【Windows11】以前のフォトを復活させる方法!ストアから入手可能

2022年10月5日Windows11

Windows11の新しいフォトアプリのアイコン

この記事では、2022年10月から、一新されてしまったWindows11のフォトアプリを、以前のフォトアプリに戻す方法について書きます。

以前のフォトは、「Microsoftフォトレガシ」という名前にリネームされて、申し訳程度にMicrosoftストアに存在しています。

【Windows11】以前のフォトを復活させる方法!ストアから入手可能

以前のフォトアプリは、Microsoftストアから無料でインストールできます。

2022年10月から、Windows11に標準搭載しているフォトアプリが変わってしまいました。名前は、以前と同じで「フォト」です。

全員が一気に変わったというわけではなく、まずは先行版のWindows11を使っている人→一般の方…といったように、徐々に展開されています。僕は、先行版のWindows11なので、一足早くに変わりました。

名前は一緒ですが、以前のフォトと違って、サイドバーが実装され、思い出機能の強化、OneDriveで簡単バックアップ、従来のビデオ編集機能が削除され、新しいビデオ編集ソフト(Clipchamp)が加わったりと、色々変わっています。

逆に、以前のフォトアプリが「Microsoftフォトレガシ」という名前に変わりました。

2022年10月から一新されたWindows11のフォトアプリ画像

新しいフォトアプリは、人によっては使いにくい・嫌だと思うかもしれません。本記事の方法を実践することで、以前のフォト(現在名:Microsoftフォトレガシ)を復活できます。

なお、新しいフォトに変わっていないという方は、本記事は無関係です。

「俺らのフォトはどこいっちまったんだ!」という方、ぜひ参考にしてみてください。大体5分くらいで元に戻せます。

本記事は、2022年10月以前にあったフォトに戻す方法です。さらに、その前にあったWindowsフォトビューアーではないので、勘違いしないように注意です。

合わせて読みたい

「新しいフォトになって、マウスホイール回転の動作が、画像の切り替えではなく、拡大縮小になって困っている!」という方は、下記記事が参考になると思います。

新しいフォトの仕様がそうなったわけではなく、設定で変更できます。デフォルトの挙動が拡大縮小になっているだけです。このためだけに、古いフォトに戻す必要はありません。

記事執筆時の筆者のWindowsバージョン:Windows 11 Home 22H2 22622.601

以前のフォト(Microsoftフォトレガシ)に戻す手順

以前のフォトアプリは、Microsoftストアにひっそり存在しています。以下のリンクからアクセスできます。

メモ

新しいフォトアプリの設定→「アプリについて」内にある「フォトレガシの取得」からでも、Microsoftストアを開けます。

新しいフォトアプリから、フォトレガシを入手する設定画面

上記ボタンをクリックすると、ブラウザでストアページが開くので、「Microsoftストアアプリの取得」をクリックします。無料です。

以前のフォト(Microsoftフォトレガシ)をインストールする手順画像1

ダイアログが表示されるので、「Microsoft Storeを開く」をクリックします。

以前のフォト(Microsoftフォトレガシ)をインストールする手順画像2

ストアのダイアログが表示されるので、「入手」をクリックします。

以前のフォト(Microsoftフォトレガシ)をインストールする手順画像3

インストールできたら、スタートメニューの「は行」に「フォトレガシ」という名前であるはずです。以前のフォトをインストールしたことで、自動的にビデオエディターがついてきます。

「フォト」という名前のアプリもありますが、こちらは新しいフォトになります。

「Microsoftフォトレガシ」をインストールした状態のスタートメニュー画面

これで、以前のフォトを取り戻すことができました。新しいフォトと違ってサイドバーはなく、代わりにヘッダーで、「コレクション」、「アルバム」、「人物」などがあります。

