【Windows11】Microsoft Edgeを強制的にアンインストールする方法

2022年4月10日Windows10,Windows11,ブラウザ

Microsoft Edgeのアイコン

この記事では、Windows10、Windows11で標準搭載されていて、通常の方法では削除できないようになっているウェブブラウザ「Microsoft Edge」を、強制的にアンインストールする方法について書きます。

5分もあれば、完全にEdgeとおさらばできます。

【Windows11】Microsoft Edgeを強制的にアンインストールする方法

Windowsに標準インストールされているブラウザMicrosoft Edgeは、コマンドプロンプトを使うことで、完全に強制削除できます。また、レジストリエディターを使うことで、Windows Updateで勝手に再インストールされるのも防げます。

「Microsoft Edgeは使っていない!時代は、Chromeだ、Floorpだ、Vivaldiだ!」という方、ぜひ試してみてください。5分もあれば、削除できると思います。一度削除しても、いつでも元に戻せます。

通常、Windowsにインストールされているアプリは、設定アプリから削除できます。しかし、Edgeに関しては、アンインストールの文字がグレーアウト(押せない状態)していて、削除できません。

Windows11の設定 アプリ インストールされているアプリ一覧

Edgeは、Windows既定のブラウザーであり、Microsoftが推奨しているブラウザだからです。安易に消してほしくないのでしょう。

また、F1で起動するヘルプのリンク、ウィジェットの天気など、Edgeがないと使えない機能もあるので、手軽には消せれないようになっています。単なるブラウザ…というよりかは、Windowsというシステムに根付いている必須のプログラムといった方がしっくりくるかもしれません。

参考:Microsoft Edge をアンインストールできないのはなぜですか?

Edge関連の機能を一切使わない方だけ、本記事の方法で無理やり削除してみましょう。元に戻すことも可能なので、めちゃめちゃ慎重にしないといけない…というわけではありません。

本記事の画像は、Windows11での手順ですが、Windows10でも方法は一緒です。

2022年4月10日追記

コメント欄にて、もっと簡単な削除方法を教えていただきました!こちらの方法の方が、簡単です。

タスクバーにあるWindowsのスタートボタンを右クリック→ターミナル(管理者)をクリックします。管理者として実行するのがポイントです。

Windowsのスタートボタンの右クリック

コマンドプロンプトが起動します。

Windowsターミナル 管理者:コマンドプロンプト

人によっては、コマンドプロンプトではなく、PowerShellかもしれません。どちらでもOKです。

Windowsターミナルは、Windows PowerShellでもOK

以下の文字列を入力して実行(Enter)します。

winget uninstall microsoft.edge
「winget uninstall microsoft.edge」コマンドを実行

1秒ほど待ちます。Microsoft Edgeのアンインストールのポップアップが表示されるので、「アンインストール」をクリックします。任意で、「閲覧データもクリアしますか?」にチェックを入れます。

Microsoft Edgeのアンインストールのポップアップ

ここでエラーが表示されます。しかし、問題ありません。引き続き「OK」をクリックします。

このファイルは、この操作を実行するように関連付けられたアプリがありません。アプリをインストールするか、または既にインストールされている場合は、既定のアプリの設定ページで関連付けを作成してください。

もう一つエラー画面が表示されます。こちらも「OK」をクリックします。

Microsoft Edgeを起動できません。Microsoft Edgeがインストールされていることを確認してから、もう一度お試しください。

これで、アンインストール完了です。エラーは出ましたが、正常にPCからMicrosoft Edgeが消えていると思います。

記事執筆時の筆者のEdgeのバージョン:100.0.1185.36

削除する時の注意点

Windows11の場合、天気ウィジェットの「詳しい予報を見る」でリンクを開く機能をはじめとした、いくつかの機能が使えなくなります。強制的に、Edgeと紐づいているため、Edgeを削除すると一部のサービスが壊れます。

Windows11の天気ウィジェットのスクリーンショット

天気ウィジェットの場合は、「詳しい予報を見る」をクリックしても、何も起こらなくなります。本来ならEdgeが起動して、詳細天気ページを表示してくれます。ウィジェット自体で普通に使えます。あくまでEdgeが起動するように作られている機能のみつかえなくなります。

