【広告】

Amazonブラックフライデーが12月2日まで開催中です!

個人的には、Anker製品か、コカ・コーラがかなり安くなっているのでおすすめです!

高級キーボードで有名な東プレが最近発売した「REALFORCE R3」もセールをやっていました!詳しくはこちらの記事を確認してみてくださーい。

【Windows Thumbnail Generator】Windows11のフォルダーにサムネイルを表示するソフト

Windows11,フリーソフト

WindowsThumbnailGenerator のアイコン

この記事では、Windows11のフォルダーにサムネイルを表示するソフト「Windows Thumbnail Generator」について書きます。

Windows10 までにあったフォルダーサムネイル機能のようなものを使えます。

WindowsThumbnailGenerator のスクリーンショット

Windows11 のフォルダーにサムネイルをつけるソフトです。アプリを起動してサムネイルを表示させたいフォルダーを設定すると独自のサムネイル画像が表示されるようになります。

設定で表示するサムネイル画像の数、サブディレクトリにもサムネイルを適用するといったことができます。

一度設定すれば、次回以降も自動でサムネイルが表示されます。

Windows10 までだと、フォルダー内のファイル(画像など)をいくつか表示するサムネイル機能があったのに対してWindows11 では削除されてサムネイルは非表示になっています。設定でオンにするといったこともできません。

Windows10とWindows11のフォルダーサムネイルの違い
左がWindows10、右がWindows11。フォルダーの中身を表示するサムネイル機能が廃止されている

しかし、本ソフトを使えば”Windows10 のような”サムネイル機能が使えるようになります。ただし、あくまでそれっぽいことができるだけでWindows10 のようなプレビュー機能とは違うので注意です。

先に違い・ナポリタン寿司が使ってみた感想を知りたい方は、こちらへ飛んでください。

提供元:hahagu
最終アップデート:3.0.1(2021年11月6日)

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

最新バージョンのAssets をクリック → 「Publish.zip」をクリックします。ダウンロードが開始されます。

WindowsThumbnailGenerator のダウンロード

ダウンロードできたら解凍します。右クリック → 開く で解凍できます。

右クリックメニュー - 開く

解凍したら出てきたフォルダをクリックして中にある「Thumbnail_Generator」を起動するとアプリが使えます。

WindowsThumbnailGenerator のフォルダ内

使い方

アプリを起動するとサムネイルを設定する画面が表示されます。

Windows11 にあるすべてのフォルダーに自動でサムネイルを表示させる…というものではなく、サムネイルを使いたいフォルダーをその都度指定するようになっています。

アドレスバーに直接パスを入力するか、右側の「Browse」をクリックします。

Thumbnail Generator メイン画面

サムネイルを表示させたいフォルダーを選択します。

フォルダーの選択

選択できたら、アドレスバーにパスが登録されます。

その下にあるオプション項目を確認して、「Start」でサムネイル作成を開始します。

オプション項目を設定

オプション項目の意味は以下のようになっています。

僕は、1つずつ設定するのがめんどくさいためサブディレクトリも一気に作成してくれる「Recursive」、正確にサムネイルを作成するために「Clear Icon Cache」にチェックを入れました。

オプション項目意味
Recursiveサブディレクトリを含むフォルダーのサムネイルを作成
(選択したフォルダーの中にあるフォルダー全てに適用という意味。一気にサムネイルを作成したい時に便利)
Clear Icon Cacheエクスプローラーのキャッシュを削除する。確実にサムネイルを作成したい時に有効
Skip Existing既にサムネイルを作成している場合はスキップする
Use Shorter Coverより短いカバーを使う。より多くのサムネイルが表示できる
Max Thumbnails最大サムネイル数
(1~2枚程度にすると見やすくなる)
Max Threads最大スレッド数

Clear Icon Cache にチェックを入れた場合は、「エクスプローラーを再起動するけどいいの?」というメッセージが表示されるのでOKをクリックします。

Warning!

