YouTubeの作成されたサムネイルを削除する拡張機能

YouTube関連

Clickbait Remover for Youtubeのアイコン

この記事では、YouTubeの作成されたサムネイルを、動画のフレームから割り出したサムネイルに変更するChrome拡張機能「Clickbait Remover for Youtube」について書きます。

嘘偽りないサムネイルが表示されるので、サムネイル詐欺に合う心配がありません。

YouTubeの作成されたサムネイルを削除する拡張機能

YouTubeのサムネイルを、動画の1コマに置き換えるChrome拡張機能です。

本拡張機能を導入すると、自動的にYouTube上の動画のサムネイルが置き換わります。嘘偽りない動画の中身から抽出したサムネイルです。

抽出する部分を、動画の冒頭、中盤、後半から設定できます。いつでも変更できます。元のサムネイル表示にすることも可能です。

トップページだけでなく、関連動画、検索結果、急上昇ページなど、YouTube上であれば、どのページにも反映されます。

通常、YouTubeのサムネイルは、動画の一部から自動的に切り取られます。しかし、投稿者が好きな画像に差し替えることも可能です。これにより、全然内容と関係ない誇大画像をサムネイルに設定できます。

「サムネイルが面白そうと思ったから、見てみたけど、一向にサムネイルのような状況にならない。誇大画像だった!クソ!」という経験は、誰しも一度はあると思います。

本拡張機能は、そういったサムネイル詐欺を撲滅できます。本当にその動画の中にある1フレームが、サムネイルとして表示されます。

YouTuberあるあるの”どでか文字”のサムネイルが一切消えるので、見た目は、ちょっとしょぼくなります。でも実際の動画に忠実なサムネイルなので、本来あるべき姿です。

サムネイルだけでなく、動画タイトルの書式変更オプションも用意されています。英語だけに反映されるオプションですが、小文字表記、大文字表記といったように変更できます。

似たような拡張機能で、「Hide YouTube Thumbnails」というのも紹介しました。こちらは、サムネイル自体を非表示にします。「サムネイルがそもそもいらない!」という方は、こちらを使ってみてください。

「サムネイルは表示したい。だけど、嘘の誇大サムネイルはいらない!」という方は、本記事の拡張機能を使ってみましょう。

Chrome拡張機能だけでなく、Firefoxアドオンも用意されています。

動画版も作成しました。

提供元:Pieter van Heijningen
記事執筆時のバージョン:0.6(2021年10月10日)

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールできます。

Firefoxをご利用の場合

「Chromeに追加」をクリックします。

Clickbait Remover for Youtube - Chrome ウェブストア

拡張機能のオーバーフローメニュー内に、拡張機能ボタンが追加されればOKです。

使い方

本拡張機能を導入した状態で、YouTubeにアクセスします。

投稿者によって設定されたサムネイルが削除されて、代わりに動画の一部を抽出したサムネイルに置き換わります。僕が、好きな芸人チャンネル「ジェラードン」ページの比較画像を貼っておきます。

Clickbait Remover for Youtube導入前と導入後の比較画像1

動画の一部をサムネイルにしているので、派手な装飾(テキストなど)は一切ありません。動画内で実際にある部分がそのまま表示されます。

トップページ、検索結果ページ、関連動画などにも反映されます。

Clickbait Remover for Youtube導入前と導入後の比較画像2

インストールした右上の拡張機能アイコンをクリックすると、設定ダイアログが表示されます。

Clickbait Remover for Youtubeの設定画面

以下のようになっています。デフォルトでは、「Start of the video(動画の開始部分をサムネイルにする)」になっています。中間部分にしたい場合は、「Middle of the video」にします。

Where to grab the thumbnail image(サムネイル画像の抽出方法)
Start of the video動画の開始部分から抽出
Middle of the video動画の中間部分から抽出
End of the video動画の終了部分から抽出
Do not modify変更しない(元のサムネイル)
How to format the video titles(タイトルのフォーマット方法)
lowercase小文字
Capitalise sentence最初の1文字目だけ大文字、あとは小文字
Capitalise Words単語の1文字目を大文字
Do not modify変更しない(元のタイトル表示)

一時的に元のサムネイルにしたい場合は、「Do not modify」にします。ページをリロードすることなく、元のサムネイルに切り替わります。

「How to format the video titles」は、タイトルの表記方法です。英語タイトルじゃないと意味がないので、日本語の動画ばかりを見る方には関係ありません。

例として、通常表示(Do not modify)から、小文字表示(lowercase)にした比較画像を貼っておきます。大文字だった英語が、小文字表記になります。

Clickbait Remover for Youtube導入前と導入後の比較画像3

感想

以上、YouTubeのサムネイルを、ありのままの状態に戻すChrome拡張機能「Clickbait Remover for Youtube」についてでした。

本拡張機能は、読者の方が運営しているブログ経由で発見しました。僕の記事リンクも貼っていただいているようで、嬉しい限りです。僕よりも、はるかにPCつよつよさんです。

参考:YouTubeを見やすく表示するchrome拡張機能 – simadzu’blog

Posted by ナポリタン寿司