【Panopreter】サイトやtxtのテキスト読み上げソフト。mp3保存も可能

ソフト,レビュー

Panopreterのアイコン

この記事では、ウェブページ、txtファイル、任意の文章を各言語で読み上げてくれるソフト「Panopreter」について書きます。

mp3、wavでの保存も可能です。

Panopreterのスクリーンショット

ウェブページ(HTML)、txt、doc、pdf、入力した文章を、音声で読み上げてくれるソフトです。

ソフトを起動して、ファイルを読み込ませると、設定した言語のAI音声で、テキストを読み上げます。

AIの音声は、お使いのWindowsにインストールされている言語なら、自由に選択できます。例えば、英語と日本語をインストールしていたら、Panopreter 内でもその言語を指定できます。

AI音声なので、人間のように流暢とは言えませんが、漢字や数字なども読み上げてくれました。

音声は、mp3、wavファイルで保存できます。オプションでogg、flacが用意されています。

ソフトを起動した状態で、文章をコピー(CtrlC)すると自動的に読み上げてくれる機能もあります。素早く音声や読み方を知りたい時に便利です。

本ソフトは、無料版のPanopreterベーシック、有料版のPanopreterの2種類あります。

無料版だと、特定言語の音声サポートのみ、一部拡張子のみのサポートと制限があります。

有料版は、20日間無料で利用できます。まずは有料版の無料お試しを利用してみて、継続利用したい場合は、アンロックするといいかなぁと思います。

有料版の無料お試しを過ぎると、自動的に一部機能に制限がかかります。数文字しか話せない、テキストを音声ファイルとして保存できないなどです。

いきなり請求されるといった心配はありません。

【余談】拡張機能もあるよ

提供元:Panopreter software

ダウンロード方法

以下のサイトからダウンロードできます。

今回は、有料版の無料お試しを利用してみます。

「64 ビットの Panopreterをダウンロード」をクリックします。

音声合成ソフトウェア Panopreter 64 ビットをダウンロード

セットアップファイルがダウンロードされます。

ポイント

お使いのPCのバージョンに合ったソフトをダウンロードしましょう。

32bitの場合は、ダウンロード→音声合成ソフト 32 bitにします。

有料版の無料お試し版ではなく、最初から機能が制限された無料版を利用したい場合は、ダウンロード→無料音声合成ソフトからダウンロードします。

ダウンロード 音声合成ソフト

インストール方法

ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。

セットアップファイルの右クリック 開く

言語を選択します。初期で日本語になっているので、そのまま「OK」をクリックします。

セットアップに使用する言語の選択

「同意する」にチェックして、「次へ」をクリックします。

Panopreter セットアップ 使用許諾契約書の同意

インストール場所を指定します。

こだわりがない場合は、そのままでOKです。「次へ」をクリックします。

Panopreter セットアップ インストール先の指定

「次へ」をクリックします。

Panopreter セットアップ プログラムグループの指定

デスクトップにアイコンを作成するか設定します。デフォルトではチェックが入っています。

「次へ」をクリックします。

Panopreter セットアップ 追加タスクの選択

「インストール」をクリックします。

Panopreter セットアップ インストール準備完了

「完了」をクリックします。

Panopreter セットアップ セットアップウィザードの完了

Panopreterが起動します。

Panopreterのメイン画面

使い方

テキストの読み込み

本ソフトに、読み上げるためのテキストを登録しないといけません。

ファイルから読み取るか、手動で入力するかの2パターンです。

読み取りできる拡張子は、以下のようになっています。

  • txt(テキストファイル)
  • rtf
  • doc(Word)
  • docx(Word)
  • pdf(プレゼンテーション)
  • odt
  • htm(ウェブページ)
  • html(ウェブページ)
  • mht
  • 手動入力

ファイルから読み込み

左上の開くボタンをクリックします。

開くをクリック

読み上げたいファイルを選択します。

HTMLなどのウェブページは、あらかじめダウンロードしておく必要があります。ここでは、試しに当サイトのプライバシーポリシーを選択してみます。

テキストファイルを選択
ポイント

ウェブページは、サイトを開いて空いているところを右クリック→名前を付けて保存(CtrlS)で保存できます。

ウェブページの右クリックメニュー 名前を付けて保存

白紙の部分にテキストが読み込まれるまで待ちます。

ここの待ち時間が結構長かったです。体感として、30秒~1分ほどです。読み込み中の間は、本ソフトが白くなって、マウスがマウス 考え中考え中アイコンになります。

読み込めたら、ずらっとテキストが表示されます。

htmlファイルがテキストとして読み込まれる

数行程度のメモ帳(txt)ファイルだと、一瞬で読み込まれました。HTMLなどの膨大な量の文章は時間がかかるのかもしれません。

メモ帳(txt)も登録できる

手動入力

白紙の部分に、直接キーボードで文字入力できます。

ファイルを読み込まずに手動で入力することも可能

音声読み上げ

言語をクリックすると、ドロップダウンリストで一覧表示されるので、読み上げたい言語を選択します。

無料版(Panopreterベーシック)だと、言語に制限があります。有料版だと、Windows10やWindows11にインストールしている言語の中から好きなように選択できます。

日本語もあります。

読み上げたい言語を選択

続いて声を選択します。

日本の場合は、4人の声が用意されていました。女性と男性バージョンです。

  • Microsoft Haruka Desktop
  • Microsoft Ayumi Japanese
  • Microsoft Ichiro Japanese
  • Microsoft Sayaka Japanese
声を選択 日本語の場合は、4人の声が用意されている