こちらもおすすめ

Edgeで開かれるリンクを、強制的にWindowsで設定している既定のブラウザーに変更するソフト「MSEdgeRedirect」というのもあります。

こちらを導入しておけば、天気ウィジェットの「詳しい予報を見る」をクリックしたときに、Vivaldi、Chrome、Firefoxといったように、Edge以外のブラウザで開けます。

コマンドプロンプトを使って強制削除

流れとしては、以下の2ステップです。5分もあればできます。

作業前の事前準備

削除作業をする前に、以下の2つの事前準備を済ませておきましょう。

  • Edgeを起動している場合は終了しておく
  • タスクバーにピン留めしている場合は、外しておく

正直、していなくてもいいのですが、予期せぬ不具合が発生する可能性もあるので、しておくことをおすすめします。まぁ、そこまで大したことではありません。

Edgeを起動している場合は、ウィンドウの右上の「×」ボタンをクリックして終了します。

Edgeの右上の「×」を押して、事前に終了しておく

タスクバーにピン留めしている場合は、右クリック→タスクバーからピン留めを外すをクリックします。

タスクバーのピン留めアプリを外す手順画像

Edgeの保存場所を突き止めて、エクスプローラーで開く

以下のパスをエクスプローラーのアドレスバーに貼り付けて、Enterを押します。要は、Edgeが保存されている場所を開くということです。めちゃめちゃ特殊な理由がない限りは、皆同じ場所にあると思います。

C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application
エクスプローラーのアドレスバーに「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application」と入力

開けたら、「〇〇〇.〇.〇〇〇.〇」といったように数字の羅列になっているフォルダーをクリックして開きます。現在自分が使っているEdgeのバージョン番号になっています。2022年4月10 日時点で、僕の環境だと「100.0.1185.36」となっていました。

「100.0.1185.36」フォルダーのクリック

バージョン番号フォルダーを開けたら、ずらっとフォルダー・ファイルが表示されるので、「Installer」を見つけて開きます。

「100.0.1185.36」フォルダー内にある「Installer」フォルダーをクリック

Installerフォルダーには、「msedge_7z.data」と「setup.exe」の2つのファイルがあると思います。人によっては、「msedge_7z.data」はないかもしれません。

あるのを確認できたら、アドレスバーのパスを全選択(CtrlA)→CtrlCでコピーします。右クリック→コピーでも一緒です。

「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\100.0.1185.36\Installer」のパスをコピー

続いて、コマンドプロンプトでの作業に移ります。この間に、別のテキストをコピーするといったことはしないように注意です。もし、してしまった場合は、再度Edgeの「setup.exe」があるフォルダーのパスをコピーします。

コマンドプロンプトでコマンドを実行する

Windowsのスタートメニューを開いて、「cmd」と入力します。出てきた黒いアイコンのコマンドプロンプトを「管理者として実行」します。

Windows11のスタートメニュー コマンドプロンプトの起動

以下の形式に沿ってコマンドを入力します。パスはCtrlVで貼り付けられます。

cd 先ほどコピーしたEdgeの「setup.exe」があるパス
「管理者:C:\Windows\System32\cmd.exe」のスクリーンショット

「cd」は半角英字、その後のパスとの間には、半角空白があるので忘れないように入力します。頭がこんがらないように意味などは省略します。

僕の場合は、以下のようになります。

cd C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\100.0.1185.36\Installer

入力できたら、Enterを押します。コマンドプロンプトの文字列が「C:\Windows\System32>」から、「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\バージョン名\Installer>」になると思います。

コマンドプロンプト上のディレクトリが、Edgeがあるフォルダーになる

「今、コマンドプロンプトの作業場所は、Edgeのフォルダーになってますよ~」ということです。

続いて、この状態で、以下のコマンドを入力します。これが削除コマンドとなっています。手動入力よりも、丸々コピペがおすすめです。

setup.exe –uninstall –system-level –verbose-logging –force-uninstall
「setup.exe –uninstall –system-level –verbose-logging –force-uninstall」コマンドの実行

入力できたら、Enterを押して実行します。「アンインストールが完了しました」などのメッセージは表示されません。再び、Edgeの作業場所が表示されたら、削除できているということです。

再び、Edgeの作業場所(ディレクトリ)が表示されれば、削除完了

実際に、Installerフォルダーを見てみます。先ほどまで「setup.exe」といったファイルがあったはずですが、綺麗さっぱり消えています。その一つ上の階層には、沢山のファイル・フォルダーがあったはずですが、こちらも綺麗に消えていると思います。