Start をクリックすると青いバーが100%になるまで待ちます。

オプションによってはエクスプローラーが再起動されるのでデスクトップが真っ暗になります。指定したフォルダーの内容にもよるんでしょうが、僕の環境だと2秒程度で完了しました。

エクスプローラーの再起動中

完了したらエクスプローラーを更新します。サムネイルが作成されています。

フォルダーにサムネイルが表示される

オプションのUse Shorter Cover にチェックを入れた時と入れてない時の比較画像貼っておきます。オンにすることで手前のフォルダーの高さが少し短くなるので、よりサムネイルが見やすいようになります。

Use Shorter Cover のオンオフ比較画像

ファイルを保存する時でもサムネイルを作成したフォルダーにはサムネイルが表示されます。

名前を付けて保存ウィンドウでも適用される

アイコンサイズを一覧にしても、ちっちゃいですがサムネイルが表示されます。

サムネイルサイズ - 一覧

本ソフトは、フォルダーの中に隠しファイルのアイコン画像「thumb.ico」を作成して表示させています。そのため、隠しファイルを見えるように設定している場合は少し不格好かもしれません。

その横の「desktop.ini」はサムネイル画像を読み込ませるために必要なファイルです。この2つがセットになって初めてサムネイルが表示されるようになっています。

thumb.icoとdesktop.iniのセット

サムネイルが変更されない時の対処法

一度サムネイルを作成して、オプション項目を変更した後に再度サムネイルを作成しても変化がない場合があります。サムネイルはちゃんと更新されているけど、エクスプローラーが再起動してないがために画面上では更新されてないのが原因です。

なので、こちら側でエクスプローラーを再起動することで解決します。タスクマネージャーを使います。

CtrlShiftEscを同時に押すとタスクマネージャーが起動します。

エクスプローラーを探して、右クリック → 再起動 をクリックします。エクスプローラーが複数ある場合は全部同じように再起動させましょう。多分、下のほうにもう1つエクスプローラーがあると思います。

タスクマネージャー - エクスプローラーの再起動

これで正常に更新されます。

これでも更新されない場合は、一度エクスプローラーを「タスクの終了」で終了させます。タスクバーが表示されなくなったのを確認したら、ファイル → 新しいタスクの実行 をクリックします。

ファイル - 新しいタスクの実行

開く欄に「explorer」と入力してOKをクリックします。これで確実にエクスプローラーが再起動するので更新されるはずです。

新しいタスクの実行 - explorer

元に戻す方法

何かしらのトラブルがあった&やっぱり元のフォルダーサムネイルに戻したい!って時は、サムネイルファイルを削除しましょう。

まずエクスプローラー上部にあるツールバーの「表示」をクリック → 表示 → 隠しファイル にチェックを入れます。

ツールバー - 表示

サムネイルを変更したフォルダーがある場所で、エクスプローラーの検索欄に「thumb」と入力します。

隠しファイルになっているサムネイルファイル(thumb.ico)がずらっと表示されます。CtrlAで全選択して削除します。

「thumb」と検索して削除

エクスプローラーを再起動するとサムネイルが削除されて元のWindows11 のフォルダーになっています。

使ってみた感想

面白いけど実用とまでは行きませんでした。理由は大きく2つです。

  • フォルダ内のファイルを変更してもサムネイルは更新されない。手動更新が必要
  • 独自のサムネイルが見にくい

サムネイルは更新されない

実はサムネイルと言いつつも、アプリで設定した時点の状態を画像として表示しているだけです。例えば、サムネイルを作成した後にフォルダー内の画像を別のフォルダーに移動してもサムネイルは変更されません。

サムネイルが更新されない

毎回、変更するたびにアプリを起動して更新しないといけません。更新自体はそこまで苦ではないんですが、リアルタイムで反映されないという点が少し気になりました。

中身を移動しないフォルダーならいいと思います。

独自のサムネイルが見にくい

僕はWindows10 のような縦にファイルを並べるサムネイルの方が見やすかったです。

本アプリは、Windows10 のデザインではなく「ノートを横にしてペラペラめくってみた」ような独自サムネイルです。人によっては好きかもしれませんが、僕には少し見にくいと感じました。

これはWindows11 の統一されたフォルダーに見慣れたというのもあるんでしょうね…。

最大サムネイル数を少なくすると見やすかったです。

最大サムネイル数が少ないと見やすい

他の方の記事を探してみたところ、僕よりも気になる点を挙げている方がいたので参考リンクとして貼っておきます。ショートカットアイコンには適用されないんですね。

参考:Windows11でフォルダのサムネイルが表示されなくなった WindowsThumbnailGeneratorはお勧めできません : 日記帳

まとめ

以上、Windows10 までにあったフォルダーのサムネイル表示機能に似た機能がWindows11 で使えるようになるソフトWindowsThumbnailGenerator についてでした。

こうやって運営(Windows)が削除した標準機能を有志様たちが復活させるって胸熱すぎますね。

Posted by ナポリタン寿司