【Microsoft Edge】間違って消した時の再インストール方法

2021年6月6日Windows11

Microsoft Edgeのアイコン

この記事では、Windows11に標準搭載されているウェブブラウザ「Microsoft Edge」の再インストール方法について書きます。

公式サイトから、サクッと再インストールできます。

【Microsoft Edge】間違って消した時の再インストール方法

Windows11に標準搭載されているウェブブラウザ「Microsoft Edge」を間違って消してしまった時は、公式サイトから再インストール(復元)できます。

Edge以外のブラウザでMicrosoftの公式サイトにアクセスして、ファイルをダウンロードしないといけないという手間はありますが、初心者でもサクッと再インストールできます。

そもそもEdgeは、通常の方法では削除できないので、滅多に再インストールする機会はないとは思います。強制削除する方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

本記事は、「昔、強制削除しちゃったけど、最近進化して使いやすくなっていると聞いて、再び使ってみたい…!」という方向けの記事です。

本記事では、初心者でも分かりやすいように、画像付きで再インストール方法を紹介します。画像はWindows11ですが、Windows10でも方法は一緒です。

公式サイトから再インストールできる

公式サイトから再インストールできます。下記ボタンから、アクセスできます。Edgeは消してしまっていると思うので、Edge以外のブラウザ(Chromeなど)でアクセスします。

アクセスできたら、ページを、かなり下の方にスクロールします。

「Microsoftのブラウザーを取得し、今日すぐにEdgeをダウンロード」という部分の「以下用のバージョンをダウンロード」をクリックします。

Microsoftのブラウザーを取得し、今日すぐにEdgeをダウンロード
ポイント

公式サイト上部の「Microsoft Edgeを起動しましょう」ではないので注意です。

Microsoft Edgeはショッピングに最適なブラウザーです

自身のOSを選択します。僕の場合、Windows11を使っているので、「Windows11」をクリックします。

Edge 以下用のバージョンをダウンロード

マイクロソフトソフトウェアのライセンス条項を確認します。確認したら、右下の「同意してダウンロード」をクリックします。この時、日本語以外の言語でインストールしたい場合は、左下の「日本語」をクリックして、別の言語を選択します。

Microsoft Edgeをダウンロード マイクロソフトソフトウェアライセンス条項

「閉じる」をクリックします。

ご利用ありがとうございました。ダウンロードは間もなく開始されます

セットアップファイルのダウンロードが始まります。ブラウザで設定しているダウンロード場所にファイルが保存されます。デフォルトでは、ダウンロードフォルダーになっていると思います。

ダウンロードした「MicrosoftEdgeSetup.exe」をダブルクリックで起動します。

エクスプローラー MicrosoftEdgeSetupの起動

インストールが開始されます。僕の場合、30秒ほどで完了しました。途中でやめたい場合は、右上の「×」をクリック→キャンセルを押します。

Microsoft Edgeをダウンロードしています お客様のご利用をお待ちしております。

インストールが完了すると、Microsoft Edgeが自動的に起動します。無事に再インストール(復元)完了です。

Microsoft Edgeのスクリーンショット

僕の場合、以前のデータが残っていたのか、開いていたタブ、Microsoftのログイン状態など維持されたままでした。

感想

以上、強制的に削除しちゃったMicrosoft Edgeを再インストールする方法についてでした。

Edgeブラウザ、最近すごく進化しているようですね。そんな僕は、もっぱらVivaldiブラウザです。

Posted by ナポリタン寿司