとうございます!」と表示されて利用できるようになっています。これで30日間は無料で利用できます。30日を過ぎると使えなくなります。

トライアル認証の完了メッセージ

使い方・設定

Start Menu(スタートメニュー)

Windows11のスタートメニューの外観を変更できます。「Use the Start11 Start Menu」をオンにして、スタイルをクリックします。

Start Menu

Windows10にしたい場合は、ここで「Windows 10 style」を選択します。それぞれのスタイル画像を貼っておきます。

Windows7のスタイルだとこんな感じです。

メニューのスタイル Windows7

モダンスタイルだとこんな感じです。Windows7のスタイルを現代風にしたイメージです。

メニューのスタイル モダン

Windows10だとこんな感じです。フォルダーアイコンが若干違いますが、それ以外はWindows10と変わらない印象を受けました。

メニューのスタイル Windows10

Windows10のスタートメニューと同じような操作方法で使えます。アプリをタイルにピン留め、サイズ変更、解除など問題なくできます。

Configuration(設定)

スタート画面のスタイル選択画面右側にある歯車アイコンをクリックすると、詳細設定に飛びます。

Start Menu Configuration
スタートメニューの詳細設定
Shortcut listショートカットリスト
Customize menu visual appearanceメニューの見た目をカスタマイズ
Show shutdown and reboot options when connected via Remote Desktopリモートデスクトップ接続時にシャットダウンと再起動のオプションを表示する
Advanced options詳細設定
–Show more tiles on start–スタート時に多くのタイルを表示
–Show recently added apps–最近追加されたアプリの表示
–Shortcut icons should be sized
—-Tiny
—-Small
—-Medium
—-Large
—-Extra Large
—-Hugfe
—-Absurd
–ショートカットアイコンのサイズ
—-ちょー小さい
—-小さい
—-普通
—-大きい
—-ちょー大きい
—-めちゃくちゃ大きい
–Use fullscreen menuフルスクリーンのメニューを使う
–Show app list in start menuスタートメニューにインストールしているアプリ一覧を表示
–Start menu should open showing all programs listスタートメニューにすべてのプログラムの一覧を表示する

Shortcut list(ショートカットリスト)

スタートメニュー一番左側のリストをカスタマイズできます。

スタートメニューのインストールされているアプリ一覧の左側に表示されているアイコン画像、ドキュメントや設定のことです。

クリックですぐに目的の場所にアクセスできる機能です。

スタートメニューのショートカットリスト

ここの項目を自分の好きなようにカスタマイズできます。

「Add」で新しい項目を追加、「Rename」で名前変更、「Delete」で削除です。登録したリストはドラッグ&ドロップで並び替えできます。

Add Standard locations

追加できる項目は、Windows10で用意されている項目に加え、自分で好きなフォルダーやアプリを登録できます。

フォルダーの参照

コマンドプロンプトやデスクトップあたりが便利かなと思います。ショートカットリンクも配置できるので、お気に入りのブラウザやソフト、ゲームなんかを登録してみるのも面白いかもしれません。

ショートカットリストに好きなブラウザを登録

Customize menu visual appearance(メニューの表示方法のカスタマイズ)

スタートメニューの色、フォントサイズ、背景画像などを変更できます。

Start Menu Configuration Visual appearance
スタートメニューの外観設定
Use automatic colour for the start menuスタートメニューの自動カラー設定
(オフにすると手動で好きな色に変更できる)
Make menu font bigger or smallerフォントサイズ
Change visual effects on the menu視覚効果
Round the corners of the menu and menu elementsメニューとメニュー要素の角を丸くする
Animate the menu when opening itメニューを開くときにアニメーションさせる
Offset the menu from the taskbar
–Never
–Always
–Only when centred start button
メニューとタスクバーの隙間の調整
–しない
–常にする
–スタートボタンが中央に配置されている時のみする
Use a custom menu background背景に好きな画像を設定

Round the corners of the menu and menu elementsをオフにするとWindows10の時と同じようにタイルにピン留めしているアプリの角が四角になります。カクカクデザインが好きな方はオフにしましょう。

タイルの角丸をオンオフした比較画像

Offset the menu from the taskbarは、メニューとタスクバーの隙間を調整します。

Alwaysにすると若干の隙間が生まれて違和感なくメニューが表示されます。Neverだと隙間がほぼない状態になり、Windows11のフローティングデザインの観点からすると若干美しくないような気もします。まぁ好みです。

Offset the menu from the taskbar

Use a custom menu backgroundで好きな背景画像に変更できます。ここで一気に個性を出せます。アニメ画像とかにするとすごそうですね。

Windows11の壁紙にするとめちゃくちゃ綺麗です。スタートメニューの背景を好きな画像にするって考えがなかったので感動です。

スタートメニューの背景を好きな画像に変更

え?ナポリタン寿司が作ったオリジナル画像が欲しいだって!?仕方ないですね~。どうぞ保存しちゃって使ってみてください(え…?)右クリック→名前を付けて画像を保存でパソコンにダウンロードできます。

