【Gmail】プロモーション(広告)メールを非表示にするCSS

2022年6月4日Google

「Gmail」のアイコン

この記事では、「Gmail」の広告メールを非表示にするCSSについて書きます。

ウェブサイトに自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot(スタイルボット)」を利用します。

「Gmail」に表示される広告メールのスクリーンショット

本記事で紹介するCSSを使えば、「Gmail」のソーシャルやプロモーションタブの一番上に表示される広告(PR)メールを削除できます。一度非表示にしておけば、今後ずっと非表示のままです。CSSで見た目上、非表示にしているだけなので、いつでも元に戻せます。

「内容と全然関係ない広告メールが表示されてて、鬱陶しい!いらない!消したい!」という方、ぜひ参考にしてみてください。メールを確認したいのに、全然関係ない広告表示されていたら、少し鬱陶しいですよね~。

まぁ、無料で利用している代償なのかもしれませんが…💦とりあえず、現時点では、何の罰則もなく、非表示にできるので挑戦してみます。

「Stylebot」は、Chrome拡張機能だけでなく、Firefox、Microsoft Edgeアドオンも用意されています。

ポイント

本記事は、広告ブロッカーを導入したくない方向けです。

こだわりがない場合は、「Block Origin」などの広告ブロッカー拡張機能をおすすめします。「Gmail」だけでなく、どのウェブサイトのプロモーションもブロックしてくれます。

「uBlock Origin」のスクリーンショット

インストール方法

ウェブサイトに、自分で作成したCSSを適用できるChrome拡張機能「Stylebot」を利用します。

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefox・Edgeをご利用の場合

Chrome拡張機能だけでなく、Microsoft EdgeFirefox版もあります。

「Chromeに追加」でインストールできます。

Stylebot - Chrome ウェブストア

右上に拡張機能ボタンが追加されればOKです。詳しく使い方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Gmailのプロモーションを非表示にするCSS

Gmail」にアクセスします。右上の拡張機能アイコン→「Stylebotを開く」をクリックします。

Stylebotのスクリーンショット1

右側に白紙のサイドバーが表示されます。こちらにコードを書き込んでいきます。書き込むコードは、以下になっています。

/*Gmailの広告メール削除*/
tbody>tr:has(span>span.ast) {
  display: none !important;
}

下記画像のようになればOKです。右上の「×」でスタイルシートを閉じます。

Stylebotのスクリーンショット2

再度拡張機能ボタンを押して、登録したサイト(例:mail.google.com)がオンになっていることを確認します。オンになっている間は有効になっているということです。

Stylebotのスクリーンショット3

オンにしている間は、「Gmail」の受信トレイに表示される広告メールが非表示になります。ソーシャル、プロモーションタブ、どちらの広告メールも消えます。

オンオフしてみた比較GIF画像を貼っておきます。

「Gmail」のプロモーション(広告)メールを非表示にしてみたGIF画像

一時的に無効化したい場合は、Stylebot→「mail.google.com」をオフにします。完全に使わなくなった場合は、書き込んだコードを削除します。

感想

以上、「Gmail」のプロモーションメールを非表示にするCSSでした。

「Gmail」、便利ですよね。ありがたく利用しています。

Posted by ナポリタン寿司