フォトレガシのスクリーンショット

既定で開くアプリを以前のフォトにする手順

古いフォトを導入しただけだと、あまり意味がありません。このままでは、結局、画像を開いた時に、新しいフォトアプリで開かれてしまいます。

それを防ぐには、2つの方法があります。おすすめは、初心者さんでもできる「既定で開くアプリを変更する方法」です。2つ目は、ちょっと高度です。

既定で開くアプリを変更する

画像ファイル(PNG、JPGなど)を開く既定のアプリを、Microsoftフォトレガシに変更しましょう。

Windows11の設定を開いて、サイドバーの「アプリ」→「既定のアプリ」をクリックします。

既定で開くアプリを変更する手順画像1

ずらっとアプリが表示されるので、「フォトレガシ」をクリックします。

既定で開くアプリを変更する手順画像2

拡張子が、ずらーっと表示されるので、自分が使う画像拡張子を選択します。「.jpg」と「.png」の2つを設定しておけば、大体カバーできると思います。

既定で開くアプリを変更する手順画像3

ダイアログが表示されるので、「フォトレガシ」を選択して、「既定値を設定する」をクリックします。

既定で開くアプリを変更する手順画像4

「フォトレガシ」になればOKです。同じ作業を、頻繁に開く画像拡張子にも設定します。Windows11から既定で開く拡張子の設定がちょっとめんどくさくなったんですよね。ブラウザは、簡単になりましたが、依然として他の拡張子はめんどくさいです。

既定で開くアプリを変更する手順画像5

これで、画像を開いた時、古いフォトアプリ(Microsoftフォトレガシ)で開かれます。めでたしめでたし。

Microsoftフォトレガシ(古いフォト)で写真を開いた画像

【高度】思い切って、新しいフォトアプリを削除する

ちょっと高度な方法なので、初心者さんにはおすすめしません。下手に実行すると、どこか不具合が発生するかもしれません。

通常、Microsoftフォトは、削除できないようになっています。設定を開いても、「アンインストール」がグレーアウトしています。

Windows11のMicrosoftフォト設定画面

ターミナルアプリを使うことで、強制的に削除できます。新しいフォトアプリだけ削除して、古いフォトは残したままにできます。どうしても、フォト2つある状態が嫌な方は、試してみてください。

タスクバーのスタートボタンを右クリック→「ターミナル(管理者)」をクリックします。

スタートメニューの右クリック→ターミナル(管理者)

起動できたら、上部のドロップダウンボタンをクリックして、「Windows PowerShell」をクリックします。既に開いている方は、何もしなくてOKです。

「PowerShell」を使って、新しいフォトを削除する手順画像1

PowerShellを開けたら、以下のコードをコピペして、Enterで実行します。「Microsoft.Windows.Photos」というのがフォトのアプリパッケージ名です。これを、「Remove」→削除するという意味です。

Get-AppxPackage *Microsoft.Windows.Photos* | Remove-AppxPackage
【余談】wingetコマンドでも削除できる

上記コードではなく、以下のコードでも削除できます。

winget uninstall "Microsoft.Windows.Photos_8wekyb3d8bbwe"

実行すると、「展開処理の進捗状況」という文字が出ますが、すぐに消えると思います。1行目にあった「PS C:\Users\〇〇>」みたいなのが、表示されたら削除成功です。

「PowerShell」を使って、新しいフォトを削除する手順画像2

これで、新しいフォトアプリが削除されます。スタートメニューを見たらわかると思います。「フォトレガシ」だけ残っています。

「PowerShell」を使って、新しいフォトを削除する手順画像3

やっぱり新しいフォトが欲しくなった!という場合は、下記リンクのMicrosoftストアからインストールできます。

Microsoftフォトのインストール画面(Microsoftストア)

感想

以上、2022年10月から変わってしまったWindows11のMicrosoftフォトアプリを、以前のフォトアプリ(Microsoftフォトレガシ)に戻す方法でした。

新しいものはわくわくしますが、慣れるのに時間がかかりますよね~。僕は新しいフォトアプリのデザインも結構好きです。マイカ効果のウィンドウっていいですよね。(Microsoftの美しいデザイン)

最後に新しいフォトと、古いフォトの比較画像を貼っておきますね。こう見ると、古いフォトはマイカ効果のウィンドウになっているものの、若干Windows10のようなカクカク具合が残っている印象です。より角丸・洗練されたのが新しいフォトって感じです。

2022年10月以前のフォトとそれ以降のフォトの比較画像

Posted by ナポリタン寿司