ナポリタン寿司が作成したオリジナル壁紙
ナポリタン寿司のPC日記のアイコンを使った壁紙
GIMPで作成しました。なんだかんだ5分くらいかかりました。

Shortcut icons should be sized(ピン留めアプリのアイコンサイズ)

ショートカットアイコン(ピン留めしているアプリアイコン)のサイズを変更できます。Tinyが一番小さくて、Absurdが一番大きいサイズになっています。

Shortcut icons should be sized Tiny

Absurdは本当に大きいです。

Shortcut icons should be sized Absurd

Show app list in start menu(スタートメニューにアプリ一覧を表示)

スタートメニューのアプリ一覧の表示切り替えができます。

オフにするとアプリ一覧が表示されません。正確には、左側の2番目アイコンをクリックすると切り替えられます。スタートメニューをスッキリさせたい人におすすめです。

スタートメニューのアプリ一覧を非表示

比較動画を貼っておきます。

Start Button(スタートボタン)

スタートボタンの画像を好きなアイコンに変更できます。カスタム画像を使う場合は「On」にして、「Pick image」から画像を登録します。

ただし、この機能はWindows11のスタートボタンを左に配置している時のみ動作します。

Start Button

Windows11の設定(WindowsI)を開きます。

個人用設定→タスクバー→タスクバーの動作→タスクバーの配置から左揃えにできます。

個人用設定 タスクバー
スタートボタンの変更
Use a custom start button imageスタートボタンの画像を変更
Position the start button in the centre of the taskbarスタートボタンをタスクバーの中央に配置する

「Download」をクリックすると、スタートボタンをダウンロードできるサイトに飛びます。

参考:Start Menu Buttons | WinCustomize.com

以下のサイトからでもダウンロードできます。こちらのほうには、アニメ系が多い印象です。

参考:200+ Start orb icon for Windows 7, 8, 10, 11

Microsoft 風のスタートボタンにしてみました。おしゃれでいいですね。

スタートボタンをMicrosoft風のロゴに変更
リンク:Windows 10 Start Buttons start orb [DOWNLOAD FREE] #45781

Taskbar(タスクバー)

タスクバーの設定を変更できます。

Taskbar
タスクバーの設定
Taskbar blur, transparency, and colourタスクバーのぼかし、透明度、色
–Blur the wallpaper under the taskbar–タスクバー下の壁紙をぼかす
–Use automatic colour for the taskbar–タスクバーの自動カラー設定
(オフにすると手動で好きな色に変更できる)
–Adjust taskbar transparency–タスクバーの透明度の調整
Apply a custom texture to the taskbarタスクバーの背景を変更
Position the start button in the centre of the taskbarスタートボタンをタスクバーの中央に配置する
Control what right clicking on the taskbar doesタスクバーを右クリックしたときの動作を制御する
–Show Win+X menu when right clicking on the start button rather than the Start11 oneスタートボタンを右クリックしたときに、Start11のメニューではなく、Win+Xのメニューを表示する。
–Replace taskbar right click menu with Windows 10 style oneタスクバーの右クリックメニューをWindows 10スタイルのものに置き換える
Advanced taskbar tweaks
–Explorer restart needed
以下、高度な設定
–エクスプローラーの再起動が必要
Taskbar size
–Small
–Medium
–Large
タスクバーサイズ
–小
–中
–大
Taskbar position
–Align Top
–Align Bottom
タスクバーの位置
–上に配置
–下に配置
Primary monitorプライマリモニター
(メインモニター)
Secondary monitorsセカンドモニター

Use automatic colour for the taskbar(タスクバーの色を自動的に変更)

タスクバーの背景色を設定できます。

オンにするとアクセントカラーが自動で適用されるようになります。オフにして「Pick colour」から手動で色を設定することもできます。

タスクバーの背景色を変更

Apply a custom texture to the taskbar(タスクバーに好きな画像を適用)

タスクバーの背景を好きな画像に変更できます。

Apply a custom texture to the taskbar
タスクバーの背景設定
Use a custom taskbar background texture好きな背景画像(テクスチャ)に変更
Automatically apply accent colour to textureテクスチャに自動的にアクセントカラーを適用する
Adjust texture transparencyテクスチャの透明度の調整
The texture should be positioned
–At the bottom
–At the middle
–At the top
–Force to stretch fit
テクスチャの位置
–一番下
–中央
–一番上
–フィット

「Use a custom taskbar background texture」をオンにして画像を登録すると背景が変更されます。初期でいくつか画像が用意されています。「Pick custom image」から自分の好きな画像を登録できます。