エクスプローラー Installer内の「setup.exe」ファイルが消える

スタートメニューからも消えています。

Windows11のスタートメニュー M行の画像

一部のバージョン、OSだと、スタートメニューには残骸として残る場合があるようです。実際、Windows10の時に僕が試した時は、スタートメニューの一覧には残ってしまいました。ただし、中身は削除したので、クリックしても起動しないはずです。Windows11で試したところ、スタートメニューの一覧からも消えてくれました。

削除できたら、残骸ファイルも一緒に消しておくといいかなと思います。

以下の場所にある「Edge」フォルダーを丸ごと削除します。この時、コマンドプロンプトを開いていたら削除できないので、「×」でコマンドプロンプトを終了しておきます。

C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge
「C:\Program Files (x86)\Microsoft」内のEdgeフォルダーを削除する

Edgeの強制完全アンインストール作業は終了です。続いて、OSのアップデートで再インストールされるのを防ぐ方法を紹介します。

再インストールされるのを防ぐ方法

上記で紹介した方法で削除しても、Windows UpdateなどのOSのアップデートで、いつの間にか自動的にインストールされる場合があります。

一度削除したのに、更新したらいつの間にかインストールされるのは、腹正しいですね。そこで、再インストールされるのを防ぐ作業をすることで、完全にEdgeからおさらばできます。

戻したい時は、いつでも元に戻せるので、気軽にできるかと思います。

レジストリエディターを使います。本記事の手順通りに作業すれば大丈夫ですが、変な項目を弄ってしまうと、PCに不具合が起こる可能性があるので、くれぐれも自己責任&慎重に作業するようにしましょう。

Windowsのスタートメニューを開いて、「レジストリ」と入力します。レジストリエディターが表示されるので、「管理者として実行」します。

Windows11のスタートメニュー レジストリエディターの起動

起動できたら、アドレスバーに以下の文字列を貼り付けて、Enterを押します。うまくMicrosoftフォルダーに飛ばない場合は、めんどくさいですが、左側のツリー項目からポチポチ探してみます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft
レジストリエディター 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft」に移動

移動できたら、左側のツリー項目の「Microsoft」フォルダー上で右クリック→新規→キーをクリックします。

Microsoftフォルダー上の右クリック 新規 キー

キーの名前を「EdgeUpdate」にします。

「新しいキー」を「EdgeUpdate」に名前変更

作成したEdgeUpdate上、またはEdgeUpdateフォルダー内の右側の空いている場所を右クリック→新規→DWORD(32ビット)値をクリックします。

作成した「EdgeUpdate」を右クリック→新規→DWORD(32ビット)値をクリック

名前は、「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」にします。

「新しい値#1」を「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」に名前変更

作成した「DoNotUpdateToEdgeWithChromium」をダブルクリックします。値のデータを「1」にします。全角ではなく、半角です。表記は、そのまま16進数で問題ありません。

OKをクリックします。

DWORD(32ビット)値の編集 値のデータを「1」にする

これで、Edgeが勝手に再インストールされるのを防げます。

やっぱり有効化したい場合

同じ要領で、DoNotUpdateToEdgeWithChromiumをダブルクリック→値のデータを「0」に戻します。これで、Windows Update時に自動でEdgeが再インストールされるようになります。

DWORD(32ビット)値の編集 再び有効にしたい場合は、値のデータを「0」にする

再インストールする方法

Microsoft Edgeの公式サイトから、再インストールできます。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

感想

以上、標準搭載されているブラウザ「Microsoft Edge」を完全削除する方法についてでした。

僕、天邪鬼的な性格のせいで、「デフォルトで搭載されているブラウザ!?そんなもん消してしまえ!」って感じで、しっかり使ってもいないのに、消していました。

最近、色々なブラウザを触れる機会が増えてきて、Edgeはどんなもんだろうと触ってみたのですが、普通に綺麗なUI、万人受けする操作性でびっくりしました。初心者さんだと、特に別のブラウザをインストールしなくても、Edgeで十分すぎます。食わず嫌いせずに、物は試しで使ってみることが大事なんだなぁと反省しました。

Posted by ナポリタン寿司