選択したら、上部にある話すボタンをクリックします。

「話す」をクリック

AI音声でテキストを読み上げてくれます。

実際の音声を貼っておきます。

男性版、女性版、どちらも問題なく利用できました。

AIなので、生身の人間と比べると、どーしても機械感が否めません。

漢字や数字なども問題なく認識してくれました。

言語を英語にした場合は、英語と数字のみを読み上げてくれます。日本語の部分は、自動的にスキップされました。

音量、速度、ピッチの変更

デフォルトで用意されている音声に対して、以下のフィルターをかけることができます。

  • 音量(ボリューム)
  • 再生速度
  • ピッチの変更

左下のバーで調整できます。

実際に変更してみた動画を貼っておきます。

10倍速だと、さすがに早すぎると感じました。2倍速とかだと全然聞き取れます。

音声ファイルの保存

オーディオとして保存をクリックします。

オーディオとして保存

名前を付けて好きな場所に保存します。

名前を付けて保存ダイアログ

左下にオーディオファイルの作成が完了しましたと表示されれば、OKです。

指定した場所に、音声ファイルのmp3とwavファイルが保存されています。

AI音声で読み上げたテキストをmp3とwavファイルに変換

実際に、数秒程度の音声を貼っておきます。

ちゃんと「こんにちは。ナポリタン寿司です。パソコン初心者です。パソコンの便利なフリーソフトや便利なWebサービスについて書いています」と聞き取れます。

文字検索

検索で検索できます。

検索ダイアログ

文字置換

置き換えで文字を置換できます。

例えば、「ナポリタン」という文字列を、全て「スパゲッティ」にするといったことができます。

置換ダイアログ

テキストファイルの保存

保存でテキストファイル(txt)として保存できます。

テキストファイル(txt)で保存

Ctrl+Cで自動読み上げ

本ソフトを起動した状態で、ブラウザ上などのテキストをクリップボードにコピー(CtrlC)した時に、自動で音声を読み上げる機能です。

デフォルトでは、オンになっています。念のため、オプション→クリップボードを読み取るにチェックが入っているか確認します。

オプション クリップボードを読み取る

この機能が不要な場合は、チェックを外します。

F10で、オンオフすることも可能です。

コピペする度に勝手に読み上げられるので、使わない時はオフがいいかもしれません。

オンにした状態で、ブラウザなどのテキストを範囲選択→コピー(CtrlC)します。

AI音声が読み上げられます。

ブラウザだけでなく、LINEなどのアプリ上でも動作します。

設定

オプション→設定をクリックします。

オプション フォントと色

外観の設定は、オプション→フォントと色です。

フォントと色

テキストのフォントと色、背景色を設定できます。

フォントと色をカスタマイズ

試しに、フォントをGoogleの「Noto Sans JP」、12px、文字色を白、背景色を黒にしてみました。

Panopreterの外観を調整 ダークモード

自分が見やすいフォント、好きな背景色にできる点は、便利かなと思いました。

言語

デフォルトの音声を設定できます。

基本設定 言語

日本語にしておくといいかなと思います。

話す

読み取り方法を設定できます。

基本設定 話す

バッチファイルから読み取ることも可能だそうです。

「最近使用したボイスを記憶」にチェックをつけると、直前に日本語音声で再生した場合、次回起動時も日本語を選択した状態で起動します。

再生速度を維持してほしい場合は、「アプリケーションの終了時、ボリューム、スピード、ピッチを記録」にチェックを入れます。

クリップボードを読み取る

テキストをコピー(CtrlC)した時に再生する機能の設定ができます。

基本設定 クリップボードを読み取る

オーディオフォーマット

音声ファイルの保存設定ができます。デフォルトでは、wavとmp3の2つが出力されるようになっています。

基本設定 オーディオフォーマット

オプションで、ogg、flacの追加が可能です。

オーディオ出力

オーディオ出力設定ができます。

基本設定 オーディオ出力

音楽

音声読み取り完了時の音楽設定ができます。

基本設定 音楽

「お気に入りの音楽を再生」に、音楽ファイルを登録すると、音声読み上げ完了時に再生されるようになります。

分かりやすいアラーム音を登録しておくと、いつ読み上げが終わったかが分かりやすいかもしれません。

ユーザーインターフェース

タイマーやバーの外観を設定できます。

基本設定 ユーザーインターフェース

バーは、読み上げ時に表示される進捗状況バー、タイマーは、下に表示される数字のことです。

音声読み上げ時の進捗状況バーとタイマー

有料版について

以下のリンクから、購入ページにアクセスできます。

PayPal、クレジットカード(VISA、JCB、Mastercardなど)で支払いできます。

料金は、2022年2月13日に確認したところ、32.95ドルでした。日本円で約3,800円です。あくまで、僕調べなので実際に購入する際は、ご自身で確認してみてください。

注意点ですが、有料版を購入してもメジャーアップデートはできないようです。マイナーアップデートのみ対応しています。

例えば、バージョン4.0の時に有料版を購入したとします。

その場合、4.1や4.9には無料でアップデートできますが、バージョン5.0や5.1などの整数(小数点以外)のアップグレードはできないということです。

古いバージョンを使い続けるか、新しいバージョンの方でライセンスを新規購入する必要があります。

感想

以上、テキストファイルやhtmlファイル、手動で入力した文章をAI音声で読み上げてくれるソフト「Panopreter」についてでした。

Posted by ナポリタン寿司