試しにWindows11 SEの背景画像にしてみました。サクッとトリミングして適用しただけなのでそこまで綺麗ではないですね。

タスクバーの背景をWindows SEの壁紙に変更

タスクバーに合うちょーどいい画像を用意しないといけないので中々難しいと思いました。

Control what right clicking on the taskbar does(タスクバーの右クリックメニューを制御)

タスクバー、およびスタートボタンの右クリックメニューを制御できます。

例えば、「Replace taskbar right click menu with Windows 10 style one」をオンオフした場合はタスクバーの右クリックメニューが以下のように変化します。

Replace taskbar right click menu with Windows 10 style oneのオンオフ比較画像
左がStart11、右がWindows11標準の右クリックメニュー

個人的にはWindows11のタスクバー右クリックはあまりに寂しいのでオンの方が好きです。

Taskbar size & Taskbar position(タスクバーの大きさ&タスクバーの位置)

タスクバーのアイコンサイズや位置を調整できます。

この設定を適用するには、エクスプローラーの再起動が必要です。設定を変更したら「Restart explorer」からエクスプローラーを再起動できます。

タスクバーアイコンサイズの大小比較画像を貼っておきます。小だとスッキリして見やすかったですが、大はアイコンが無理やり拡大されて粗かったです。

タスクバーサイズの変更

タスクバーの位置は、上か下かを選択できます。左右は選択できませんでした。

タスクバーを上配置にした画面

Search(検索)

検索の設定ができます。

Search
スタートメニュー内の検索設定
Use Start11 search in the Start11 start menuスタートメニュー内でStart11の検索を使う
(無効にした場合は、Windows 既定の検索を使う)
Show search result filtering icons検索結果にフィルタリングアイコンの表示
Search file contents as well as names (slower)ファイル名だけでなく、ファイルの内容も検索する(そのかわり遅い)
Search for shortcuts on the desktop and in Fences®デスクトップおよび Fences(デスクトップを整理するソフト)内のショートカットを検索する
Use old Start 10® style searchクラシック検索を使用
Show search the internet buttonインターネット検索を表示

スタートメニュー内の検索は、メニューを表示して何も押さずに調べたいキーを入力すると自動で検索モードになります。

個人的には、ウェブの検索結果を除外できるStart11のほうが好きでした。デザインはWindows11の方が好みなんですけどね。

検索結果を右クリックすることで、ファイルの場所を開く、管理者として実行、ピン留めなどの操作ができます。

Start11の検索結果の右クリックメニュー

Control(コントロール)

マウスでスタートボタンを押した時、キーボードのWindowsを押した時の表示を制御できます。

Control
コントロール
On the desktop(デスクトップ)
Clicking the start button opens
–Start11 menu
–Windows menu
–Windows menu unless docked
–Start11 menu unless in tablet mode
スタートボタンをクリックした時に表示する項目
–Start11のメニュー
–Windows11のメニュー
–ドッキングされていない限り、Windowsメニューを表示
–タブレットモードでない限り、Start11のメニューを表示
Show the Windows menu when I Ctrl-click the Start buttonCtrlを押しながらスタートボタンをクリックすると、Windowsメニューを表示する
Pressing the Windows key opensキーボードのWindowsを押した時に表示する項目
In a fullscreen application(フルスクリーンでアプリを実行している時)
Pressing the Windows key opensキーボードのWindowsを押した時に表示する項目
Show the Windows menu when I press the right windows key右のWindowsキーを押したときにWindowsメニューを表示する
Windows menu shortcut(Windowsメニューのショートカット)
Pin Windows menu shortcut on Start11 menuWindowsメニューのショートカットを固定する

キー操作では既定のスタートメニュー、ボタンクリックではStart11のメニューを表示するといったように使い分けることができます。

About(本ソフトについて)

本ソフトのバージョン確認、ライセンスの購入ができます。

About

設定を開く方法

スタートメニューを右クリックして、「Configure Start11」をクリックします。設定画面が開きます。

初回インストール時は自動で設定が開くのでよかったんですが、2回目以降は自分で設定画面を開かないといけません。

スタートメニュー内で右クリック

感想

以上、Windows11のスタートメニューをWindows10の外観に戻せるソフトStart11についてでした。

僕は、Windows11にしてそこまで日は経ってないですが、既にWindows10のスタートメニューが懐かしく感じました。当時は当たり前のように使っていましたが、こうしてみると結構完成されていたんだなぁと思いました。

設定項目が豊富でスタートメニューの完成度も高かったです。Windows11をこれからも使いたいけど、スタートメニューが微妙だな…という方はぜひ試してみてください。まずは無料お試しを利用してみて、良さそうだったら有料版を検討してみましょう。

Posted by ナポリタン寿司